(となり)芝刈(しばか)り/That Grass Looks Greener》

通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 レイジング・テンペストで登場した通常魔法
 相手デッキと同じ枚数になるようにデッキカード墓地へ送る効果を持つ。

 お互いデッキ状況次第では驚異的な枚数の墓地肥やしを狙えるカードである。
 即効性があり次の展開に繋げやすい通常魔法という点も相まって、墓地アドバンテージを重視するデッキでの使い勝手は非常に良い。

 このカードを使う上で必須となるのは、デッキ枚数を通常より多くしておく事である。
 自分デッキが60枚、相手が40枚デッキであれば、一挙に20枚もの墓地肥やしを行う事ができる。
 デッキ枚数を増やすことでこのカード自身を引き当てる確率が下がるという欠点はあるが、一番使いたい初手で発動するためにはデッキ枚数増加は不可欠である。
 手札を犠牲にしてでも墓地肥やしさえ行えれば勝てる、というデッキであれば、《左腕の代償》サーチするのが望ましい。
 特に墓地カードだけで十分に戦える【インフェルノイド】とは相性が良く、《名推理》《モンスターゲート》と並ぶ墓地アドバンテージを得られるカードとなる。

 サーチリクルート墓地肥やしを多用し、高速でデッキ圧縮を行うデッキ相手なら、このカードによる墓地肥やし枚数は更に増える。
 自らのデッキ枚数を削るライトロード《強欲で貪欲な壺》を使うデッキは絶好のカモである。
 特に後者は幅広いデッキで多用されており、遭遇する機会は多い。
 ただし相手デッキ回転させデッキ枚数が減ったということは、相手の迎撃態勢が十分整ったということでもある。
 無理に相手デッキが減るのを待つよりは、使える時に使っておくくらいの感覚で居たほうが良いだろう。

  • このカード自身の採用枚数について。
    効果の関係上、1度使えば以降のお互いデッキ枚数はほぼ同数のままなので、手札に複数枚来た場合2枚目以降は高確率で腐る
    しかし、このカードを採用するデッキのほとんどはこのカードを3枚積みしており、2枚目以降が腐るリスクを考え枚数を減らすという選択肢はまずない。
    このカードのために60枚デッキを組んだのに、このカードを引ける確率が低ければ無意味だからである。
  • このカード発動する場合、ほとんどの場面でお互いのデッキ枚数の確認をすることになるが、数え間違いなどのトラブルには注意したい。
    デッキ枚数の数え方についてはデッキを参照のこと。
  • 英語名は「隣の芝生は青い」の直訳に近い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《隣の芝刈り》 魔法 通常魔法

広告