【ワーム】

デッキの概要

 DUEL TERMINALで登場したワームをメインに置いたデッキ
 全体的にステータスは低めだが、リバースした場合の効果によるトリッキーな動きで相手を翻弄する。
 効果モンスターメインデッキに入る物だけで25種類存在するため、デッキを組むにあたり、どのようなワームが存在しているのかを把握しておく必要がある。

《ワーム・ゼクス/Worm Xex》
効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「ワーム」と名のついた爬虫類族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
自分フィールド上に「ワーム・ヤガン」が存在する場合、
このカードは戦闘では破壊されない。
《ワーム・ヤガン/Worm Yagan》
効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1000/守1800
自分フィールド上のモンスターが「ワーム・ゼクス」1体のみの場合、
このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。
このカードがリバースした時、相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。
《W星雲隕石/W Nebula Meteorite》
通常罠
フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に表側表示で存在する
爬虫類族・光属性モンスターを全て裏側守備表示にし、
その枚数分だけ自分のデッキからカードをドローする。
その後、自分のデッキからレベル7以上の
爬虫類族・光属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

ワーム
 ワーム下級モンスターにはステータスの低いものが多く、一部を除いて戦闘にはあまり向いていない。
 自身の効果上級モンスターリリースを確保したり、デッキ回転などを補助する役割が主となるだろう。
 特に《ワーム・ゼクス》《ワーム・カルタロス》は、どの上級ワームを軸に置いても、デッキ回転の手助けとなる。

―その他相性の良いモンスター
 必須と言えるカードは少なく、《ワーム・ヤガン》効果の阻害や《ヴァイパー・リボーン》の採用ができなくなる。
 手札誘発等、最低限のモンスターの採用に留めておくのも手だろう。

エクストラデッキモンスターについて

融合モンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

ワームサポートカード

爬虫類族サポートカード

リバースモンスターと相性の良いカード
多くのワームリバース効果を持っており、それらを補助するカードとして採用できる。

―その他の魔法・罠カード

戦術

 展開力に長けてないため、【メタビート】を基準とした伏せカードを多用する堅実なプレイアドバンテージ差を付けていく。
 基軸となるワーム《ワーム・ゼクス》《ワーム・ヤガン》、それらをサーチできる《ワーム・カルタロス》の3種類。
 それ以外は除去効果を持ち《W星雲隕石》リクルートできる《ワーム・キング》連続攻撃ができる《ワーム・テンタクルス》が採用候補に挙がる。

 通常召喚した《ワーム・ゼクス》《ワーム・ヤガン》墓地へ送りセットした《W星雲隕石》相手ターン発動する。
 《ワーム・ヤガン》効果相手モンスターバウンスエンドフェイズ効果処理でドロー最上級ワームリクルートを行う。
 その過程で2枚目の《W星雲隕石》を引き込めれば理想的である。
 《ワーム・ヤガン》以外にも、他の罠カード等でできうる限りの展開と攻撃を阻止し、ドロー効果に繋げアドバンテージの回復に努める。

デッキの種類

種族統一型

 爬虫類族に統一することで、《ワーム・ゼクス》墓地へ送った《ワーム・クィーン》《ヴァイパー・リボーン》で即座に蘇生できる。
 相手モンスターの展開は《群雄割拠》《御前試合》で妨害し、《オネスト》が使えない点は《一族の結束》や各種魔法・罠カードでカバーしていく。

 ただし、ワームに限らず爬虫類族自体の展開力が充実していないので、効果の発動がしにくい。
 さらに、手札誘発による相手ターンでの妨害も難しく、除去された後の切り返しも困難。
 これには《邪龍アナンタ》等を投入しておくことで対策していきたい。
 これらはレベル8なので、《ワーム・キング》《ワーム・クィーン》共々《トレード・イン》にも対応している。

《ワーム・イリダン》

 自分カードセットされる度に発生するワームカウンター除去効果を発揮する《ワーム・イリダン》を軸に置く構築。
 サイクル・リバースとの相性は良いが、このカードの展開および防御と並行する必要があり、相性の良いものは限られる。
 維持すればするほど、防御カードを呼び込みやすくなる《デス・ラクーダ》ステータスが高くアドバンテージを稼ぎやすい《ギアギアーマー》の2種が使いやすい。
 《岩投げエリア》を防御手段としつつ、《番兵ゴーレム》を採用するのも手か。
 後者はデッキスペースを圧迫するが、エクシーズ召喚に繋ぎやすく、このデッキと相性の良い《発条機甲ゼンマイスター》《フォトン・バタフライ・アサシン》《No.39 希望皇ホープ》等を使い分けられる。

 《ギアギアーマー》効果と同時利用できないが、エクシーズ召喚に特化するならば《墓守の偵察者》《カオス・インフィニティ》機皇兵の組み合わせも一考に値する。
 この場合《A・ジェネクス・バードマン》を交えやすく、一度表側表示になったモンスターの再度セットを狙いつつ、シンクロ召喚が可能になる。
 機械族では《カラクリ将軍 無零》光属性では《A・ジェネクス・トライフォース》が利用でき、後者はカウンターを稼ぐ助けにもなる。
 《ギアギガント X》からサーチできる点もありがたいが、全体的にエクストラデッキを圧迫しやすいので注意が必要である。

 自身のカウンターこそリセットされるが、ほかのワーム同様、《W星雲隕石》との相性は良い。
 《ワーム・クィーン》リクルートする事で間接的にこのカードディスアドバンテージなしで展開可能。
 《ワーム・ゼクス》から《リビングデッドの呼び声》などで蘇生する事も可能なので、関連するこれらのワームにはある程度デッキスペースを割いておきたい。

 発動後にセット状態になる《くず鉄のかかし》との相性は良く、全体的にステータスの低いこのデッキモンスター戦闘から守りつつカウンターを稼ぐことができる。
 同様に《迷い風》の再セット効果とも相性が良く、《王宮の鉄壁》との併用で何度でも再利用できる。
 《オネスト》による牽制も効いてくるので、自身の上級モンスターとしての低ステータスもあまり気にする必要がないのが大きい。

《ワーム・ゼロ》

 ※《未来融合−フューチャー・フュージョン》禁止カードとなっていたため構築は不可能となっていたが、エラッタが行われ制限解除後は再び構築が可能になった。

 《ワーム・ゼロ》融合召喚に特化したデッキタイプ。
 融合素材ワームは数ではなく種類を参照するため、必然的に6種類以上のワームで構築する必要がある。

 基本的には《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるデッキ融合《死魂融合》による墓地融合を狙っていくことになる。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》はタイムラグこそあれど大量のワーム墓地へ送ることができるため、後々の《死魂融合》発動にも繋がる。
 ただし、《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動がことごとく阻止された場合も考え、《死魂融合》のみでも融合召喚できる構築も考えておきたい。
 また、2種類のみの効果を使う場合は《融合》を使った手札フィールド融合を狙うのも手だろう。
 ステータスも低く、除去されやすいが、《死魂融合》での融合召喚時に融合素材の種類を増やせる。

 メインデッキワーム墓地を肥やす事に秀でた《ワーム・ゼクス》《ワーム・クィーン》等を採用したい。
 また、通常モンスター《ワームドレイク》融合素材として他のワームにできない働きが見込める。
 《レスキューラビット》《予想GUY》でのリクルートや、《苦渋の決断》によるサーチ墓地肥やしにも対応する。
 加えて《ワームドレイク》2体で《始祖竜ワイアーム》融合素材にもなる。

 融合召喚後は得られた効果をフルに活用してアドバンテージを稼いでいく。
 6種類の時点で攻撃力は3000なのでアタッカーも兼任でき、レベル10なので《神縛りの塚》耐性を与えるのも良い。
 ただし《死魂融合》墓地ワームを根こそぎ除外した場合、蘇生効果除去効果が使えなくなる点は気をつけたい。

 《チェーン・マテリアル》を利用した無限ドローによる1ターンキルについては【マテリアル1キル】を参照。

このデッキの弱点

 リバースモンスターリバース効果を持つワームが苦手とするカードが天敵となる。
 モンスター魔法・罠カードともにセットを多用するデッキなので、それらを阻害する《ダーク・シムルグ》《聖なる輝き》は厄介と言える。
 これらに対しては《毒蛇の供物》で処理していきたい。

 一方で《抹殺の使徒》リバースモンスターを根こそぎ除外されることもあり、こちらの対策はカウンター罠くらいしかない。
 またモンスター効果には、ワームでかつ「爬虫類族」であることを必要とするものが多い故に、《アンデットワールド》との相性は最悪。
 《ワーム・キング》《毒蛇の供物》使用不能になるため、素早く《ハーピィの羽根帚》《ツインツイスター》等で処理しないとかなり危険である。

 他にもこのデッキの性質上、大量展開や劣勢時の切り返しをあまり得意としていない為、相手モンスター大量展開と一斉攻撃の前に押し切られてしまうケースも考えられる。
 その為、どのような軸で構築するにせよ対抗手段となるカードの投入は必須となる。

代表的なカード

関連リンク

広告