【ゼンマイ】

デッキの概要

 GENERATION FORCEで登場したゼンマイモンスターを軸としたビートダウンデッキ

 多くのモンスターが「フィールド上に表側表示で存在する限り1度しか効果が使えない」という共通のデメリット効果を持つため、それを考慮したプレイング・構築が要求される。
 基本的には効果を使い終わったモンスターをどんどんエクシーズ素材にしていく形となる。
 しばしばモンスターゾーンが不足するほどに展開力が高く、ランク3〜5のエクシーズモンスターの併用を得意とする点が特徴である。

《ゼンマイマジシャン/Wind-Up Magician》
効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻 600/守1800
「ゼンマイマジシャン」以外の「ゼンマイ」と名のついたモンスターの
効果が発動した場合、自分のデッキから「ゼンマイ」と名のついた
レベル4以下のモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。
この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。
《ゼンマイシャーク/Wind-Up Shark》
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1500/守1300
自分フィールド上に「ゼンマイ」と名のついたモンスターが召喚・特殊召喚された時、
このカードを手札から特殊召喚できる。
また、1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードのレベルをエンドフェイズ時まで1つ上げる。
●このカードのレベルをエンドフェイズ時まで1つ下げる。
《発条空母ゼンマイティ/Wind-Up Carrier Zenmaity》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/機械族/攻1500/守1500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキから「ゼンマイ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):フィールドの表側表示の「ゼンマイ」モンスターが戦闘以外で破壊され自分の墓地へ送られた時、
このカードのX素材を1つ取り除き、その「ゼンマイ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
《ゼンマイマニュファクチャ/Wind-Up Factory》
永続魔法
「ゼンマイ」と名のついたモンスターの効果が発動した場合、
自分のデッキからレベル4以下の
「ゼンマイ」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ゼンマイモンスター

―展開しやすいレベルモンスター
 エクストラデッキ使用しない場合、ゼンマイ攻撃力は低い。
 そのため、エクシーズ召喚の補助として特殊召喚可能なモンスターを中心に採用するのが望ましい。

エクストラデッキモンスターについて

 ランク3・4のエクシーズモンスターを優先的に採用する。
 ランク5は基本的に《ゼンマイシャーク》等のレベル操作効果を利用してエクシーズ召喚することになる。

ゼンマイエクシーズモンスター

ゼンマイ以外のエクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

 デッキの中核を担う《ゼンマイマニュファクチャ》を補助するカードや、エクシーズ召喚のサポートとなるカードが中心になる。

ゼンマイサポートカード

―その他の魔法・罠カード
 下記の他、エクシーズ召喚の補助になるカードエクシーズ召喚等の特殊召喚を封じるカードへの対策カードは投入しておきたい。

戦術

基本的な動き

 基本は《ゼンマイマジシャン》《ゼンマイシャーク》《ゼンマイマニュファクチャ》と各種レベルモンスターを用いて展開とサーチを行う。

代表的な1ターンキルパターン

 《シャーク・フォートレス》《Emトラピーズ・マジシャン》エクシーズ召喚し、それぞれがお互いを対象効果発動すれば、直接攻撃1ターンキルが成立する。

 どのルートでも《シャーク・フォートレス》に重ねて《No.21 氷結のレディ・ジャスティス》エクシーズ召喚すれば守備表示モンスター除去できる。
 更に《迅雷の騎士ガイアドラグーン》《No.21 氷結のレディ・ジャスティス》に重ねてエクシーズ召喚すればダメージを増やせる。

デッキの種類

【ゼンマイハンデス】

 【ゼンマイ】のギミックを利用して大量のハンデスを行うデッキ
 かつては《ゼンマイハンター》を利用したものを指したが、関連カード制限カード禁止カード化により構築不能となった。
 現在では《神殿を守る者》を用いたデッキをこう呼ぶが、「ゼンマイ」で「ハンデス」を行うという点以外、《ゼンマイハンター》型とは全くの別物である。

《ゼンマイハンター》型について
 ゼンマイ1体をリリースすることで1枚のハンデスを行う《ゼンマイハンター》を使った、先攻大量ハンデスデッキ
 詳細な説明は省くが、基本的には効果を使い終わった《発条空母ゼンマイティ》《ゼンマイハンター》射出してハンデス、更に効果を使い終わった《ゼンマイハンター》《発条空母ゼンマイティ》エクシーズ素材に…を繰り返す。
 エクストラデッキ《発条空母ゼンマイティ》の枚数=3枚のハンデスは容易に行うことができ、手札状況によっては《ダイガスタ・エメラル》を絡め5枚ハンデスすらも可能となる。

 ハンデスコンボ成功率は高いものの、この手のコンボデッキはトーナメントで勝ち残るのが難しいため、大会ではあまり目立った結果を残していない。
 しかし先攻ターン目から大量のハンデスを仕掛けられるためゲーム性を損なうと判断されたか、12/09/01付で《発条空母ゼンマイティ》制限カードに指定され構築不能となった。
 その後、2014/04/01《発条空母ゼンマイティ》制限カードに復帰し、代わり《ゼンマイハンター》禁止カードに指定されている。

《神殿を守る者》
 「相手手札を全て手札交換する効果」の発動チェーンして《神殿を守る者》特殊召喚すると、相手ドローができず手札が0になる。(詳細は《神殿を守る者》を参照)
 これを利用し、墓地アドバンテージすら与えない完全なハンデスを仕掛けるデッキ
 手札交換カードにはランク5の《アーティファクト−デュランダル》を利用し、その効果チェーンして《神殿を守る者》蘇生させる。

デッキの派生

【超量ゼンマイ】

 【ゼンマイ】に《超量士ブルーレイヤー》《超量機艦マグナキャリア》を取り入れ、《超量機神王グレート・マグナス》特殊召喚できるようにしたデッキ
 【ゼンマイ】はランク3〜5のエクシーズ召喚に長けており、ランク5の《超量機獣マグナライガー》ランク4の《超量機獣エアロボロス》ランク3の《超量機獣グランパルス》のいずれもエクシーズ召喚しやすい。
 1ターンでこれら3体を並べて《超量機艦マグナキャリア》の(2)の効果発動、多くの素材を持った《超量機神王グレート・マグナス》特殊召喚するのが目的である。

 基本的な構築は一般的な【ゼンマイ】と同じで、そこに《超量士ブルーレイヤー》《緊急テレポート》《超量機艦マグナキャリア》を投入する形となる。
 まずは【ゼンマイ】としての動きを行い、《超量機獣マグナライガー》《超量機獣エアロボロス》エクシーズ召喚
 そして《緊急テレポート》《超量士ブルーレイヤー》リクルートし、その効果《超量機艦マグナキャリア》サーチする。
 《超量機艦マグナキャリア》の(1)の効果《超量士ブルーレイヤー》を素材に《超量機獣グランパルス》エクシーズ召喚し、《超量機艦マグナキャリア》の(2)の効果《超量機神王グレート・マグナス》を出す形となる。

【リリクラゼンマイ】

 【ゼンマイ】に《儀式魔人リリーサー》《クラウソラスの影霊衣》《影霊衣の反魂術》を入れ儀式召喚の要素を取り入れたデッキ
 【ゼンマイ】の1ターンキルパターンから派生するギミックの一つで《魔界発現世行きデスガイド》《儀式魔人リリーサー》サーチも兼ねている。
 《グローアップ・バルブ》等を併用することで《虹光の宣告者》シンクロ召喚をすることができる。
 状況に合わせて《フレシアの蟲惑魔》《ナチュル・ビースト》等を一緒に並べて相手の行動を制限していくのが基本戦術となる。

【ゼンマイシンクロン】

 【ゼンマイ】に《ジャンク・シンクロン》《クイック・シンクロン》を入れシンクロ召喚の要素を取り入れたデッキ
 《ジャンク・シンクロン》を入れるので《ゼンマイニャンコ》《ゼンマイバット》レベル2以下のゼンマイは多く入れる。
 《ゼンマイマニュファクチャ》《ゼンマイバット》の存在で手札を補充しやすいので《クイック・シンクロン》コストに困ることはないだろう。
 《ゼンマイウォリアー》は自身だけではなく、他のゼンマイモンスターレベルも上げられる為、シンクロ召喚を軸にするこのデッキにおいても有用。

【ゼンマイ地霊神】

 《地霊神グランソイル》を絡め、《アマゾネスの射手》モンスター効果で先攻1ターンキルを狙うデッキ

 少数のカードから無限ループを狙うため、《成金ゴブリン》《打ち出の小槌》を採用する。
 ただし、墓地地属性モンスターの枚数に応じて手順が変化するため、《手札断殺》等を使う場合は注意が必要。

このデッキの弱点

 低攻撃力モンスターが大半を占めるため、《魔のデッキ破壊ウイルス》《連鎖除外》に弱い。
 特殊召喚を妨害するカードにも弱く、特に《ライオウ》シンクロ召喚エクシーズ召喚を妨害し《ゼンマイマニュファクチャ》を封じる天敵である。
 また、いずれの戦術もモンスター効果に大きく頼るので、モンスター効果無効化するカードも危険な存在となる。
 特に、コンボの初動で出鼻を挫かれた場合、シンクロモンスターエクシーズモンスターの展開が大幅に遅れることはもちろん、返しのターンで低ステータスゼンマイを狙い撃ちされて大ダメージを受けることになりかねない。
 とりわけ、奇襲性がとても高い《エフェクト・ヴェーラー》や永続的に効果が続く《スキルドレイン》等は特に厄介な存在なので、何らかの対策は打っておきたい。
 また、《増殖するG》を使われた場合、特殊召喚を強行すれば大量のハンド・アドバンテージを与える上、《バトルフェーダー》等に妨害される危険性が高くなる。

 更に、ゼンマイ種族属性がバラバラであるため《群雄割拠》《御前試合》刺さるので、種族属性を統一したデッキにも注意が必要である。

 また弱点というわけではないが、ミラーマッチの際は要注意。
 《ゼンマイマニュファクチャ》相手ゼンマイ効果発動してもサーチできるため、自分より先にこのカード発動されるとかなり動きづらくなる。

このデッキの歴史

第7期(2010年〜2012年)

第8期(2012年〜2014年)

第9期(2014年〜)

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告