音響戦士(サウンドウォリアー)ドラムス/Symphonic Warrior Drumss》

チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/機械族/攻 700/守 700
属性を1つ宣言し、フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターは宣言した属性になる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、属性を1つ宣言し、
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分フィールド上に表側表示で存在する
「音響戦士」と名のついたモンスター1体は宣言した属性になる。

 STORM OF RAGNAROKで登場した風属性機械族下級モンスターチューナー
 自分フィールドに存在する音響戦士属性を変更する2つの起動効果を持つ。

 自身を含むフィールド上の音響戦士属性を変えることができるので、属性を指定したカードの補助ができる。
 ただ、それ以上に重要なのが音響戦士チューナーという点であり、《音響戦士ギータス》リクルート蘇生が可能である。
 音響戦士チューナーレベルが1〜3に分散しているため、レベル2が欲しい場合には必然的にこのカードを使う事になる。
 また、除外されていれば《音響戦士サイザス》での帰還が可能。
 特に属性変更が必要ない状況であっても、フィールド音響戦士が存在すれば墓地から自発的に除外できるのも強みと言える。

 音響戦士に特化したデッキでも使えるが、むしろ《音響戦士ギータス》等と共に「特殊召喚しやすいチューナー」として出張するのが主な仕事。
 デッキによっては属性変更効果を活かし、《魔王龍 ベエルゼ》等の属性指定チューナーを必要とするシンクロ召喚に活用できる。
 また、音響戦士には非チューナーも存在するため、音響戦士の多いデッキであれば非チューナー属性縛りのある《ナチュル・パルキオン》等の素材も調達できる。
 《ドラゴンフライ》から特殊召喚でき、闇属性チューナーを必要とする《地底のアラクネー》《漆黒のズムウォルト》シンクロ素材にできることから、【昆虫族】では長らく使われてきた。

 その他、【E・HERO】【シャドール】召喚獣で任意の属性融合モンスター融合召喚するために使っても良い。
 変わったところでは、《風林火山》《エレメンタルバースト》発動条件を満たすことにも使用できる。

  • 名前の由来は、楽器の「ドラム(ス)」である。

関連カード

―《音響戦士ドラムス》の姿が見られるカード

チューナー属性を指定しているシンクロモンスター

闇属性チューナーを指定

光属性チューナーを指定

地属性チューナーを指定

炎属性チューナーを指定

水属性チューナーを指定

エクシーズ素材属性を指定しているランクエクシーズモンスター

闇属性を指定

リンク素材属性を指定しているリンクモンスター

地属性を指定

炎属性を指定

水属性を指定

収録パック等

FAQ

Q:属性を変更した場合、変更したモンスターフィールド上で表側表示で存在している限り、変更した属性のままですか?
A:はい、そうです。このカード裏側表示になったり、フィールド上を離れる場合は元の属性に戻ります。(10/11/13)


Tag: 《音響戦士ドラムス》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 風属性 機械族 攻700 守700 音響戦士

広告