魔獣(まじゅう)懐柔(かいじゅう)/Obedience Schooled》

通常魔法
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
カード名が異なるレベル2以下の獣族の
効果モンスター3体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
エンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで
自分は獣族以外のモンスターを特殊召喚できない。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した通常魔法
 自分モンスターコントロールしていない場合、カード名が異なるレベル2以下の獣族効果モンスターを3種類リクルートする効果リクルート対象効果無効化とエンドフェイズ自壊を課す残存効果ターン終了時まで獣族以外の特殊召喚を制限する残存効果を持つ。

 効果無効化・エンドフェイズ自壊特殊召喚制限とデメリットは多いが、いずれも回避の難しくない制約である。
 チューナーが該当カードに存在するため、エクシーズ召喚に加えてシンクロ召喚も可能。
 展開は獣族に限られるが、エクシーズモンスターでは《No.64 古狸三太夫》シンクロモンスター《ナチュル・ビースト》《魔轟神獣ユニコール》リンクモンスターには《ミセス・レディエント》等がおり、選択肢に困ることは少ない。
 また、エンドフェイズ自壊についても、《森の番人グリーン・バブーン》トリガーに変換する事も考えられる。

 通常召喚リリースには一切の制約がないため、アドバンス召喚の補助にも使える。
 獣族《百獣王 ベヒーモス》《地縛神 Cusillu》はもちろん、3体リリースする三幻神三邪神も容易にアドバンス召喚できる。
 獣族軸の【冥界軸最上級多用】では、《素早いモモンガ》などのリクルート効果持ちが多い事もあり、非常に相性の良いカードと言える。
 《神獣王バルバロス》とはこれらの点で特に相性が良く、全体除去効果を即座に発動できる上、チューナーがいれば妥協召喚して《神樹の守護獣−牙王》に繋げることもできる。
 アドバンス召喚以外でも、レベルの足りない《ライトニング・トライコーン》等も出すことができる。

 レベル2以下の獣族は元々扱いやすいものが揃っているので、デッキ構築も難しくはない。
 除去持ちの《ライトロード・ハンター ライコウ》《ゼンマイニャンコ》チューナー《魔轟神獣ケルベラル》《キーマウス》、補助的な効果《森の聖獣 ユニフォリア》など単体でも有用なものは多い。
 また、《子狸たんたん》《子狸ぽんぽこ》《素早いモモンガ》 の様な展開補助も存在するため、シンクロ召喚エクシーズ召喚をこのカードに依存する心配もない。
 通常モンスターは対応しないが、【おジャマ】の様に元々対応モンスターを多く採用するデッキも存在している。
 また、このカードを軸にする場合には、このカード発動条件から《ブラック・ホール》《激流葬》等の全体除去カードを多めに入れておくと良い。
 上記のカード《森の番人グリーン・バブーン》トリガーにもなる点でも相性が良い。

 ただし、特殊召喚するモンスターは3体ともカード名が異なっていなければならないため、発動するにはレベル2以下の獣族デッキに3種類以上残ってなければならない。
 【ローレベル】【金華猫】の様な低レベルを活用するデッキで採用しても、中途半端な数だけ獣族を入れては腐ってしまう。
 このカードで得られるアドバンテージを考えれば専用デッキを作る価値は充分にあるが、作るにしてもかなり【獣族】寄りに特化しなければならないだろう。

 また、対応するモンスターはほとんどが攻撃力1000以下であり、《連鎖除外》発動されると致命的なディスアドバンテージを負ってしまう。
 メインデッキから採用されやすいカードではないが、環境によってはサイドデッキに採用されることが多くなるカードでもある。
 マッチの2戦目以降では、セットされたカードへの除去を増やすなどして対応したい。

 レベル2以下のEM獣族は3種類以上存在するため、このカード1枚でEM3体を展開することも可能。
 《エンタメ・バンド・ハリケーン》と併用で3枚のバウンスを狙える。
 《バリア・バブル》と組み合わせればエンドフェイズ破壊を回避してにできる。
 また、リクルート対象はほぼ全てペンデュラムモンスターであり、エンドフェイズ破壊されてもエクストラデッキを肥やすことができる。

  • 英語名の「Obedience school」とは、主に犬の調教を意味する。
    イラストでは魔轟鬼が魔轟神獣のしつけをしようとしているようだが、例によって魔轟神獣に振り回されているようだ。

関連カード

発動条件関連

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:獣族以外のモンスター特殊召喚して、その後そのターン自分フィールドモンスターが存在しなくなった場合でも、そのターンにこのカード発動できますか?
A:はい、既に自分獣族以外のモンスター特殊召喚しているターンでもこのカード発動できます。(14/09/20)

Q:効果解決時モンスターゾーンの空きが2つ以下になった場合、特殊召喚する処理は行われますか?
A:いいえ、行われず、デッキからモンスターを選ぶ事自体行いません。(14/09/13)

Q:効果解決時モンスターが1体存在する場合、特殊召喚する処理は行われますか?
A:はい、その場合は3体分の空きがあるため、特殊召喚が行われます。(14/09/15)

Q:効果解決時デッキ特殊召喚可能な獣族が2体以下になった場合、特殊召喚する処理は行われますか?
A:いいえ、行われず、デッキからモンスターを選ぶ事自体行いません。(14/09/13)


Tag: 《魔獣の懐柔》 魔法 通常魔法

広告