これらのキーワードがハイライトされています:見習い

見習(みなら)魔術師(まじゅつし)/Apprentice Magician》

効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 400/守 800
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
フィールド上に表側表示で存在する魔力カウンターを
置く事ができるカード1枚に魔力カウンターを1つ置く。
このカードが戦闘によって破壊された場合、
自分のデッキからレベル2以下の魔法使い族モンスター1体を
自分フィールド上にセットする事ができる。

 黒魔導の覇者で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 魔力カウンターを乗せる誘発効果レベル2以下の魔法使い族モンスター裏側守備表示リクルートする誘発効果を持つ。

 リクルートできる魔法使い族レベル2以下と狭いが、種類は多く、活用できるモンスターは多い。
 同名カードを出しとする、《ものマネ幻想師》で次のターン攻勢を仕掛ける、《執念深き老魔術師》除去する、《魔導書士 バテル》《水晶の占い師》サーチする、《ナイトエンド・ソーサラー》シンクロ召喚に繋ぐ、《聖なる魔術師》魔法カードを回収するなど、活躍の幅は広い。
 特定デッキキーカードである《シンクロ・フュージョニスト》《フォーチュンレディ・ライティー》《白魔導士ピケル》《黒魔導師クラン》《ミラクル・フリッパー》《ネフティスの導き手》などもリクルートできる。
 《魔導書院ラメイソン》からリクルートしやすいサイズであるため、後続に繋ぐことでフィールド魔法使い族を要求するカード腐るのを防ぐ事もできる。

 他のリクルーターと異なり裏側守備表示リクルートを行うため、リバース反転召喚時の効果が利用できる事に加え、いくらかの除去手段を回避する事もできる。
 一方、自爆特攻から特殊召喚したモンスターを即座に利用することができず、自身の攻撃力も低いため反射ダメージも大きい。
 受動性が高いので、待機している間にリクルート先をドローしてしまう事もあるため注意。
 戦闘破壊が行われにくい環境で用いる場合は、上記の魔力カウンターシンクロ素材エクシーズ素材など他の役割に転用できる構築を行いたい。

 リクルーターとしては珍しく、魔力カウンターを乗せる誘発効果も兼ね備えている。
 ただし、このカードは主にリクルート効果を狙うためにセットすることが多い。
 リクルートした2体目以降が反転召喚した場合に適用できる機会はあるため、【魔力カウンター】で採用の余地はある。

関連カード

デッキから特殊召喚可能なレベル2以下の魔法使い族モンスター一覧

収録パック等

FAQ

Q:この特殊召喚表示形式はどうなりますか?
A:裏側守備表示です。なお、レベル2以下の魔法使い族であることをお互い確認してから、セットします。

Q:戦闘破壊されたこのカードダメージ計算後《御前試合》によって墓地へ送られた場合、このカードの効果発動できますか?
A:戦闘によって破壊された扱いとならないため、発動できません。(14/06/27)

Q:《異次元の狂獣》等に戦闘で破壊され、効果でゲームから除外された場合、効果発動できますか?
A:はい、発動することができます。(09/04/05)

Q:戦闘破壊されたこのカード《超念導体ビヒーマス》効果除外された場合は発動できますか?
A:発動できます。(16/04/18)

Q:《グレイヴ・キーパー》が存在する時に戦闘で破壊されデッキに戻った場合、効果発動できますか?
A:デッキに戻った場合は、効果発動できません。(09/07/18)

Q:魔力カウンターを乗せる効果は、召喚時に魔力カウンターを載せられる対象が無くても発動しますか?
A:はい。発動し、チェーンブロックが作られます。(07/12/17)


Tag: 見習い魔術師》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 魔法使い族 攻400 守800

広告