(いにしえ)(もり)/Ancient Forest》

フィールド魔法
このカードの発動時に、フィールド上に守備表示モンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て表側攻撃表示にする。
この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
攻撃を行ったモンスターをバトルフェイズ終了時に破壊する。

 ※テキスト中の「リバース効果モンスター」は「リバースモンスター」を指す。

 ANCIENT PROPHECYで登場したフィールド魔法
 カードの発動時にリバースモンスター効果封じと攻撃表示強制、戦闘を行ったモンスター破壊する永続的な効果を持つ。

 1つ目の効果は、「リバースモンスターリバースした時の誘発効果」を防ぐが、それ以外のモンスターの「リバースした時に発動する誘発効果」を止められない。
 ただし、これは自分がそういったモンスターを使っている場合は利点ともなりうるので一概に欠点とは言い難い。
 即効性を有しつつも全てのモンスターに影響をおよぼすため、ダメージは通しやすく、全体攻撃モンスターに限った連続攻撃能力を持つカードを併用すれば、相手モンスターをすべて攻撃表示にできダメージを与えやすい。
 《トライデント・ドラギオン》の場合、このカード破壊2回攻撃でき、戦闘後のデメリットを防げる。

 2つ目の効果攻撃を行ったモンスターを片っ端から破壊する除去効果である。
 「魔法カード耐性」「効果破壊耐性」「自己再生能力」を持たないアタッカーは、場持ちが殆ど期待できなくなるため、特にモンスターの絶対数が少ない【メタビート】などには強い影響力を及ぼす。
 また、《バトルマニア》と合わせれば相手モンスターを全滅できる。
 尚、攻撃を行ったモンスターであれば直接攻撃であったとしても破壊されるが、攻撃を受けたモンスターは無関係である。
 そもそも攻撃を行わないデッキであれば、相手にのみデメリットを課することもできる。
 ただしフィールド魔法ゆえに除去手段は多く、攻撃そのものは通すことから【ロックバーン】などとの相性は悪い。
 相手ターン発動すれば相手モンスター除去が狙えるため、《終焉の地》《メタバース》との相性は良い。

 チェーンブロックを作る効果なので、《ヴェルズ・サンダーバード》《ゼンマイラビット》ならば影響を受けない。
 前者の苦手とする高攻撃力モンスターに関しては道連れが狙え、後者の直接攻撃を受けやすい欠点もカバーしやすい。
 バトルフェイズ終了時に攻撃モンスターを入れ替える事のできる剣闘獣でも同じような運用が可能であるが、リクルートが半ば強制となる事でプレイングはより複雑化する。

 自壊そのものを利用する【炎王】【機皇】でも採用できる。
 ただし前者の場合《炎王神獣 ガルドニクス》とは除去対象が被っていたり、後者の場合では特殊召喚した機皇帝にも自壊が課せられるなどやや扱いにくい面もある。
 フィールド魔法であるため、基本的に1枚のみの採用となる《オレイカルコスの結界》《テラ・フォーミング》を共有できる点や、一つ目の効果を活用するべきだろう。
 あるいは後述のバウンスとの組み合わせも視野に入れたい。

 《霞の谷のファルコン》《氷結界の虎王ドゥローレン》《宇宙砦ゴルガー》などの魔法・罠カードバウンスできるカードと合わせれば、中々に厄介なロックとなる。
 特に《宇宙砦ゴルガー》エーリアン達のAカウンターを乗せる効果が格段に使いやすくなり、リバース効果も封じた上で相手戦闘を間接的に妨害できるので【エーリアン】での活躍も期待できる。

 《アマゾネスの弩弓隊》と組み合わせても相手モンスターを全滅できる。
 こちらは《バトルマニア》とは異なり、バトルフェイズ相手モンスターを起こす上、リバースモンスターも防げるためにかなり相性がよい。

 また、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》は自身の効果によって破壊されても自己再生することができ、守備表示自己再生されるため戦闘破壊されやすい点も、このカードの存在により攻撃を躊躇させられるため非常に相性がよい。

 1つ目の効果を利用できる【ギアギア】でも、シナジーが期待できる。
 《ギアギアーマー》を即座にリバースさせる事で大量展開が可能であり、ターン内で相手ライフを0にしてしまえば自壊を恐れる必要もない。
 無理に攻めこむ必要もなく、相手裏側守備表示を見てから行動を選択できるため、単純な1ターンキル専用パーツとならない。
 《ギアギアーマー》《ギアギガント X》は維持するほどにアドバンテージを稼げるので、相手攻撃をしようがしまいが、戦闘面に限ればこちらが一方的に有利となる。
 《ギアギガント X》《ギアギアクセル》破壊時のディスアドバンテージを回復できるので、効果破壊へのカバーはもちろん、自分から攻撃してフィールドを入れ替える事も可能である。
 《太陽の書》と比べ妨害されやすいが、《ギアギアーマー》リバースさせた時点で最低限の損失は取り戻しているため、時間稼ぎのカードとしては申し分ない。

 【幻獣機】では《幻獣機ハムストラット》を即座にリバースさせ、トークン特殊召喚蘇生を行える。
 幻獣機トークンが1体でも残っていれば、幻獣機での攻撃時に自壊を回避でき、相手幻獣機トークン1体を潰すだけでモンスター1体を失うため有利な取引を持ちかけられる。
 元々幻獣機《霞の谷の神風》《ブラック・ガーデン》ともシナジーがあるため、《テラ・フォーミング》で使い分けが利くというメリットも生まれる。

 このようにコンボカードとして独自の動きが可能なカードではあるが、フィールド魔法であり、加えてコントローラーを問わず効果適用する性質上、相手ターンでは逆に利用されてしまう恐れもある。
 遭遇率の高い《発条機雷ゼンマイン》であったり、《カードガンナー》《水精鱗−アビスリンデ》【炎王】等には注意が必要である。

  • ワンポイントレッスンでは龍可が「……強力な力をもった聖地の森……そこに足をふみ入れたモンスターは全てをつつみかくさずにさらけ出さなければならない。そこであらそうことは聖地のいかりをかうことになる……」と言っている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動チェーン《サイクロン》などで効果処理の時にこのカードフィールド上に存在しない場合でも守備表示モンスター攻撃表示になりますか?
A:いいえ、その場合守備表示のモンスターは守備表示のままとなります。(09/05/19)

Q:このカードの発動時に守備表示モンスターが存在し、それにチェーンをして他のカードの効果守備表示モンスター特殊召喚した場合、その守備表示特殊召喚されたモンスターはこのカードの効果表側攻撃表示になりますか?
A:いいえ、なりません。(12/06/23)

Q:攻撃を行ったモンスターバトルフェイズ中に裏側守備表示となった場合、破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(09/06/10)

Q:モンスター攻撃した時に《魔法の筒》などで攻撃無効にされてしまった場合、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(08/06/10)

Q:攻撃を行ったモンスター破壊する効果は、チェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作ります。(09/04/18)

Q:このカードの効果適用中、剣闘獣等が攻撃を行ったバトルフェイズ終了時に効果発動する場合、どうなりますか?
A:同一のエンドステップ中に、このカード剣闘獣効果発動する場合、ターンプレイヤー効果から先に発動し、処理を行う事ができます。
  また、このカード剣闘獣コントロールしているプレイヤーが同じ場合、コントローラーが処理を行う順番を選択する事ができます。(09/04/25)

Q:攻撃を行ったモンスターが複数いる場合、全てを同時に破壊しますか?1体ずつ処理しますか?
A:攻撃を行ったモンスター全てを同時に破壊します。(09/05/19)

Q:《終焉の地》チェーン2以降で発動されました。
  攻撃表示強要はどの段階で処理されますか?
A:《終焉の地》フィールドに出された場合、攻撃表示強要の処理は発生しません。(09/06/10)

Q:バトルフェイズ中に《終焉の地》発動して、このカード発動しました。
  このカードが場に出る前に既に戦闘を行っていたモンスター破壊されますか?
A:破壊されます。(09/06/10)

Q:攻撃対象となった相手モンスターバトルステップまたはダメージステップ効果発動しました。
  それにチェーンして《威風堂々》発動し、相手モンスター破壊して戦闘が終了しました。
  自分攻撃モンスターは《古の森》の効果破壊されますか?
A:相手モンスター破壊されたのがバトルステップだった場合、攻撃モンスターは《古の森》の効果によって破壊されません。
  なお、これがダメージステップだった場合、《古の森》によって破壊されます。(13/02/01)


Tag: 《古の森》 魔法 フィールド魔法

広告