【マシンナーズ】

デッキの概要

 PREMIUM PACK 9で登場したマシンナーズを軸としたビートダウンデッキ
 《マシンナーズ・フォートレス》を中心にアドバンテージを得やすいカードが多く、非常に息切れしにくく粘り強い。
 ガジェット等の他の機械族と併用も可能である。

《マシンナーズ・ギアフレーム/Machina Gearframe》
ユニオン・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守   0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「マシンナーズ・ギアフレーム」以外の「マシンナーズ」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
《マシンナーズ・フォートレス/Machina Fortress》
効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2500/守1600
(1):このカードはレベルの合計が8以上になるように手札の機械族モンスターを捨てて、
手札・墓地から特殊召喚できる(自身を捨てた場合、墓地から特殊召喚する)。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードを対象として発動した相手モンスターの効果が適用される際に、
相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで捨てる。
(3):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動する。
その相手のカードを破壊する。
《マシンナーズ・メガフォーム/Machina Megaform》
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2600/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「マシンナーズ・メガフォーム」以外の
「マシンナーズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの「マシンナーズ・フォートレス」が自分の墓地へ送られた場合、
その「マシンナーズ・フォートレス」1体を墓地から除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
《機甲部隊の再編制》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「マシンナーズ」モンスター2体を手札に加える(同名カードは1枚まで)。
●手札から「マシンナーズ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「機甲部隊の再編制」以外の「マシンナーズ」カード2枚を手札に加える(同名カードは1枚まで)。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

マシンナーズモンスター

―相性の良い機械族モンスター

―それ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 チューナーを採用する場合はナチュルシンクロモンスター等も狙いやすい。
 メインデッキである程度戦えるので《浮幽さくら》用のメタ構築にするのも手。

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

マシンナーズ

種族属性サポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 まずは《マシンナーズ・フォートレス》手札墓地に集めることを重視する。
 《マシンナーズ・ギアフレーム》《機甲部隊の再編制》《スクラップ・リサイクラー》を用いて速やかに準備をしよう。

 状況が整ったら、《マシンナーズ・フォートレス》を展開し、一気に攻め込む。
 この時、手札コスト《マシンナーズ・カーネル》《マシンナーズ・メガフォーム》を利用することで後続のリカバリーを行える。
 ボード・アドバンテージは稼ぎやすいが、ハンド・アドバンテージを稼ぎやすいわけではないので短期決戦を望めるようにしたい。
 一方で戦線維持能力が高いということもあり、メタカード相手の行動を阻害しつつ、じっくりと手札を集めて粘り強く戦うというプレイングができるのもこのデッキの強みである。

デッキの派生

【マシンカラクリ】

 同じ地属性機械族カラクリを加えた型。
 手軽にシンクロ召喚のギミックを取り入れられる他、強力な制圧力を有するナチュルシンクロモンスターを組み込むことができる。
 《マシンナーズ・フォートレス》から《カラクリ大将軍 無零怒》シンクロ召喚も狙え、1度シンクロ召喚を行えればそこから息切れせずに展開することも可能。
 元々息切れしづらいデッキ同士の混合であるため、相手にとっては煩わしいことこの上ないだろう。

【マシンガジェット】

 こちらも同じく地属性機械族ガジェットと組み合わせたパターン。
 継続的なサーチによって手札切れを起こしにくく、かつ《マシンナーズ・フォートレス》コストも調達できる。
 《スクラップ・リサイクラー》を採用するのならば再利用効果を最大限に活かせ、《貪欲な壺》ともシナジーがある。
 【代償ガジェット】及び【除去ガジェット】を参考にデッキ構築するとよい。

【マシンギア】

 こちらはアンティーク・ギアと組み合わせたデッキタイプ。
 アンティーク・ギア特有の耐性により戦闘に強く、制圧力に優れる。
 《歯車街》効果を最大限活用できるのがミソ。
 《古代の機械巨人》《古代の機械巨竜》の存在から、《機甲部隊の最前線》から《マシンナーズ・フォートレス》リクルートすることも可能。
 《マシンナーズ・エアレイダー》《マシンナーズ・ラディエーター》《古代の機械魔神》対象にすることで、ボード・アドバンテージを失うことなく効果を使用できる。
 複合型デッキでは、打点向上にも役立つ。

【マシンロイド】

 ロイド、特に《エクスプレスロイド》サルベージ効果を取り入れたもの。
 強力な回収効果《マシンナーズ・フォートレス》コストが容易に調達でき、《アーマロイドガイデンゴー》を回収すれば1体につき1回分のコストとなる。
 容易な発動条件から、コスト捨てたロイドを再び《エクスプレスロイド》によるサルベージで使い回すことも難しくない。

【スキドレマシンナーズ】

 ハンデス効果以外《スキルドレイン》の影響を受けない《マシンナーズ・フォートレス》を中心に、相性の良いモンスターを採用する。
 上級モンスターが多いが、どれも簡単に召喚できるためそこまで気にする必要は無い。
 効果モンスターが横行する現環境メタを張れるのが強み。

 マシンナーズは、《マシンナーズ・フォートレス》以外に《マシンナーズ・ギアフレーム》を採用する程度である。
 《スキルドレイン》の存在を考えると、《強制脱出装置》を採用しない限りはこれすらも採用しない構築も考えられる。
 他には《マシンナーズ・メガフォーム》《スキルドレイン》効果を阻害されず、《トレード・イン》にも対応するため一考の余地がある。

このデッキの弱点

 あらゆる【機械族】に共通するが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》等の機械族キラーカードは天敵である。
 除外デッキバウンスへの除去《マシンナーズ・メガフォーム》でもカバーできない範囲なのでこれらへの注意も必要。
 下級マシンナーズを超える攻撃力を持ち、デッキの軸であるサーチ特殊召喚を妨害する《ライオウ》にも気をつけたい。
 《ライオウ》に限らず、高攻撃力モンスターに押し切られる事は多いので、《ガイアパワー》《一族の結束》での対策はしっかり行いたい。

 近年では墓地へのメタカードの増加もあり、《マシンナーズ・フォートレス》墓地から離れる機会も多くなっている。
 《墓穴の指名者》はその最たる例と言っていいだろう。
 破壊対象耐性の増加により《マシンナーズ・フォートレス》除去を恐れず戦闘破壊を狙ってくるモンスターが増えたのも逆風である。
 とはいえ、エクストラデッキに頼らないデッキが「エクストラデッキメタができる」という個性を出しているのも事実であり、この点を活かして戦うのも一つの手である。

代表的なカード

関連リンク

広告