仮面魔獣(かめんまじゅう)デス・ガーディウス】

デッキの概要

 円滑に《仮面魔獣デス・ガーディウス》特殊召喚し、ビートダウンコントロール奪取効果を駆使するデッキ
 召喚条件こそ厳しいが、《仮面魔獣デス・ガーディウス》種族属性共に恵まれている。
 特殊召喚した後は蘇生制限を満たすため蘇生帰還が容易となり、立ち回り次第でかなりの制圧力が期待できる。

《仮面魔獣デス・ガーディウス/Masked Beast Des Guardius》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3300/守2500
このカードは通常召喚できない。
「仮面呪術師カースド・ギュラ」「メルキド四面獣」の内いずれかを含む
自分フィールドのモンスター2体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
デッキから「遺言の仮面」1枚を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
《仮面呪術師カースド・ギュラ/Grand Tiki Elder》
通常モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 800
呪いの呪文で相手を念殺する、仮面モンスター。
《メルキド四面獣/Melchid the Four-Face Beast》
通常モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1200
4つの仮面を切り替えながら、4種類の攻撃をしてくる化け物。
《遺言の仮面/The Mask of Remnants》 
通常魔法
(1):このカードをデッキに戻してシャッフルする。
(2):このカードが「仮面魔獣デス・ガーディウス」の効果で装備されている場合、
装備モンスターのコントロールを得る。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

キーカードとなるモンスター

《仮面呪術師カースド・ギュラ》《メルキド四面獣》を含めた展開をサポートするモンスター

《仮面魔獣デス・ガーディウス》サーチするモンスター

悪魔族に関連する効果を持つモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキについて

 《仮面魔獣デス・ガーディウス》コントロール奪取効果は、融合シンクロリンク素材に使用しても発動できるので、《仮面魔獣デス・ガーディウス》を素材にできるモンスターを何体か用意する。
 また、《仮面魔獣デス・ガーディウス》コントロール奪取効果魔法カード効果耐性を持つモンスターには通じないため、それらはエクストラデッキモンスターで対策したい。

融合モンスター

シンクロモンスター
 前述の通り《仮面魔獣デス・ガーディウス》シンクロ素材にすることでも効果の発動を狙える。
 チューナーエクストラデッキに余裕があるなら採用を検討する程度の認識で良いだろう。

エクシーズモンスター
 《レスキューラビット》等の存在からランク4が中心となる。
 また、《魔界発現世行きデスガイド》《エッジインプ・シザー》を採用する場合はランク3も採用候補となる。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

《仮面魔獣デス・ガーディウス》サポートカード

リリースの展開補助

蘇生カード

通常モンスターサポートカード

ドローカード

―その他のカード

戦術

 《仮面魔獣デス・ガーディウス》リリースの確保は比較的容易になっており、むしろサーチ手段の乏しい《仮面魔獣デス・ガーディウス》をいかに素早く手札に用意するかが鍵となる。
 特殊召喚に成功した《仮面魔獣デス・ガーディウス》蘇生帰還が可能であり、蘇生カードを駆使すれば使いまわすことも容易なので、とにかく《仮面魔獣デス・ガーディウス》を場に出そう。

 《仮面魔獣デス・ガーディウス》コントロール奪取効果は、融合シンクロリンク素材リリース等に使った際にもタイミングを逃すことなく発動できるため、壊獣等のリリース《超融合》に巻き込まれても問題なく効果発動できる。
 ただ、効果相手に筒抜けである以上、奪われて困るモンスターがいる状態で除去戦闘破壊を狙ってくることは考えれないので、自分のターンに素材やリリースに使うことで能動的に効果を使うことも視野に入れておこう。
 また、奪ったモンスター《遺言の仮面》破壊されれば簡単に奪い返されてしまうため、奪い返されて面倒なモンスターはやはり素材やリリース等でさっさと処理してしまおう。
 どちらの場合でも、素材の指定の緩い融合リンクモンスターが扱いやすく、《仮面魔獣デス・ガーディウス》特殊召喚が出来ない場合にも備えてエクストラデッキに用意しておこう。

デッキの弱点

 墓地モンスター蘇生や、《遺言の仮面》発動する為に《仮面魔獣デス・ガーディウス》墓地へ送る必要があるため、《マクロコスモス》などでモンスター除外してくるデッキには分が悪い。
 また、特殊召喚に大きく依存するデッキであるため《虚無魔人》などを出されてしまっては何もできない。
 《サンダー・ブレイク》などで対処していきたいところ。

 ロックデッキバーンデッキ《仮面魔獣デス・ガーディウス》破壊されても《遺言の仮面》対象となるモンスターが不在になることが多いため分が悪い。

 攻撃時の《オネスト》《BF−月影のカルート》による《仮面魔獣デス・ガーディウス》の返り討ちにはそれほど警戒する必要は無い。
 戦闘破壊されても効果の対象になったモンスター《遺言の仮面》対象にする事で上昇した攻撃力で追撃できる。
 むしろ戦闘破壊耐性を持ったモンスターの方が高い攻撃力を活かせないため厄介だと言える。

代表的なカード

関連リンク

広告