心変(こころが)わり/Change of Heart》

通常魔法(禁止カード)
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、選択したモンスターのコントロールを得る。

 Vol.5で登場した通常魔法
 コントロール奪取の開祖にして、その最高峰カードである。

 ノーコストかつ表示形式を問わず、コントロール奪取できる。
 裏側守備表示モンスターを一方的にコントロール奪取できるカードは希少であり、特に魔法カードではこれと《精神操作》位のものである。
 過去には裏側表示《聖なる魔術師》を奪ってリバースすれば、相手魔法カードの回収を防ぎ、自分はもう1度魔法カードを回収した後にまた使うという光景も見られた。

 また、劣勢時に相手の切り札モンスターコントロール奪取し、逆転勝利してしまう事もあった。
 そのまま攻撃してしまってもいいが、奪った相手モンスター上級モンスター召喚の為にリリースしたり、《神秘の中華なべ》コストにしたり、
 シンクロ素材エクシーズ素材にしてしまったりと、用法を挙げればキリがない。
 特に召喚条件が厳しいモンスターコントロール奪取されてしまうのは精神的にも厳しいものがあり、プレイヤーのモチベーションを大きく下げるカードでもあった。

  • コナミのゲーム作品において―
    GB、GBAの非OCGルールのゲームシリーズでは、永続的にコントロールを奪うという極悪な効果だった。
    DM3で初登場して以降、その強力さから当然の様に制限カードに指定され続けた。
    だが、DM3・DM8終盤の制限カードを無視したデュエリスト達は、当たり前のように3枚積みしており、3ターン連続でモンスターを奪われるという悲惨な事態も起こり得る。
    CPUも制限カードを遵守しているDM4では2枚以上投入している相手はいないが、代わりとして《サクリファイス》等で補われている事が多い。
  • 双六のスゴロクでは、遊戯のスーパーパワー(各キャラクターごとに存在する特殊能力)として登場している。
    フィールド上のモンスター一体を一定の確率で自分のモンスターにするパワーである。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《心変わり》等で自分モンスター相手コントロールしている時に、そのモンスター戦闘破壊された時、《命の綱》発動する事はできますか?
A:戦闘破壊されたモンスター自分墓地へ送られたのであれば、《命の綱》発動する事は可能です。


Tag: 《心変わり》 魔法 通常魔法

広告