【シンクロアンデット】

デッキの概要

 アンデット族チューナーである《ゾンビキャリア》を豊富なサポートカードで使い回し、大量のシンクロモンスターを展開するデッキ
 従来のアンデット族に足りなかった決定力をシンクロモンスターによって補い、1ターンキルを狙える。

《ゾンビキャリア/Plaguespreader Zombie》
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
(1):このカードが墓地に存在する場合、
手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

デッキ構築に際して

 ドローサーチ蘇生を繰り返し、キーカードが揃ったところで、シンクロ召喚で一気にモンスターを展開する。

メインデッキモンスターについて

アンデット族モンスター

アンデット族以外のモンスターカード

シンクロモンスターについて

魔法・罠カードについて

戦術

 《ゾンビキャリア》を利用し、シンクロモンスターを大量展開すれば1ターンキルを狙える。
 以下の手法を用いれば、比較的容易に展開を行える。

《ゾンビ・マスター》使用型

 《ゾンビ・マスター》蘇生効果を使用することで、《ゾンビキャリア》除外させずに使い回す型。

条件:フィールド《ゾンビ・マスター》墓地《ゾンビキャリア》

  1. 《ゾンビ・マスター》効果《ゾンビキャリア》蘇生
  2. 《ゾンビ・マスター》《ゾンビキャリア》レベル6のシンクロ召喚
  3. 何らかの蘇生カード《ゾンビ・マスター》蘇生し、1へ戻る

 この手順を繰り返すとレベルシンクロモンスターが増えていき、4体も並べば1ターンキルも視野に入る。
 手順「1」の《ゾンビ・マスター》手札コスト、手順「3」で《ゾンビ・マスター》蘇生させるカードが必要なため、手札消費は激しい。
 《馬頭鬼》《ゾンビ・マスター》手札コスト蘇生カードの2役をこなせるため、非常に相性が良い。

 展開の最後に《ゾンビキャリア》自己再生させることでレベル8のシンクロ召喚も可能である。

《ゴブリンゾンビ》使用型

 シンクロ素材とすることで《馬頭鬼》サーチを行える《ゴブリンゾンビ》と、手札コスト1枚で除去を行える《氷結界の龍 ブリューナク》エラッタ前)によるコンボ
 手札加えた《馬頭鬼》コストにすることで、除去をしながら連続シンクロ召喚が可能。

  1. 《ゴブリンゾンビ》《ゾンビキャリア》《氷結界の龍 ブリューナク》シンクロ召喚
    《ゴブリンゾンビ》効果《馬頭鬼》手札加える
  2. 《氷結界の龍 ブリューナク》効果《馬頭鬼》墓地捨てる
  3. 墓地《馬頭鬼》効果《ゴブリンゾンビ》蘇生
  4. 《ゾンビキャリア》自己再生
  5. 《ゴブリンゾンビ》《ゾンビキャリア》レベル6のシンクロ召喚
    《ゴブリンゾンビ》効果で新たな《馬頭鬼》手札加え、2へ戻る

 《ゾンビキャリア》《馬頭鬼》自己再生蘇生効果は1度きりなので、《異次元からの埋葬》で再利用する。

《ファラオの化身》使用型

 非チューナー自己再生能力を持つ《ファラオの化身》を使用する型。

条件:手札《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》墓地《ファラオの化身》《ゾンビキャリア》
結果:フィールド《TG ハイパー・ライブラリアン》レベル6・7のシンクロモンスターレベル5のシンクロモンスター《ファラオの化身》

  1. 《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》《ゾンビキャリア》蘇生
  2. 何らかの蘇生カード《ファラオの化身》蘇生
  3. 《ファラオの化身》《ゾンビキャリア》《TG ハイパー・ライブラリアン》シンクロ召喚
    《ファラオの化身》を自身の効果蘇生
  4. 《ファラオの化身》フィールド上に残った《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》シンクロ召喚
    《TG ハイパー・ライブラリアン》で1枚ドローし、《ファラオの化身》を自身の効果蘇生
  5. 《TG ハイパー・ライブラリアン》によって増えた手札を用いて《ゾンビキャリア》蘇生
  6. 《ファラオの化身》《ゾンビキャリア》シンクロ召喚
    《TG ハイパー・ライブラリアン》で1枚ドローし、《ファラオの化身》を自身の効果蘇生

 他の型と異なり《TG ハイパー・ライブラリアン》によってアドバンテージを得やすく、かつ大きく消費しないので、一度決まれば爆発力と持久力は高い。
 反面、《ファラオの化身》汎用性の低さからコンボ重視になるので、《ユニゾンビ》などで手早く墓地を肥やすことが求められる。
 《ファラオの化身》効果レベル4以下のアンデット族モンスター蘇生できる為、途中から上記の《ゾンビ・マスター》使用型に切り替えることも出来る。

このデッキの弱点

このデッキの歴史

第6期(2008年〜2010年)

第7期(2010年〜2012年)

第8期(2012年〜2014年)

第9期(2014年〜)

 アンデット族サポートカードの増加やキーカードの順次制限緩和により、構築の幅を取り戻してきた。
 しかし、【シンクロ召喚】全体の退潮に加え、一時の大流行故にデッキ強化が敬遠される内、環境に置き去りにされてしまった感は強い。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告