銀河眼の残光竜(ギャラクシーアイズ・アフターグロウ・ドラゴン)

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ギャラクシーアイズ」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれた場合に発動できる。
手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を選び、
特殊召喚するか、自分フィールドのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果をバトルフェイズに発動した場合、
さらに自分フィールドの全ての「No.」Xモンスターの攻撃力は倍になる。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 ギャラクシーアイズが存在する場合に手札から特殊召喚する起動効果効果の発動の為にエクシーズ素材として取り除かれた場合に《銀河眼の光子竜》特殊召喚するかエクシーズ素材にし、更にバトルフェイズ発動した場合ではNo.全体強化する誘発効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 【フォトン】【ギャラクシー】では《銀河眼の光子竜》の展開手段は多いので条件を満たすのは難しくない。
 下級モンスター《銀河眼の雲篭》《フォトン・サンクチュアリ》1枚で出せる《銀河眼の煌星竜》を利用するのも良いだろう。
 守備表示に限定されているため、基本的には各種素材やコストとして利用する事になる。

 (2)は自身がエクシーズ素材として取り除かれた場合に発動する効果
 アドバンテージ面では《銀河眼の光子竜》特殊召喚した方が良いが、下記の通り《No.62 銀河眼の光子竜皇》コンボする場合はエクシーズ素材にする選択肢も十分考えられる。
 対応するのは手札デッキなので、デュエル中盤以降に《銀河眼の光子竜》が全て墓地へ送られた場合は発動できない点は注意。

 バトルフェイズにこの効果発動した場合は自分フィールドNo.攻撃力を全て倍加できる。
 この強化は永続的であり、ランク8のNo.元々の攻撃力も高いのでかなりの総攻撃力を得られる。
 最も相性が良いのは《No.62 銀河眼の光子竜皇》であり、その攻撃力は単独でも11200となるので攻撃力3200以下の攻撃表示モンスターとの戦闘1ターンキルとなる。
 他のエクシーズモンスターがいる場合は1ターンキルラインを更に下げることができる。
 あちらは《銀河眼の光子竜》エクシーズ素材に持っていないとデメリットが生ずるが、こちらの効果でこの点もフォローできる。

 相手モンスターモンスターだけの場合はスタートステップ発動可能な《No.107 銀河眼の時空竜》を出すのも良い。
 特殊召喚した《銀河眼の光子竜》攻撃力6000の《No.107 銀河眼の時空竜》攻撃できる。
 サーチャーリクルーターなどの効果発動すれば、あちらの効果により攻撃力7000での2回攻撃となるのでフィニッシャー性能は更に高まる。
 あるいは攻撃力倍加を狙わず、除去効果を持つ《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《銀河眼の光波刃竜》コストとして取り除いても良いだろう。
 その場合でも特殊召喚した《銀河眼の光子竜》と合わせて総攻撃力は前者なら7000、後者なら6200となるので、がら空きにした相手への直接攻撃で多大なダメージを与えられる。

 《No.90 銀河眼の光子卿》デッキ内のこのカードを自身のエクシーズ素材にできるので相性が良い。
 ただし、あちらがバトルフェイズ中にこのカードを取り除けるかは相手の行動次第なので、攻撃力倍加は無理に狙わなくてよいだろう。

  • 「残光(afterglow)」とは「消え残っている光・日没後に空に残っている光」を意味する。

関連カード

このカードをエクシーズ素材にできてバトルフェイズ中に(2)を発動できるランク8

 ※このカード種族属性の変更などが必要なモンスターは除く

No.

No.以外

収録パック等

FAQ

Q:《銀河眼の残光竜》の(2)の効果は、発動コストとして取り除かれた《銀河眼の残光竜》が除外された場合でも効果発動できますか?
A:ご質問のように、エクシーズモンスター効果発動するためのコストとして取り除かれた《銀河眼の残光竜》が除外された場合でも、(2)の効果発動することができます。(19/12/27)


Tag: 《銀河眼の残光竜》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ギャラクシー ギャラクシーアイズ

広告