嵐征竜(らんせいりゅう)−テンペスト/Tempest, Dragon Ruler of Storms》

効果モンスター(禁止カード)
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または風属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと風属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「嵐征竜−テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した風属性ドラゴン族最上級モンスター
 征竜最上級モンスター共通の効果と、手札から自身と風属性モンスター墓地へ捨てる事でデッキからドラゴン族モンスターサーチする起動効果を持つ。

 レベル7の征竜の共通効果に関しては征竜を参照。
 このカード風属性なので、エンドフェイズ時のバウンストリガー《霞の谷の神風》効果発動させる事ができる。

 手札から自身と風属性モンスター墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族モンスターサーチできる。
 2枚も手札を消費するサーチ効果なので、基本的にはディスアドバンテージになる。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》等の強力なモンスターサーチできるが、サーチするには風属性が必要なためこれらとはアンチシナジーになっている。
 そのため、この効果を使うなら後半の効果サーチできるモンスターを多めに入れた方がいいだろう。
 除外された場合もドラゴン族サーチできるが、こちらは風属性ドラゴン族モンスターに限定されている。
 カテゴリとしてはドラグニティがあり、その他では《コアキメイル・ドラゴ》《デブリ・ドラゴン》が比較的優秀な効果ステータスを持っている。
 《真紅眼の飛竜》なら《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》蘇生も狙える。
 能動的に除外する手段としては、《封印の黄金櫃》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《竜の転生》等が挙げられる。
 《ディメンション・ゲート》なら除外しつつ、自身の効果によるエンドフェイズバウンスを回避可能。
 他の征竜効果除外する手もある。

 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《ドラグニティアームズ−ミスティル》を擁する【ドラグニティ】とは強力なシナジーを発揮する。
 これらは【ドラグニティ】の展開上重要なカードでありながらサーチ手段の乏しかったカードであり、このカードによるサーチは大きな戦力強化となる。
 デッキにあれば《封印の黄金櫃》除外する事でアドバンテージを稼ぎつつ、手札にあれば《ドラグニティ−ファランクス》《ドラグニティ−アキュリス》とこのカード捨てる事で損失しつつもサーチ効果発動できる。
 《ドラグニティ−ドゥクス》から《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》を経由したレベル8のシンクロ召喚で丁度特殊召喚コストが補えるため、アタッカーとしても転用が可能。
 そのためには手札墓地にこのカードを用意する必要があるが、《竜の渓谷》墓地へ送る事ができるため、その準備も容易である。
 手札に戻っても、自身の効果やこのカードコストにした《竜の渓谷》で再度サーチに繋げられる。
 また、墓地のこのカード除外して《風の精霊 ガルーダ》特殊召喚し、効果サーチした《ドラグニティ−ファランクス》召喚する事で《ドラグニティ−ドゥクス》と似た動きも可能になる。
 《ドラグニティアームズ−ミスティル》サーチすれば、アドバンス召喚特殊召喚からシンクロ召喚に繋ぐパターンにも転用できる。
 《聖刻龍王−アトゥムス》《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》《エフェクト・ヴェーラー》に止められた際に展開を再開でき非常に強力なので、これらの動きも覚えておきたい。

  • 「テンペスト(Tempest)」とは「大嵐・暴風雨」の事。
    イラストでもこうした災を起こしている様が描かれている。

関連カード

―《嵐征竜−テンペスト》の姿が見られるカード

サーチ可能な風属性ドラゴン族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

征竜の共通効果については征竜を参照。


Tag: 《嵐征竜−テンペスト》 効果モンスター モンスター 星7 風属性 ドラゴン族 攻2400 守2200

広告