双頭(そうとう)雷龍(サンダー・ドラゴン)/Twin-Headed Thunder Dragon》

融合モンスター
星7/光属性/雷族/攻2800/守2100
「サンダー・ドラゴン」+「サンダー・ドラゴン」

 Vol.7で登場した光属性雷族融合モンスター
 《サンダー・ドラゴン》2体を融合素材とする。

 《サンダー・ドラゴン》効果により、比較的簡単に融合召喚することができる。
 基本的に手札2枚の消費で融合召喚でき、《融合準備》などを使えば1枚で済むので、カード消費自体は抑えやすい。
 同時に《サンダー・ドラゴン》効果による墓地肥やしデッキ圧縮にもなり、攻撃力の高さからアタッカーも兼ねる。

 【正規融合】では主戦力とすることができる。
 融合召喚した後に《貪欲な壺》《サンダー・ドラゴン》デッキ戻す事で、《サンダー・ドラゴン》効果を再発動してアドバンテージを稼ぐ事もできる。
 融合素材代用モンスターを採用し、《融合回収》《サンダー・ドラゴン》《融合》を回収して繰り返し融合召喚する場合は、このカードが3枚では足りないと感じる事すらある。
 また、墓地モンスターを即座に溜められるため、《ダイガスタ・エメラル》とは蘇生ドローの両方が狙え、相性が良い。
 直接レベルは合わないが、《E・HERO プリズマー》《召喚僧サモンプリースト》を経由すれば共存は比較的容易である。
 また、正規の融合召喚が容易であることを利用して《トランスターン》から《創世神》を呼び出し、さらに爆発力を上げる戦法を組み込むのも面白いだろう。

 初期に登場した融合モンスターだが、高攻撃力に加え融合素材効果ディスアドバンテージを軽減しやすく、現在にも通じる扱いやすさを持っている。
 《ダイガスタ・エメラル》など効果を持たないモンスターサポートカードも増えたので、まだまだ活躍できる融合モンスターと言える。

  • 佐竹(ゴースト骨塚の取り巻きの一人)の所持レアカードとして、レアハンターのパソコンに表示されていた。
  • いずれの登場時も、ソリッドビジョンではイラストと異なり双頭の姿になっている。
    背中の口は無く、特徴的な足の形状なども変更されて典型的なドラゴン型になっており、体色と頭部の形状以外はほとんど別物である。
    他のカードで例えるならば、《アクア・ドラゴン》の体型に近い。
    なお、劇中に登場しているカード内のイラストOCGと全く同じである。
    攻撃方法は角から電撃を発している。

関連カード

融合素材

色違いモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《双頭の雷龍》 融合モンスター モンスター 星7 光属性 雷族 攻2800 守2100

広告