剣闘獣(グラディアルビースト)ドミティアノス/Gladiator Beast Domitianus》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/海竜族/攻3500/守1200
「剣闘獣ウェスパシアス」+「剣闘獣」モンスター×2
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手モンスターの攻撃対象は自分が選択する。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のEXデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性海竜族融合モンスター
 モンスター効果の発動無効にして破壊できる誘発即時効果相手モンスター攻撃対象自分が選択できる永続効果剣闘獣リクルートできる誘発効果を持つ。

 融合素材として3体のモンスターを並べる方法は《剣闘獣ヘラクレイノス》を参照。
 名指しされている剣闘獣があちらは下級モンスターなのに対してこちらは最上級モンスターだが、《剣闘獣ウェスパシアス》は自身の効果手札から特殊召喚可能なので難易度に大差は無く、《レスキューキャット》《レスキューラビット》で他の2体を賄うこともできる。
 《E・HERO プリズマー》《剣闘獣アトリクス》カード名コピーできるのでフィールドに用意するのも難しくない。

 (1)は、モンスター効果の発動無効にして破壊する効果
 コストは不要であるが1ターンに1度しか発動できないため、マストカウンターはしっかりと見極める必要があるだろう。
 モンスター効果に依存する現環境での制圧力は高く、《団結する剣闘獣》で2体目、または《剣闘獣ヘラクレイノス》を並べれば相手はうかつに行動できなくなるだろう。

 (2)は相手攻撃による攻撃対象を選択できる効果
 自身を選択することで実質的に攻撃力3500未満の攻撃を封じられる。
 《剣闘獣セクトル》のように戦闘をするモンスターを選ぶモンスターの補助にもなる。
 とはいえ、相手もわざわざ戦闘をせず効果による除去を狙ってくるのが普通であり、牽制程度の役割である。
 攻撃を強要させる《剣闘海戦》ならば相手メインフェイズ終了時に発動することで計算を狂わせることができる。

 (3)は、自身をエクストラデッキに戻す事で剣闘獣1体をリクルートできる効果
 類似効果を持つ《剣闘獣ガイザレス》等と異なり1体しかリクルートできないので、融合素材の消費も考えるとボード・アドバンテージを失う可能性が高い。
 エクストラモンスターゾーンをどうしても空けたいなど特殊な理由がないかぎり、この効果を使う事はないだろう。

  • イラストでは全ての闘器及び複数の剣闘獣たちの装備を身に着けているのが確認できる。
    詳細は以下の通り。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

―《剣闘獣ドミティアノス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:効果を受けない《RR−アルティメット・ファルコン》は、《剣闘獣ドミティアノス》の効果を受けずに攻撃したいモンスター攻撃できますか?
A:いいえ、《剣闘獣ドミティアノス》のコントローラーが指定した攻撃対象攻撃しなければなりません。(19/07/13)


Tag: 《剣闘獣ドミティアノス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 海竜族 攻3500 守1200 剣闘獣 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可

広告