【エアブレード】

デッキの概要

 《E・HERO エアーマン》サーチ効果《神剣−フェニックスブレード》の自己サルベージ効果を利用し、要所で《次元融合》による展開からのビートダウンを狙うデッキ
 除外されたカード墓地利用を軸とする。

《E・HERO エアーマン/Elemental Hero Stratos》
効果モンスター(準制限カード)
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの
「HERO」モンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。
《混沌の黒魔術師/Dark Magician of Chaos》(※エラッタ前)
効果モンスター(禁止カード)
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地から魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる。
このカードが戦闘によって破壊したモンスターは墓地へは行かず
ゲームから除外される。
このカードがフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。
《神剣−フェニックスブレード/Divine Sword - Phoenix Blade》
装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、
自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から手札に加える。
《次元融合/Dimension Fusion》
通常魔法(禁止カード)
2000ライフポイントを払う。
お互いに除外されたモンスターをそれぞれのフィールド上に可能な限り特殊召喚する。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

戦術

 まずは《E・HERO エアーマン》《神剣−フェニックスブレード》で得たハンド・アドバンテージを活かしながら、戦いを進める。
 そして《神剣−フェニックスブレード》により除外アドバンテージが十分になったところで、《次元融合》発動し、勝負を決める。
 《E・HERO エアーマン》特殊召喚でもモンスター効果を発動できるので、帰還させながら魔法・罠除去すれば、一斉攻撃を進めやすくなる。

デッキの派生

【アーチャーブレード】

 【エアブレード】と【混黒1キル】の複合型。
 【エアブレード】のコンボに、《アマゾネスの射手》を組み合わた、バーンデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【ドグマブレード】

 《D−HERO ドグマガイ》効果《マジカル・エクスプロージョン》による、先攻1ターンキルが可能な数少ないデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【ワールドトランス】

 《アルカナフォースXXI−THE WORLD》効果を利用し、エキストラターンへの突入を狙う。
 そこから【エアブレード】や【アーチャーブレード】コンボにより、マッチキルを行う。
 詳しくは該当ページを参照。

【デステニーブレード】

 HEROの中でもD−HEROを重視した【エアブレード】。
 《E・HERO エアーマン》《戦士の生還》ハンド・アドバンテージを稼ぎ、それをコスト《デステニー・ドロー》デッキ回転させる。
 闇属性の比率増加により、各種ウイルスの採用も検討できるようになる。

 相性の良いD−HEROは、以下の通り。

代表的なカード

関連リンク

広告