暴君(ぼうくん)暴言(ぼうげん)/Tyrant's Tirade》

永続罠
自分フィールド上に存在するモンスター2体をリリースして発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いに手札及びフィールド上で発動する効果モンスターの効果を発動できない。

 STORM OF RAGNAROKで登場した永続罠
 手札フィールド発動するモンスター効果の発動を封じる効果を持つ。

 効果モンスターメタ永続罠には既に《スキルドレイン》が存在する。
 比較するとこちらは効果の発動を封じ込めるので、《スキルドレイン》では対処不可能だった《ならず者傭兵部隊》《スターダスト・ドラゴン》等の発動フィールドから離れる効果モンスターも無力化できる。
 更には手札から発動する《オネスト》《D.D.クロウ》等も発動出来なくなるので、このカードの影響下ではかなりの効果モンスターが拘束されることとなる。

 しかし、《スキルドレイン》では無効化できた永続効果には対処ができなくなっている。
 特に罠カード無効にする《人造人間−サイコ・ショッカー》が後出しされても、このカードでは対処できないのが痛いところである。
 他にも貫通効果戦闘破壊されない効果六武衆の身代わり効果等、厄介な永続効果は多数存在するのでこのカードを使う際には事前に確認をしておくといいだろう。
 また、墓地発動する効果モンスター効果の発動は問題無く出来るので、自己再生効果《BF−大旆のヴァーユ》のような抜け道もあるのは《スキルドレイン》と同じ。
 このカードをメインに使っていくのなら、永続効果持ちや墓地発動モンスターを使っていくことになるだろう。

 拘束力は《スキルドレイン》と一長一短であるが、こちらはコストが非常に重い
 《スケープ・ゴート》や、このカードの影響を受けない《ダンディライオン》等でモンスタートークンを用意したい。
 また、発動後に除去されてもそのコストから2枚目を発動するのは容易ではないので、カウンター罠《宮廷のしきたり》でしっかりと守っていきたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《クロス・ソウル》効果で、相手フィールド上のモンスターリリースに使えますか?
A:はい、リリースする事ができます。(10/11/15)

Q:手札及びフィールド上で発動する効果モンスター効果発動したとき、それにチェーンしてこのカード発動することでその効果モンスター効果無効にできますか?
A:モンスター効果の発動チェーンをして《暴君の暴言》を発動した場合、発動したモンスター効果は適用されます。(10/11/19)

Q:このカードが存在する時でも《毒蛇神ヴェノミナーガ》ハイパーヴェノムカウンターを置く効果発動しますか?
A:はい、発動します。(12/04/09)

Q:このカードが存在する時に《レスキューラビット》《禁じられた聖槍》を使いました。
  この《レスキューラビット》効果発動は可能ですか?
A:《暴君の暴言》の効果を受けないため、効果発動できます。(12/04/26)


Tag: 《暴君の暴言》 永続罠

広告