《ワン・フォー・ワン/One for One》

通常魔法(制限カード)
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

 RAGING BATTLEで登場した通常魔法
 レベル1のモンスターを、手札またはデッキから特殊召喚できる。

 レベル1限定だが、召喚制限がないモンスターならば手札デッキから特殊召喚できる。
 手札からも出せるが、特に理由がなければディスアドバンテージの少ないデッキから特殊召喚するのが通常である。
 フィールドの状況を問わず召喚権の消費無しでレベルモンスターを持ってこれるため、レベル1のモンスターが鍵を握るデッキでは必須カードに近い扱いを受ける。
 以下のような相性の良いデッキがある。

  1. リクルートしづらい攻撃力「?」の《フォーチュンレディ・ライティー》を擁する【フォーチュンレディ】
  2. 《ワイト》による墓地肥やしと、《ワイトキング》特殊召喚を同時にできる【ワイト】
  3. 手札を処理しつつ、《インフェルニティ・リベンジャー》《インフェルニティ・リローダー》《インフェルニティ・ミラージュ》を使い分けられる【インフェルニティ】
  4. 《黄泉ガエル》等のリリース要員・シンクロ素材特殊召喚できる【帝コントロール】
  5. 《サイバー・ヴァリー》《チューニング・サポーター》特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》《機械複製術》コンボできる【機械族】
  6. 《エレキリギリス》ロックをかけることが勝利へ繋がる【エレキ】
  7. 契約書サーチできる《DD魔導賢者ケプラー》や再利用できるチューナー《DDラミア》を擁する【DD】

 また、シンクロ召喚レベルモンスターが必要となる《フォーミュラ・シンクロン》ランクエクシーズモンスターとの相性も良い。
 《ジェット・シンクロン》等のレベルチューナーを始め、臨機応変にシンクロ素材を選べるようになる。
 《スポーア》ならば自己再生効果に繋ぐこともできる。

 手札コストにするモンスターは、できれば《ボルト・ヘッジホッグ》のように墓地にある事がメリットとなるカードにしたい。
 あるいは、後々蘇生する機会のあるモンスター墓地へ送っておくのも良い。
 上述した《ジェット・シンクロン》《スポーア》等は手札コストとしても有用である。

  • カード名の由来は、スポーツ等で良く使われる格言「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」から、もしくは錬金術の格言「一は全、全は一」であろう。
    前者は「1人はみんなのために、みんなは1人のために」と訳され、チームと個人との理想的な関係を示した言葉である。
    ただし、この言葉の元となった小説『三銃士』では、最後の「ワン」は本来「Victory=勝利」を意味するとされている。
    後者はヘルメス哲学の一文であり、錬金術の基礎とされている。
    このカードにおいては、1枚の手札から、レベルモンスターへと繋ぐことを意味するのであろう。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsMr.ハートランド」戦においてMr.ハートランドが使用した永続罠《インフェクション・ミーディアム》のイラストがこのカードに酷似している。
    飛び出しているのはレベル1のモンスター、倒れているのも同じ暗黒界であり、意識してデザインされたのだろう。
  • アニメARC-Vの第62話でエンジョイ長次郎の取り巻きが看守を静めるためにバラ巻いたカードの一枚。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ワン・フォー・ワン》 魔法 通常魔法

広告