未来融合(みらいゆうごう)−フューチャー・フュージョン/Future Fusion》

永続魔法(制限カード)
(1):このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、
そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
(2):このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードの(1)の効果で確認したモンスターと
同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 POWER OF THE DUELISTで登場した永続魔法
 カードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズデッキ融合素材モンスター墓地へ送る効果、2回目の自分スタンバイフェイズ融合モンスター融合召喚する効果を持つ。

 デッキモンスターカードを利用するため、消費する手札はこのカード1枚で済み、消費が少ない点で他の融合召喚に勝る。
 次の自分スタンバイフェイズまで維持できれば融合素材を使って墓地を肥やすことができる。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《F・G・D》等の条件が緩く複数の融合素材が要る融合モンスターを指定することで、《おろかな埋葬》複数枚分の効力が得られる。

 弱点として、永続魔法であるがゆえ除去に弱い点があげられる。
 現在の環境では魔法・罠カード除去できるカードはありふれており、このカードを守ることは容易ではない。
 たとえ2回目のスタンバイフェイズまで維持して融合召喚できても、このカード破壊されれば融合モンスター破壊されてしまう。
 また、融合素材代用モンスターを使用することもできない(下記参照)。
 もちろん、デッキ融合素材が残っていなければ発動できず、終盤では発動できないこともある。

 相手にこのカード発動された場合、(1)の効果発動されると大量の墓地肥やしが行われ大きな墓地アドバンテージを稼がれてしまう。
 マストカウンターであり、(1)の効果の発動前に最優先で除去したい。

  • 大幅なエラッタが行われたカードのひとつ。
    自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、
    決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
    発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に、確認した融合モンスター1体を
    融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
    このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
    そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。
    テキスト時代は、カードの発動効果解決時に即座に融合素材墓地に送っていた。
    そのため、融合目当てでなく凶悪な墓地肥やしカードとして利用されることになり、結果禁止カードに指定されていた。
  • アニメ登場時は効果が異なっていた。
    装備魔法
    デッキから融合素材モンスターを墓地に送って
    融合デッキから融合モンスター1体を特殊召喚し、
    このカードを装備する(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。
    この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できず、
    デュエル中に生け贄に捧げることもできない。
    このカードが破壊されたとき、装備モンスターを破壊する。
    装備魔法であり、タイムラグがなくそのターン融合召喚が可能であり、《非常食》等で墓地へ送ることでデメリットがなくなる点がOCG版と異なる。
    その代わりに特殊召喚したターン攻撃できない、生け贄にできないというデメリットがついている。
    また、イラストはビルに明かりが灯っておらず、上は光の拡散具合やOCGにない黒い線が存在するなど細かい点が異なっている。
  • 「ヨハンvsヘルカイザー亮」戦からはOCG効果に修正されアイコンも永続魔法になったが、亮は「装備魔法」と発言していた。
    ちなみにミスターTが使用時は「永続魔法」と発言していた。

関連カード

カード名関連

―このカード融合召喚できないモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:融合素材モンスター墓地へ送るのは「カードの効果」ですか?「コスト」ですか?
A:「カードの効果」になります。
  処理時にこのカードフィールドに存在しない場合はモンスター墓地へ送ることはできません。

Q:このカード墓地へ送るモンスター融合素材代用モンスターでもできますか?
A:いいえ、デッキ内の融合素材代用モンスター墓地へ送ることはできません。

Q:《剣闘獣ガイザレス》《XYZ−ドラゴン・キャノン》等の融合モンスターを指定して融合素材墓地へ送る事はできますか?
A:それらの融合モンスター融合召喚以外ではエクストラデッキから特殊召喚できないため指定する事はできず、融合素材墓地へ送る事もできません。(08/11/02)

Q:このカードの効果融合素材モンスター墓地へ送った後、このカード破壊されても選んだ融合モンスター特殊召喚は可能ですか?
A:いいえ、永続魔法なので、フィールドを離れた所で効果がなくなります。
  なお、この場合融合モンスターエクストラデッキに残ったままであり、墓地へ送られたりはしません。

Q:選択した融合モンスターが2回目のスタンバイフェイズエクストラデッキに存在しない場合、どうなりますか?
A:同名の融合モンスターが存在すればそれを融合召喚します。
  同名の融合モンスターが存在しない場合は意味のないカードとして場に残り続けます。

Q:墓地へ送られるモンスターカード除外される状況(《マクロコスモス》適用中など)で発動した場合、融合召喚効果適用されますか?
A:融合素材除外されますが、融合召喚効果適用されます。

Q:2回目のスタンバイフェイズを迎えるターンドローフェイズ《スケープ・ゴート》発動できますか?
A:はい、発動できます。
  発動した場合、このカードの効果での特殊召喚はされません。(13/03/13)

Q:モンスターカードゾーンに空きがない場合、発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/06/08)

Q:自分フィールド上に《群雄割拠》水族モンスター表側表示で存在し、エクストラデッキ水族モンスターが存在しない場合、このカード発動することはできますか?
A:このカード発動することはできます。
  この場合、このカード発動した時点でエクストラデッキに入っている融合モンスター確認し、その融合モンスターにて決められた融合素材墓地へ送ります。
  ただし、発動後2回目の自分スタンバイフェイズ時に、フィールド上に《群雄割拠》が存在し、水族モンスターが存在する場合は、フィールド上のモンスター種族が異なる融合モンスター特殊召喚する事ができません。(14/11/27)

Q:自分フィールド上に《群雄割拠》水族モンスター表側表示で存在する場合、《F・G・D》を選択して発動済みのこのカード特殊召喚時の処理はどのように行いますか?
A:《F・G・D》特殊召喚する事ができませんので、エクストラデッキに残ったままとなり、このカードフィールド上に残り続けます。(14/11/27)

Q:2回目のスタンバイフェイズ《虚無魔人》《マジック・キャンセラー》フィールドに存在する場合、融合モンスター特殊召喚されますか?
A:《マジック・キャンセラー》などで魔法カード効果無効化されている場合は特殊召喚できません。(10/01/28)
  《虚無魔人》が存在する場合も特殊召喚できず、このカード効果のなさない永続魔法カードとしてフィールド上に残ります。 (10/07/16)

Q:2回目のスタンバイフェイズモンスターカードゾーンに空きがない場合はどうなりますか?
A:お互い確認したエクストラデッキ融合モンスターはそのままエクストラデッキに残り、《未来融合−フューチャー・フュージョン》のカード自体もフィールドに残り続けます。(16/12/17)

Q:《レアメタル化・魔法反射装甲》によって《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるモンスター破壊効果無効化させることができますか?
A:はい、できます。
  同時に破壊される場合であっても無効にできます。(14/11/27)

Q:《禁じられた聖槍》によって《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるモンスター破壊効果無効化させることができますか?
A:はい、できます。(10/11/19)

Q:このカード《ドラゴン・ウォリアー》特殊召喚した場合、どのような処理になりますか?
A:その場合このカード破壊されません。
  このカード破壊された場合、《ドラゴン・ウォリアー》破壊されます。

Q:(1)の効果チェーンされ、効果解決時デッキ融合素材モンスターがなくなった場合、証明のために相手デッキ公開する必要がありますか?
A:ゲームのルールとして公開が必須であるとは定めておりません。
 まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/20)

Q:(1)の効果により墓地へ送られたモンスターはどの時点で「融合素材に使用した」扱いとなりますか?
A:融合モンスターが、フィールド上に特殊召喚に成功したタイミングにて、融合素材として使用したモンスターとして扱われます。(10/07/16)


Tag: 《未来融合−フューチャー・フュージョン》 魔法 永続魔法 融合 フュージョン

広告