創世神(ザ・クリエイター)/The Creator》

効果モンスター
星8/光属性/雷族/攻2300/守3000
自分の墓地からモンスターを1体選択する。
手札を1枚墓地に送り、選択したモンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。

 RISE OF DESTINYで登場した光属性雷族最上級モンスター
 墓地から特殊召喚できない召喚ルール効果と、手札1枚と引き換えに、自分モンスター完全蘇生させる起動効果を持つ。

 蘇生効果は、属性種族レベルカード名を一切問わない。
 この点は類似効果を持つモンスターとの大きな違いであり、効果汎用性は非常に高い。

 問題はフィールドへの出し方で、自身を蘇生できないという最上級モンスターにとっては厳しいデメリットを抱えている。
 加えて、カテゴリに属さず、雷族というサポートカードの少ない種族のため、リクルート方法もほぼ皆無である。
 フィールドに出す方法としては、専用サポートカード《創世者の化身》光属性を活かした《フォトン・サンクチュアリ》などが挙げられる。
 【死皇帝の陵墓】【推理ゲート】に投入すれば、自身の召喚をサポートしつつ、蘇生先も強力なものを確保できる。
 《ファントム・オブ・カオス》墓地から除外して効果をコピーしつつ、《D・D・R》等でこのカード帰還させるのもよい。

 もう1つの問題点として、最上級モンスターとしては貧弱な攻撃力がある。
 守備力は高いものの、《鳥銃士カステル》などが出てくれば表示形式に関わらず除去されてしまうので、攻められる状況なら攻撃表示で出したほうが良いだろう。
 光属性なので《オネスト》に対応しており、「《創世神》の効果《オネスト》蘇生し、それを《オネスト》自身の効果手札戻す」ことができる。
 攻撃力の低さを逆手に取って《ブロークン・ブロッカー》を採用してみても面白いかもしれない。

  • 「創世」とは、「世界を造る」という意味。
    カード名と意味からもわかるように、世界を作った者という設定らしい。
    ルビに使われている「ザ・クリエイター」は、アブラハムの宗教における唯一神「ヤハウェ(Yahweh)」の慣用表現の1つである。
  • カードイラストでは腰の辺りから上しか写っていないので全く分からないが、実は非常に足が長い。
    このまま全身を写すと間違いなくカードの下枠からはみ出すと思って貰えれば分かりやすいだろう。
    その長身ぶりはEXPERT EDITION Volume.3のパッケージイラストで確認する事ができる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札を1枚墓地へ送るのは効果発動時コストですか?
A:いいえ、効果解決時墓地へ送ります。つまり手札コストではありません。

Q:効果解決時墓地送り特殊召喚は同時に行われる扱いですか?
A:手札を1枚墓地へ送ってから選択したモンスター特殊召喚します。(12/03/14)

Q:対象に指定した墓地モンスター《ロスト》などで除外された場合、手札墓地へ送る効果を処理しますか?
A:その場合も墓地へ送る処理を行います。(12/03/14)

Q:このカード《次元融合》などで除外から特殊召喚できますか?
A:はい、できます。墓地以外の場所からはどこからでも特殊召喚できます。

Q:《マクロコスモス》効果によりこのカード効果手札墓地へ送る代わりに除外された場合、墓地の選択したモンスター特殊召喚されますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(13/02/14)


Tag: 《創世神》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 雷族 攻2300 守3000 蘇生不可

広告