【ワーム】

デッキの概要

 DUEL TERMINALで登場したワームをメインに置いたデッキ
 全体的にステータスは低めだが、リバースした場合の効果によるトリッキーな動きで相手を翻弄する。
 効果モンスターメインデッキに入る物だけで25種類存在するため、デッキを組むにあたり、どのようなワームが存在しているのかを把握しておく必要がある。

《ワーム・ゼクス/Worm Xex》
効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「ワーム」と名のついた爬虫類族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
自分フィールド上に「ワーム・ヤガン」が存在する場合、
このカードは戦闘では破壊されない。
《ワーム・ヤガン/Worm Yagan》
効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1000/守1800
自分フィールド上のモンスターが「ワーム・ゼクス」1体のみの場合、
このカードを墓地から裏側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。
このカードがリバースした時、相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。
《W星雲隕石/W Nebula Meteorite》
通常罠
フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に表側表示で存在する
爬虫類族・光属性のモンスターを全て裏側守備表示にし、
その枚数分だけ自分のデッキからカードをドローする。
その後、自分のデッキからレベル7以上の
爬虫類族・光属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 ワーム下級モンスターにはステータスの低いものが多く、一部を除いて戦闘にはあまり向いていない。
 自身の効果上級モンスターリリースを確保したり、デッキ回転などを補助する役割が主となるだろう。
 特に《ワーム・ゼクス》《ワーム・カルタロス》は、どの上級ワームを軸に置いても、デッキ回転の手助けとなる。

ワーム下級モンスター

ワーム上級モンスター

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

デッキの種類

《ワーム・キング》

 高い攻撃力召喚のしやすさ、そして優秀な除去効果をもった《ワーム・キング》を軸に置く構築。
 《ワーム・ジェートリクプス》《ダメージ=レプトル》《シャインエンジェル》等を利用し、とにかくリリース要員を確保するのが重要になる。
 爬虫類族に統一すれば、《ワーム・ゼクス》落とし《ワーム・クィーン》《ヴァイパー・リボーン》蘇生させることで、即座に特殊召喚することも出来る。

 ただし、ワームに限らず爬虫類族自体の展開力が充実していないので、効果の発動がしにくい。
 さらに、効果によって自分ボード・アドバンテージも削るため、除去された後の切り返しが難しいのが難点。
 これには《邪龍アナンタ》《毒蛇王ヴェノミノン》など裏の切り札となるカードを入れておくことで対策したい。
 これらはレベル8なので、《ワーム・キング》《ワーム・クィーン》共々《トレード・イン》にも対応している。

《ワーム・イリダン》

 自分カードセットされる度に発生するワームカウンター除去効果を発揮する《ワーム・イリダン》を軸に置く構築。
 サイクル・リバースとの相性は良いが、このカードの展開および防御と並行する必要があり、相性の良いものは限られる。
 維持すればするほど、防御カードを呼び込みやすくなる《デス・ラクーダ》ステータスが高くアドバンテージを稼ぎやすい《ギアギアーマー》の2種が使いやすい。
 《岩投げエリア》を防御手段としつつ、《番兵ゴーレム》を採用するのも手か。
 後者はデッキスペースを圧迫するが、エクシーズ召喚に繋ぎやすく、このデッキと相性の良い《発条機甲ゼンマイスター》《フォトン・バタフライ・アサシン》《No.39 希望皇ホープ》等を使い分けられる。

 《ギアギアーマー》効果と同時利用できないが、エクシーズ召喚に特化するならば《墓守の偵察者》《カオス・インフィニティ》機皇兵の組み合わせも一考に値する。
 この場合《A・ジェネクス・バードマン》を交えやすく、一度表側表示になったモンスターの再度セットを狙いつつ、シンクロ召喚が可能になる。
 機械族では《カラクリ将軍 無零》光属性では《A・ジェネクス・トライフォース》が利用でき、後者はカウンターを稼ぐ助けにもなる。
 《ギアギガント X》からサーチできる点もありがたいが、全体的にエクストラデッキを圧迫しやすいので注意が必要である。

 自身のカウンターこそリセットされるが、ほかのワーム同様、《W星雲隕石》との相性は良い。
 《ワーム・クィーン》リクルートする事で間接的にこのカードディスアドバンテージなしで展開可能。
 《ワーム・ゼクス》から《リビングデッドの呼び声》などで蘇生する事も可能なので、関連するこれらのワームにはある程度デッキスペースを割いておきたい。

 発動後にセット状態になる《くず鉄のかかし》との相性は良く、全体的にステータスの低いこのデッキモンスター戦闘から守りつつカウンターを稼ぐことができる。
 《オネスト》による牽制も効いてくるので、自身の上級モンスターとしての低ステータスもあまり気にする必要がないのが大きい。

《ワーム・ヴィクトリー》

 墓地ワームの数に比例して攻撃力が上昇し、リバース時に全体除去もできる《ワーム・ヴィクトリー》を軸に置く構築。
 ワームの名を持つ爬虫類族を素早く墓地に用意し、このカードデッキ墓地から特殊召喚して、パワーでフィールドを制圧する。
 まずは《ダメージ・コンデンサー》《リミット・リバース》等、このカード特殊召喚するための特に扱いやすいカードを投入。
 《毒蛇王ヴェノミノン》と違いモンスター効果でも特殊召喚できるため、《シャインエンジェル》によるリクルートも有効である。
 そして従来の【ワーム】でも多く使われる《浅すぎた墓穴》《月の書》等を複数投入すれば、蘇生リバース効果発動も補助できる。
 攻撃力はあっという間に最上級モンスターの基準値を越え、さらにいくつもの特殊召喚パターンを持つこのカード相手にとって脅威だろう。

 ただし《ワーム・キング》《ワーム・イリダン》と比べると、除去効果が若干使い辛い点と、墓地依存なので弱点が多めであることに注意。

《ワーム・ゼロ》

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》によって、このカードを指定して大量のワーム墓地へ送り、強力な《ワーム・ゼロ》で戦うデッキ
 《ワーム・ヴィクトリー》軸の派生でもあり、融合召喚に失敗してもそちらで十分戦える。
 最初からこのカードフィールドでの活躍を捨て、《ワーム・ヴィクトリー》の強化のためだけに存在するものと考えた運用も良いだろう。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》は、《封印の黄金櫃》等によって素早く手札に加えたい。

 また採用するワームの種類が前述のものだけでは物足りない場合、《ワーム・アポカリプス》《ワーム・ソリッド》等のピン挿しがお勧め。
 攻撃力を重視するなら、《ワーム・ディミクレス》《ワーム・ルクイエ》辺りを1〜2枚投入しておけば、邪魔にはならないだろう。

 ※《未来融合−フューチャー・フュージョン》禁止カードとなっていたため上記の構築は不可能となっていたがエラッタが行われ使用が可能になったため再び構築が可能になった。

 《チェーン・マテリアル》を利用した無限ドローによる1ターンキルについては【マテリアル1キル】を参照。

 これら以外にも、《融合》《融合解除》《融合回収》《光の召集》を投入することで、より特化したデッキにすることもできる。

【メタビート】

 現環境で非常に多くの種類が存在する光属性軸の【メタビート】を、さらにワーム軸にしたデッキ
 基軸となるワーム《ワーム・ヤガン》《ワーム・ゼクス》や、それをサーチすることができる《ワーム・カルタロス》の3種類。
 それ以外は、《ワーム・キング》《ワーム・テンタクルス》が採用候補に挙がる。
 《ワーム・ゼクス》から《ワーム・ヤガン》墓地に落とし、自身の効果蘇生させ、効果で相手モンスターバウンスすることを軸に動いていく。

 【ガジェット】と同じく、サーチが豊富なためにモンスターに分ける枠が少なくてよいため、除去系のカードを大量に積み込めるのが強み。
 さらに《W星雲隕石》の登場で、自分からドローしていけるため、除去系のカードそのものを手札にいれやすい。

このデッキの弱点

 モンスター魔法・罠カードともにセットを多用するデッキなので、それらを阻害する《ダーク・シムルグ》は天敵ともいえる存在。
 《ダーク・シムルグ》よりはましだが、《聖なる輝き》なども、《ワーム・カルタロス》《ワーム・ジェートリクプス》腐らせるため要注意である。
 他にも、《抹殺の使徒》で重要なリリース要員である《ワーム・ジェートリクプス》を全て除外されるとかなり痛い。
 またモンスター効果には、ワームでかつ「爬虫類族」であることを必要とするものが多い故に、《アンデットワールド》との相性は最悪。
 《ワーム・キング》《毒蛇の供物》使用不能になるため、素早く《ワーム・イリダン》などで処理しないとかなり危険である。
 他にもこのデッキの性質上、大量展開や劣勢時の切り返しをあまり得意としていない為、相手モンスター大量展開と一斉攻撃の前に押し切られてしまうケースも考えられる。
その為、どのような軸で構築するにせよ対抗手段となるカードの投入は必須となる。

代表的なカード

関連リンク

広告