【チャルアイーター】

デッキの概要

 《タイム・イーター》《地縛神 Chacu Challhua》効果で、毎ターン相手メインフェイズ1とバトルフェイズスキップしてしまうデッキ
 バトルフェイズスキップするため、実質メインフェイズ2もスキップする。
 相手ドローフェイズスタンバイフェイズエンドフェイズしか行えないため、ほとんど何も出来なくなる。
 地縛神を入れる等、ロックデッキとしては異質なデッキ構成と戦術を求められるが、一度コンボが決まれば、勝利は近い。

《地縛神 Chacu Challhua/Earthbound Immortal Chacu Challhua》
効果モンスター
星10/闇属性/魚族/攻2900/守2400
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、1ターンに1度、このカードの守備力の半分のダメージを
相手ライフに与える事ができる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
このカードがフィールド上に表側守備表示で存在する限り、
相手はバトルフェイズを行えない。
《タイム・イーター/Timeater》
効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻1900/守1700
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
次の相手ターンのメインフェイズ1をスキップする。
《ミラクル・フリッパー/Miracle Flipper》
効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻 300/守 500
「ミラクル・フリッパー」が自分フィールド上に表側表示で存在する場合、
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他の表側表示のモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードが戦闘で破壊された場合、このカードを相手フィールド上に特殊召喚する。
このカードが魔法・罠の効果で破壊された場合、
相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 デッキの中核である《地縛神 Chacu Challhua》《タイム・イーター》《ミラクル・フリッパー》は各3枚積みとなる。

―その他相性の良いモンスター

魔法・罠カードについて

フィールド魔法
 《地縛神 Chacu Challhua》維持のため、フィールド魔法必須カードとなる。
 キーカードのほとんどが上級モンスター以上であるため、リリースが確保できるフィールド魔法を選択したい。

キーカードの展開サポート
 《タイム・イーター》《サイコ・ショックウェーブ》特殊召喚できる。
 しかし《地縛神 Chacu Challhua》《タイム・イーター》特殊召喚できるのは《リビングデッドの呼び声》《戦線復帰》等の汎用カードぐらいしかないので、あくまで主軸はアドバンス召喚に置くべきである。
 アドバンス召喚の為のサポートカードだが、上述のアドバンス召喚サポートモンスターの他にも、前線を任せられる罠モンスタートークン生成能力を持った魔法カードから選んでいきたい。

魔法・罠カード対策
 このデッキが他のロックデッキと決定的に違う点は、ロックを持続するのに戦闘を介する必要がある点である。
 つまり、《次元幽閉》《くず鉄のかかし》等の攻撃宣言に反応するカードに弱い。
 そのため、それらを除去する為のカードが必要になる。

―その他相性の良いカード

戦術

 このデッキの戦術を成立させる為には以下の条件を全て満たす必要がある。

  1. 《ミラクル・フリッパー》相手フィールド上に送りつける。
  2. 《タイム・イーター》《地縛神 Chacu Challhua》召喚特殊召喚自分フィールドに揃える。

 1.の場合は下準備として《シャインエンジェル》《見習い魔術師》リクルートし、として戦闘破壊されたり、自爆特攻すれば簡単に達成できる。
 2.の場合は共に召喚制限こそないが主軸をアドバンス召喚に置く都合上フィールドに揃えにくい。
 上述のアドバンス召喚補助カードを駆使して出していきたい。
 最初は《死皇帝の陵墓》《ブラック・ガーデン》等でリリースコストを調達し《地縛神 Chacu Challhua》召喚
 高攻撃力ダイレクトアタックを決めた次のターン守備表示にすれば無駄も少ない。
 そして、《地縛神 Chacu Challhua》守備表示にした後に《タイム・イーター》召喚し、《ミラクル・フリッパー》戦闘破壊していけばロックの完成となる。
 相手の妨害を考えても、上記の流れは少ないターンで行いたい。

 ロックが完成した後は、《地縛神 Chacu Challhua》バーン効果直接攻撃相手ライフを削り取る。
 ここで《神の通告》等を発動されてしまうと全てが水泡に帰す危険があるので、万全を期すならダメージを与える前に相手魔法・罠カードを完全に除去しておきたい。

このデッキの弱点

 基本的な動きに繋げる過程でサーチが効きにくいカードを多用するコンボデッキであるため、弱点は多く、以下のメタカードがほぼ全て刺さる
 それらメタカードが対抗手段が無いまま先攻で出されると最悪詰みかねない。
 なので如何にバランスを崩さずに打開策サイドデッキから投入出来るかが鍵となる。
 環境次第では《タイフーン》《幽鬼うさぎ》除去カードの採用も検討したい。

デッキの変遷

第2期(2000年〜2002年)

 元々はMythological Age −蘇りし魂−で登場した《偉大天狗》戦闘ダメージを与えバトルフェイズスキップするというコンセプトで構築・誕生したデッキであった。
 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した《タイム・イーター》により「毎ターン相手メインフェイズ1とバトルフェイズスキップしてしまうデッキ」という、このデッキの基本コンセプトが完成することとなった。
 しかし、《偉大天狗》スピリットモンスターゆえ手札戻ってしまう為、扱いづらさが目立つデッキであった。

第5期(2006年〜2008年)

 LIGHT OF DESTRUCTIONでこのデッキ親和性が高い《ミラクル・フリッパー》が登場した。

第6期(2008年〜2010年)

 ANCIENT PROPHECY《地縛神 Chacu Challhua》が登場。
 《地縛神 Chacu Challhua》を維持するためにはフィールド魔法必須カードではあるものの《偉大天狗》より扱いやすく、このデッキ親和性が高かった為、以降は、こちらの方式にシフトしている。

第7期(2010年〜2012年)

 STORM OF RAGNAROK召喚権を使わずにメインフェイズのみをスキップさせることが出来る《端末世界》が登場。
 これにより派生として《地縛神 Chacu Challhua》の代わりに《端末世界》を採用しメインフェイズのみをスキップさせるデッキも登場した。
 《端末世界》フィールドに出しやすいので手軽にロックをかけられるが、サーチしにくくバトルフェイズを封印できないため状況次第では《タイム・イーター》戦闘破壊されてしまうという弱点を持つ。
 なお、カードプールの増加やカードパワーのインフレにより《偉大天狗》フィールドに維持する事も以前よりは楽になってきている。

第10期(2017年〜)

 新マスタールール導入に伴い登場したリンク召喚リンクモンスターにより、相手フィールド上に送りつけ《ミラクル・フリッパー》リンク素材として簡単に処理されるケースが珍しくなくなった。
 そのため、《地縛神 Chacu Challhua》がいない状態で《タイム・イーター》効果適用できる期間が短くなってしまい、結果としてロックを完成させることが以前よりも厳しくなっている。
 代わりに《タイム・イーター》以外にもメインフェイズをスキップ出来る《燃え竹光》が登場し、《地縛神 Chacu Challhua》を用いたロックバーンには別の形が生まれることとなった。
 こちらについては【竹光】を参照のこと。

代表的なカード

関連リンク

広告