火之迦具土(ヒノカグツチ)/Hino-Kagu-Tsuchi》

スピリットモンスター
星8/炎属性/炎族/攻2800/守2900
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時に発動する。
次のターンのドローフェイズのドロー前に相手は手札を全て捨てる。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した炎属性炎族最上級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚条件誘発効果と、戦闘ダメージを与えた次のターンドローフェイズ相手手札を捨てさせる誘発効果を持つ。

 手札を「全て捨てる」ため、次のターン相手が使えるカードは新たにドローする1枚だけとなり、行動を大きく制限できる。

 ただ適用させるまでが困難である。
 まず特殊召喚できない最上級モンスターであるため、召喚に手間がかかる。
 《和魂》による召喚権の追加や特殊召喚モンスターとの併用、《死皇帝の陵墓》を投入するなどで迅速に召喚可能な状態に持って行きたい。

 加えて耐性がなく、召喚後に相手による除去などの妨害を通してしまうとリリースディスアドバンテージが発生する。
 《禁じられた聖槍》や各種カウンター罠による対策は確実に用意しておきたい。

 バウンスカード《魔宮の賄賂》攻撃を通しやすくなるだけでなく、増えた相手ハンド・アドバンテージ手札破壊で0にできる。

 【スピリット】では《荒魂》によるサーチ《トレード・イン》にも対応し、墓地へ送った後も《伊弉波》サルベージできる。
 《伊弉凪》《八汰鏡》を使うことでフィールドに維持し続けることも可能であり、その場合は毎ターン手札破壊を狙える。
 それ以外でも上級モンスターの展開に長けた【黄泉帝】【死皇帝の陵墓】ではフィニッシャーとして活躍が期待できるだろう。

  • Mythological Age −蘇りし魂−でのテキストは非常に曖昧だったために、処理するタイミングで論争になることも少なくなかった。
    その後、再録時にエラッタされ、処理手順が分かり易くなった。
    (前略)
    このカードが相手プレイヤーにダメージを与えた場合、
    次のターン相手は手札を全て捨てる。
  • 「カグツチ」とは日本記紀神話に登場する火神にして忌神。
    アマテラスオオミカミツクヨミスサノオの三貴神と父親を同じとする。
    生まれた際にを焼き殺し、の手で葬られている。
    その後は防災の神として愛宕神社などに祀られている。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時に手札破壊を行うカード《白い泥棒》を参照

―《火之迦具土》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手手札捨てるドローフェイズが、何らかのカードの効果スキップされた場合、手札破壊処理は行われますか?
A:いいえ、行われません。(13/06/03)

Q:このカードの効果処理と《魔王ディアボロス》効果処理は、任意の順番で処理できますか?
  あるいは、必ずどちらかが先になりますか?
A:すでに効果発動しているこのカードの効果処理から先に行います。
  その後、《魔王ディアボロス》効果を発動して処理を行ってから、通常のドローを行います。(14/10/20)

Q:このモンスター2体で戦闘ダメージを与えた次のターン、1体目の手札破壊処理を行ったところ、捨てられた《暗黒界の狩人 ブラウ》等の効果で再び相手手札が増えました。
  その効果解決後に、改めて2体目の手札破壊処理は行われますか?
  あるいは、複数体で発動条件を満たしても手札破壊処理は1度しか行われませんか?
A:1体目の《火之迦具土》の効果《暗黒界の狩人 ブラウ》を捨て、その効果により手札が増えたのであれば、2体目の《火之迦具土》の効果によって、その手札を捨てさせることができます。(14/10/20)


Tag: 《火之迦具土》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星8 炎属性 炎族 攻2800 守2900 特殊召喚不可

広告