【フォトン】

デッキの概要

 ORDER OF CHAOSで登場したフォトンと名のついたカード群を中心とした【光属性】ビートダウン

《フォトン・スラッシャー/Photon Thrasher》
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2100/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在する場合、
このカードは攻撃できない。
《フォトン・バニッシャー》
特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2000/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。
自分は「フォトン・バニッシャー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「銀河眼の光子竜」1体を手札に加える。
(2):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(3):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。
《フォトン・サテライト/Photon Satellite》
効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻   0/守   0
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上の
「フォトン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターとこのカードは、
それぞれのレベルを合計したレベルになる。

デッキの構築

 フォトンギャラクシーは密接な関係にあり、多くのデッキではその両方を採用する事になる。
 ここでは下級フォトンをメインとしたデッキについて主に扱うが、ギャラクシーの比率を大きくした構築も可能である。
 ギャラクシー中心のデッキについては【ギャラクシー】を参照のこと。

モンスターカードについて

―中核となるフォトン

―その他のフォトンモンスター
 基本的な動きは上記のモンスターで事足りるため、構築次第で採用の有無や枚数を調節したい。

フォトンの関連モンスター

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

エクシーズモンスター
 フォトンエクシーズモンスターは、フォトンギャラクシーサポートカードの恩恵をあまり受けられず、関連性も薄いのが多い。
 フォトンに属するか否かよりも、単体での強さや他のカードとのシナジーを意識して選択した方が良い。

リンクモンスター

シンクロモンスター
 《カメンレオン》を採用する場合に投入が検討できる。
 レベルフォトンとの組み合わせで出せるレベル8、《フォトン・サテライト》との組み合わせで出せるレベル5が候補となる。

魔法・罠カードについて

フォトンギャラクシーの関連カード
 フォトンカード《No.90 銀河眼の光子卿》《フォトン・チェンジ》で、ギャラクシーカード《No.90 銀河眼の光子卿》《銀河の魔導師》サーチできる。

―その他相性の良いカード

デッキの種類

《ツイン・フォトン・リザード》

《ツイン・フォトン・リザード/Twin Photon Lizard》
融合・効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守1000
「フォトン」と名のついたモンスター×2
このカードをリリースして発動できる。
リリースしたこのカードの融合召喚に使用した
融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。

 《ツイン・フォトン・リザード》融合召喚し、リリースすることでフォトンモンスターを速攻展開するタイプ。
 《銀河眼の光子竜》をいきなり出せたり、召喚権の消費を抑えて《フォトン・サテライト》《フォトン・リザード》を展開できるなど爆発力は高い。
 一方、手札消費が激しく、《ツイン・フォトン・リザード》除去されたり、《D.D.クロウ》等に融合素材除外されるなどの致命的な妨害を受けると、立て直しが困難になる。

《光子竜の聖騎士》

《光子竜の聖騎士/Paladin of Photon Dragon》
儀式・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1900/守 800
「光子竜降臨」により降臨。
このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。
また、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
デッキからカードを1枚ドローする。

 《光子竜の聖騎士》儀式召喚し、《銀河眼の光子竜》ランク4・ランクエクシーズモンスターを展開するタイプ。
 《光子竜降臨》墓地からリリースを賄えるので、一般的な儀式モンスターより儀式召喚は容易で、爆発力もある。
 《マンジュ・ゴッド》等の儀式サポートの他、《銀河眼の光子竜》をフルに採用するため、通常の【フォトン】とは構築が大きく変わる。

《スキルドレイン》

 《スキルドレイン》《フォトン・スラッシャー》《フォトン・クラッシャー》《フォトン・サーベルタイガー》《銀河騎士》デメリットを回避して打点で押すタイプ。
 刺さるデッキにはとことん刺さるため、相手によっては非常に効果的に戦える一方で、こちらも《フォトン・サテライト》エクシーズモンスターの多くを活用し辛くなる。
 ライフポイントの消費量も多くなるため《クリフォトン》効果も使いにくくなり、採用するカード《スキルドレイン》の間のバランスを良く考えないと思ったように機能しない。
 詳しい点については【スキルドレイン】を参照。

デッキの派生

【フォトン忍者】

 【忍者】と混合した型。
 《忍法 超変化の術》により、相手モンスター除去しつつ《銀河眼の光子竜》《フォトン・リザード》の展開が可能。
 また、レベル4の忍者《フォトン・スラッシャー》と共に《H−C エクスカリバー》などのエクシーズ素材となれる。

このデッキの弱点

 フォトンは全て光属性であり、エクシーズ召喚を多用するデッキである。
 よって光属性及び特殊召喚メタカードを弱点とする。

 《コアキメイル・ドラゴ》《大天使クリスティア》はこのデッキの根幹である特殊召喚エクシーズ召喚を封じてしまう。
 前者は【ドラゴン族】【コアキメイル】、後者は【天使族】全般のデッキ相手にする場合に注意したい。
 《銀河眼の光子竜》を軸にする場合、これらに加えて《ヴェルズ・オピオン》も苦しくなる。
 《フォトン・パイレーツ》はこうした高打点を持つメタカードを強引に戦闘破壊できる点が魅力と言える。
 その他、フォトン効果の大半を封じてしまう《閃光を吸い込むマジック・ミラー》には、《サイクロン》等で対処したい。

 あまり見かけることはないが、《A・O・J ディサイシブ・アームズ》はこのデッキの天敵とも言える存在。
 攻撃力も高く、《オネスト》がなければ《フォトン・パイレーツ》でも対処できない。
 《奈落の落とし穴》《神の警告》等でなんとしても効果を阻止したい。

 カードプールの増加で以前よりは改善気味ではあるが、展開を行うには手札の消費がやや荒い傾向にあるため長期戦は余り得意ではない。
 単体でアドバンテージを取れるフォトン《フォトン・バニッシャー》程度なので手札の残存量には常に注意したい。
 手札を大量に消費して特殊召喚した切り札を除去されては巻き返しは非常に困難である。

代表的なカード

関連リンク

広告