情報アドバンテージ

 手札セットカードデッキ等の非公開情報の内容を知ることで得られるアドバンテージのこと。

 直接的なアドバンテージではないが、相手デッキや戦況を把握し効果的に対処できるようになることから、重要度は高い。
 自分から《パトロール・ロボ》等を使って得るだけでなく、相手サーチカードやプレイングで得られる場合もある。
 無論、情報を取得できてもそれに対抗する手段がなければ活かせないので、情報を得るためにカード・アドバンテージを消費するのは得策ではなく、ウイルスカード等で副次的に取得することが望ましい。

 情報アドバンテージをどれだけ活かせるかは、各自の知っているカードデッキの量に依存する部分も多い。
 特に、汎用性よりも専用のシナジーを重視したテーマデッキ等では、その特有の動きやカードを知っていなければマストカウンターは難しい。
 カードの名称や個別の効果はわかっても、相手がそれをどう使うかを読めなければ、最大限に活かすことはできなくなる。
 認知度・流行度の低い地雷デッキであればサイドデッキに対策がない場合も多く、その場での判断力が勝敗の重要な要素となる。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作・アニメでは相手が使用したカードの効果が知られていない場合が多く、それらが勝敗を左右する場面が多々あるため、情報アドバンテージは重要視される。
    闇マリクの《ラーの翼神竜》はその典型例であり、テキストが自分だけが読める古代神官文字で記載されていることを最大限に利用してデュエルを有利に運んでいた。
    逆に、お互いが効果を知っている場合や相手に情報アドバンテージをとられた場合、それを逆手にとって反撃する場面も多い。
    また、ペガサス、絽場、カミューラ、鷹栖、シェリー(漫画版)、ハートランド(漫画版)など多くの登場人物がカードの効果以外の方法で情報アドバンテージを得ている。
    これらの行為には反則に含まれるものもあるが、ペガサスは遊戯以外に敗れたことはなく、絽場は竜崎に完勝しているなど、情報アドバンテージの重要さが描写されている。
  • 一方で、得られたであろう情報アドバンテージが活かされないケースもある。
    アニメ5D'sでは龍亞が見ている雑誌にチーム・ラグナロクの使用する三極神の情報がテキスト付で掲載されていたがそれを確認していなかったのか、デュエルでは三極神自己再生効果に度肝を抜かれている。

関連リンク

―非公開情報確認できる効果を持つカードは「ピーピング」を参照。

広告