【プランキッズ】

デッキの概要

 リクルート効果蘇生効果を持つプランキッズを中心としたビートダウンデッキ
 融合召喚リンク召喚の2つの召喚法を使い分けるのが特徴。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

プランキッズモンスター
 メインデッキプランキッズは以下の共通するテキストを持つ。

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「プランキッズ」モンスターの、
融合素材またはリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
(固有効果)。
その後、手札・デッキから「(同名カード)」以外の
「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる。

 このリクルート効果によりカード消費を抑えつつプランキッズ融合リンクモンスターを出してビートダウンを行っていく。
 なお、《プランキッズ・ロック》以外の3体はいずれも《プランキッズ・ハウスバトラー》融合素材に指定されているため《融合徴兵》《E・HERO プリズマー》などに対応している。

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

プランキッズ
 プランキッズ2体素材で攻撃力2000の融合リンクモンスターと、蘇生帰還ができない攻撃力3000の融合リンクモンスターとに大別できる。
 前者は自分または相手ターンに自身をリリースする事で2種のプランキッズ蘇生またはサルベージが行える。
 後者は自身をコストフリーチェーンでの全体除去と、相手によって墓地へ送られた場合の蘇生またはサルベージ効果を持つ。

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

プランキッズ魔法・罠カード

融合フュージョンカード

―その他で相性の良い魔法・罠カード

戦術

 メインデッキ及びエクストラデッキの2体素材のプランキッズモンスター効果ボード・アドバンテージハンド・アドバンテージを得る。
 制圧除去に関しては《プランキッズ・ハウスバトラー》《プランキッズ・ロアゴン》、あるいは出張採用した《超雷龍−サンダー・ドラゴン》あたりに任せたい。
 中盤以降はメインデッキプランキッズモンスターの数が少なくなりリクルートに支障が出かねないので、墓地プランキッズデッキ戻す事も検討したい。
 ただし戻しすぎると今度は蘇生サルベージに支障が出るのでバランスはよく考えたい。

デッキの派生

【サンドラプランキッズ】

 このデッキ《雷龍融合》の相性が良い事を利用した【サンダー・ドラゴン】との混合構築。
 サンダー・ドラゴンモンスター効果《雷龍融合》手札に握りやすくなり、融合召喚先の候補も広がる。
 《簡易融合》を複数積みやすいデッキなので《超雷龍−サンダー・ドラゴン》特殊召喚コストのための《雷神の怒り》ピン挿しさせやすい。
 また、《プランキッズ・ロック》の固有効果手札サンダー・ドラゴン除外してアドバンテージを得る事も可能となる。

このデッキの弱点

 リクルートサーチサルベージ蘇生と基本的な動きを全て利用するのでメタカード刺さりやすい。
 メインデッキプランキッズがいずれも単体では貧弱なので特殊召喚封じやエクストラデッキメタも非常に苦手。
 後攻ターン目に《魔のデッキ破壊ウイルス》を受けようものなら手札プランキッズが根こそぎ破壊され成す術なく敗れ得る。

代表的なカード

関連リンク

広告