地縛神(じばくしん) Wiraqocha(ウィラコチャ) Rasca(ラスカ)/Earthbound Immortal Wiraqocha Rasca》

効果モンスター
星10/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、このカードが召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上のカードを3枚まで選択して持ち主のデッキに戻し、
戻したカードの数だけ相手の手札をランダムに捨て、
このカードの攻撃力を捨てたカードの数×1000ポイントアップする。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した闇属性鳥獣族最上級モンスター
 地縛神共通の効果と、召喚に成功した時に自分フィールド上のカードデッキ戻す事で相手手札捨て、自身の攻撃力強化する誘発効果を持つ。

 自身の効果によって攻撃力を3100まで上昇できる上、最大3枚という強烈なハンデス効果も併せ持つ。
 だが、その分自分カードデッキ戻す必要がある。
 《精神操作》等で奪った相手モンスターデッキ戻すことで、相手の損失を多少は増量できる。
 もしくは《素早いアンコウ》《魔獣の懐柔》で展開したモンスターデッキに戻せばカード消費を軽減できる。
 これらはアドバンス召喚リリース確保にも使えるため無理なく採用できる。
 自分カードを何枚戻すかは自由なので、フィールドに残されがちな《リビングデッドの呼び声》等を1枚だけ選択し、1ハンデスの後は攻撃力1100のダイレクトアタッカーとして運用する手もなくはない。

 地縛神共通の「特殊召喚に関する制約が無い」という点はあるが、召喚に成功した時にしか効果発動しないため、ほとんど活かす事ができない。
 しかし、元々の攻撃力の低さから《キラー・トマト》《リミット・リバース》等に対応しており、攻撃対象に選択できない効果のおかげで、モンスターとしての役割を持たせる事はできる。
 また、地縛神の中で唯一《ダーク・バースト》サルベージもできる。
 ただし、他の地縛神と比較すると、このカード《月の書》《スキルドレイン》に弱く、《No.50 ブラック・コーン号》も天敵となる。

 このカードアドバンス召喚する場合、その効果も使うとなると、フィールド魔法を含め最大7枚ものカードが必要になってしまう。
 そのため、《死皇帝の陵墓》リリース無しでの召喚や、上記のモンスターを展開するカードを利用してディスアドバンテージを軽減したい。

 《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚し、《十二獣モルモラット》を展開。
 《十二獣ブルホーン》《魁炎星王−ソウコ》を出し、炎舞サーチし、さらにその効果ペンデュラムモンスターを2枚サーチしてペンデュラムゾーンに出せばリリースデッキに戻すカードを確保できる。
 このカードのためでなくとも1枚でリリース確保につながるため、【地縛神】出張として採用する手も考えられる。

  • モチーフはナスカの地上絵の1つである「コンドル」。
    「Wiraqocha(原語表記:wiraqucha)」はインカ宗教の最高位の創造神の名である。
    (正式には、アプ・コン・ティキ・ウイラ・コチャ(Apu-Kon-Tiki-Uira-Cocha)、直訳すれば「土と火と水の絶対なる王」となる)
    ケチュア語表記のカード名は「最高神の地」を意味する。
  • 「シンギュラリティ(Singularity)」とは「単独・異常」という意味だが、それ以外にも「特異点」という意味がある。
    効果名については、「ポーラスター(Polestar)」は「北極星」、「オベイ(Obey)」は「(命令等に)従う」という意味の動詞である。
    どちらにもゴドウィンの「死ぬ時は孤独」という旨の台詞、アニメ版の「1」という攻撃力、ナスカの「星の民」といった、アニメ5D'sにおける様々な事象が濃縮されている。
  • アニメではルビが「ウィラコチャ・ラスカ」とわずかに異なっている。
  • アドバンス召喚時の口上は「究極の破壊をもたらせ!最強の地縛神!出でよ!Wiraqocha Rasca!」
  • 未来でZ-ONEが見ていた遊星の記録では、ナスカに封印された地縛神の名前が表示される部分があったが、何故かこのカードだけが記載されていなかった。
    もっとも《地縛神 Uru》の項や当初の設定資料、ゴドウィン兄弟の発言を考えるとこのカードの存在自体がイレギュラーだったことを示唆していたともとれる。
  • 他の地縛神と違い、OCG化の際に固有効果が全く別物となっている。
    アニメの凶悪効果に比べOCGでは癖が強く上手く活かすのが難しい効果のため、時折ファンからは「神では無くになった」と揶揄されることもある。
    ただし、特殊召喚として使え、効果ディスアドバンテージを補う構築なら性能を発揮するため、「」扱いされる他のカードに比べれば立場は良い方である。

関連カード

―《地縛神 Wiraqocha Rasca》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:召喚に成功した時の効果分類は何ですか
A:誘発効果です。(09/07/19)

Q:カードデッキ戻すのはコストですか?
A:いいえ、効果解決時デッキ戻します。(09/07/19)

Q:このカード召喚に成功した時に強制的に効果発動しますか?
A:はい、強制的に発動されます。(09/07/19)

Q:デッキ戻すカード対象をとりますか?
A:はい、発動時にデッキ戻すカードを選択します。(09/07/19)

Q:このカード召喚に成功した時、自分フィールド上にこのモンスター以外のカードが存在する時にデッキ戻すカードは必ず1〜3枚選択しなければなりませんか?
  (0枚という選択はできますか?)
A:カードが存在する場合なら必ず1〜3枚を選択しなければならず、0枚という選択はできません。(09/07/19)

Q:このカード効果解決時フィールド上に表側表示で存在しない場合でも、デッキに戻して手札捨てさせる効果までは適用されますか?
A:はい、その場合でも攻撃力がアップする効果以外は適用されます。(09/07/19)

Q:フィールド魔法が存在しない時にこのカード召喚した場合でも、効果発動し、適用されますか?
A:はい、その場合でも効果発動し、このカード破壊されますがデッキ戻して手札捨てさせる効果までは適用されます。(09/07/19)

Q:発動時にデッキに戻すカードを3枚選択し、効果解決時相手手札が2枚以下になった場合でも、捨てさせて攻撃力がアップする効果適用されますか?
A:はい、その場合相手は残りの手札を全て捨てさせ、その枚数分攻撃力がアップする効果適用されます。(09/09/01)

Q:エクストラデッキ戻した分もカウントされますか?
A:されます。(09/07/19)

Q:トークンデッキ戻す扱いで消滅させた場合、モンスター効果適用されますか?
A:トークンを選択する事はできますが、トークンは消滅しデッキ戻した数にはカウントされず、捨てさせる数にもカウントされません。(09/07/19)

Q:発動時に相手手札よりも多い枚数のカード対象に選択することはできますか?
A:いいえ、できません。(09/07/23)

Q:相手手札が0枚の時に召喚した場合もデッキ戻すカードは選択しなければいけませんか?
A:効果自体は発動されますが、デッキ戻すカードを選択することはしません。(09/07/31)

Q:自分フィールド上の相手カード相手デッキに戻した場合、相手手札捨てさせることはできますか?
A:できます。(09/08/21)

Q:このカードの効果チェーンして、対象に選択された速攻魔法通常罠発動した場合、効果解決時発動したカードデッキに戻りますか?
A:いいえ、戻りません。(09/09/01)

Q:フィールド上の《地縛神 Wiraqocha Rasca》の効果《スキルドレイン》無効になっている場合、《キラー・トマト》効果デッキから別の《地縛神 Wiraqocha Rasca》を特殊召喚できますか?
A:デッキの《地縛神 Wiraqocha Rasca》の効果無効になっていないため、特殊召喚できません。(12/02/09)


Tag: 《地縛神 Wiraqocha Rasca》 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 鳥獣族 攻100 守100 地縛神

広告