除去

 主に何らかの方法でカードフィールドから離れさせることを意味する非公式用語。
 当wikiで単に「除去」と言えばモンスター除去を指す事が多いが、魔法・罠除去や種類を定めない除去も多数存在する。
 除去を行う効果を持つカードを「除去カード」と称する事も多い。

 遊戯王OCGでは多数の除去カードが存在しており、殆どのデッキには何かしらの除去手段が投入されている。
 当ゲームは一般的にモンスター戦闘ダメージで勝利を狙うビートダウンが中心であり、当然相手デッキビートダウンである事が多い。
 よって、相手のモンスターを除去して戦闘ダメージを与えやすくすることは必須技能とも言え、同時に相手からの除去を防ぐ手段もまた重要となる。
 【カウンタービート】のようにカウンターを多用したり、【お触れホルス】のように効果を受けない効果無効にするモンスターを軸にするのが、その代表例だろう。
 多数のモンスターを展開してアドバンテージを稼ぎ、単体除去によるディスアドバンテージを軽減する事で、相対的に除去による被害を減らすデッキもある。

  • 除去のおおまかな種別・用途
破壊
最も一般的な除去手段であり該当カードも最も多い。
一方で《スターダスト・ドラゴン》《大革命返し》などメタカードも数多く存在する。
マジェスペクターの様にカテゴリ単位で効果破壊耐性を持っていたり、《ネフティスの鳳凰神》《ヴァンパイア・ロード》の様に破壊後に自己再生可能なモンスターも存在する。
良くも悪くも対処しやすい(対処されやすい)除去手段と言える。
なお、殆どは破壊された後は墓地へ送られるが、《奈落の落とし穴》の様に破壊後に墓地以外の場所へ送るカードも少数存在する。
バウンス
特定の場所にカード戻す除去手段であり、戻す場所によって以下に細分化される。
相手墓地を肥やすこともなく、特殊召喚モンスター蘇生制限リセットするので蘇生帰還を許さない利点がある。
なお、融合シンクロエクシーズリンクモンスター及びフィールドペンデュラムモンスターはいずれの場合でもエクストラデッキ戻る事になる。
除外
一般的には「表側表示での除外」を指す。
除外されたカードを再利用する手段は墓地カードよりは少なく、墓地アドバンテージも与えないため、除去の中でも比較的強力。
破壊された場合・墓地へ送られた場合に効果発動するカードや、墓地発動する効果を持つカードにとっては天敵といえる除去方法である。
直接的なメタカード《王宮の鉄壁》など少数しか存在しないが、帰還カード除外したカードを回収する手段自体は着実に増えてきてはいる。
墓地へ送る
破壊を介さずに直接墓地へ送る除去。
直接的なメタカードはほぼ存在しないが、墓地へ送られた場合の効果トリガーにはなってしまう。
リリースする
カードの効果としてリリースする場合とコストとしてリリースする場合に分かれる。
壊獣のように相手モンスターコストリリースする方法は、効果を受けないモンスターも除去できる上に防ぐ手段も極限られるため優秀な除去手段である。
(なお、ややこしいが《帝王の烈旋》《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》リリースそのものは効果によるものではないが、カードの効果を受けないモンスターリリースできない。)
直接的な耐性を持つモンスターメタカードの数は少ないが、《生贄封じの仮面》環境次第ではサイドデッキに積まれやすい。
コントロールを得る(コントロール奪取
相手モンスターを減らしつつ自分モンスターを増やす除去。
2枚のボード・アドバンテージを得られるので強力な除去だが、それ故に永続的にコントロールを得るカードは少ない。
期間が定められている場合は各種素材やコストに当ててコントロールを返さないようにするのが一般的である。
装備カード
《サクリファイス》等のように相手モンスター装備カードにする除去。
装備カードになったモンスター装備魔法扱いとしてフィールド上に残るため、墓地を肥やさず蘇生などを一時的に妨害できる。
エクシーズ素材
《No.101 S・H・Ark Knight》等の一部のエクシーズモンスターに見られる相手カードを自身のエクシーズ素材にする除去。
上記の「コントロール奪取」や「装備カード化」に比べ、除去後の処理でもフィールド離れる瞬間がないのが特徴。
このためフィールド離れた時(場合)の効果トリガーにならないという利点がある。
各種特殊召喚の素材にする
融合シンクロエクシーズ召喚といった各種特殊召喚の素材に相手モンスターを利用する除去。
《超融合》《SRアクマグネ》等が例に挙げられるのだが、その相手モンスターを素材に使える各種モンスターが用意されていなければならない。
故に縛りの緩い融合素材を持つ融合モンスターを採用しておくなど、デッキエクストラデッキの構築を多少意識する必要がある。
なお、多くのカード効果で素材にするが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》機械族の様に効果ではない方法で素材にできるカードも少数存在する。
プレイヤーに行為を強要させる
《痛み分け》等の「プレイヤーは◯◯しなければならない」とテキストに記載された除去手段。
これらはモンスターでなくプレイヤーに影響を与える効果であるため、カードの効果としては扱われない。
故にモンスターの持つ耐性を無視して除去できる上に、カードの効果墓地へ送られた事にもならない。
  • なお、アニメDMの「バトルシティ編」は原作と異なり、除去魔法カードが禁止だと示されていない。(該当部分はバーン魔法カードのみが言及されている。)
  • アニメGXに登場するヨハン・アンデルセンは、カウンター以外で除去カードを投入していないことを公言している。
    これ以外にも、明言はされていないが確認できる範囲で除去カードが無いデュエリストはどの作品にも複数存在し、アニメ・漫画における除去の普及率の少なさを物語っている。
  • シリーズ5作目のARC-V以降は劇中で「除去」という単語が実際に用いられる様になった。
    初出は第21話に登場した雑誌「Dステップ」において「《スナイプストーカー》の強力除去効果」という一文。
    デュエルでの初登場は「遊矢(ユート)vsセレナ&瑠璃」戦における瑠璃の台詞である。

関連リンク


除去デッキ

 除去デッキとはモンスター除去を大量に積んだデッキのこと。
 相手モンスター攻撃召喚を潰すことで自分モンスター戦闘で破壊されないようにして戦う。
 ビートダウンバーンデッキデス特殊勝利のいずれのデュエルの勝利条件を狙うにしても罠カードが主体のデッキである。
 最もに頼る構成になるデッキの1つは【除去反転】である。

 また、ビートダウンの除去デッキでは、となるモンスターを能動的に除去できる魔法カードを使うことが多い。
 その他の除去デッキでもモンスターの大量展開を防ぐために多少なり積むことがある。
 《魂を削る死霊》が軸の【除去ハン】ではこちらになりやすい。

 戦闘破壊を封じ込めるだけでなく、こちらから戦闘破壊を行い戦闘ダメージを狙う除去デッキも存在する。
 それは【除去ガジェット】《黒蠍−棘のミーネ》《首領・ザルーグ》主体の【除去ハン】である。
 その場合は相手モンスター攻撃力を減少させる、戦闘補助の速攻魔法罠カードが投入される。
 詳しくは戦闘破壊を参照。

関連リンク

広告