神炎皇(しんえんおう)ウリア/Uria, Lord of Searing Flames》

特殊召喚・効果モンスター
星10/炎属性/炎族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示の罠カード3枚を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の永続罠カードの数×1000アップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードを破壊する。
この効果の発動に対して魔法・罠カードは発動できない。

 SHADOW OF INFINITYで登場した炎属性炎族特殊召喚モンスター
 表側表示罠カード3枚を墓地へ送る召喚条件自分墓地永続罠の枚数分攻撃力自己強化する永続効果魔法・罠カードチェーンさせずにセットされた魔法・罠カード1枚を破壊する起動効果を持つ。

 三幻魔の1体であり、召喚条件表側表示罠カード3枚の墓地送り
 デッキの多くを永続罠で固めた特化デッキであれば難しくない条件と言える。
 ただ、特定の種類のカード3枚分のディスアドバンテージは大きく、また罠カードの性質上1ターン目に出す事が難しい。
 サポートカード《ハイパーブレイズ》があればセット状態含む罠カード全般をコストにできるようになり、墓地発動できる罠カードなどを使えば消費は抑えられる。

 三幻魔サポートカードである《暗黒の召喚神》《混沌の召喚神》を使えば召喚条件を無視して特殊召喚できるが、永続罠墓地になければ攻撃力に期待できず、《ハイパーブレイズ》の(3)の効果による蘇生ができない。
 このカードを主力のアタッカーとする【神炎皇ウリア】では正規手順で、他のモンスターとも共存させる【三幻魔】では《暗黒の召喚神》《混沌の召喚神》特殊召喚することになる。

 (1)は墓地永続罠×1000の攻撃力を得る効果
 正規手順で特殊召喚した場合は、最低でも攻撃力3000を確保できる。
 自己強化効果の効率は良く、デッキカードの種類永続罠に特化して墓地を肥やす事ができれば、10000以上の攻撃力も視野に入る。
 特化すれば高攻撃力を得られる一方、正規手段での特殊召喚を狙わない【三幻魔】では攻撃力が低くなりやすく、使い捨ての《魔導戦士 ブレイカー》のような運用が主となりやすい。
 なお守備力は常に0で表示形式変更に弱いので、《失楽園》対象をとる効果への耐性を付与してカバーしておきたい。

 (2)の効果伏せ除去ができ、この効果にはチェーンされないため自力で《天罰》などへの耐性を持っていると言える。
 だが、起動効果特殊召喚してすぐには発動できないため、《奈落の落とし穴》などの特殊召喚反応型罠カードはもちろん、《強制脱出装置》などのフリーチェーン除去も普通に受けてしまう。
 《失楽園》耐性を与えておき、腐っているカードをこの効果で狙い撃ちにする、という運用が主となるだろう。

 採用する永続罠については、自身や三幻魔サポートカードである《ハイパーブレイズ》《覚醒の三幻魔》が最優先。
 【三幻魔】ではこれ以外の永続罠の優先度は低いが、【神炎皇ウリア】ではより高い攻撃力を得るため大量の永続罠を搭載する。

 罠カード主体のデッキモンスター不足に陥りやすいため、永続罠罠モンスターを使うのが良い。
 特に扱いやすいのが黄金郷罠モンスターで、黄金郷エルドリクシルが相互にサーチできる関係にあるためディスアドバンテージになりにくい。
 黄金郷永続罠墓地から除外してサーチを行うので高攻撃力は狙いにくいが、安定性の高いデッキ構築ができる。
 《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》とその効果墓地へ送ることのできる《幻影騎士団サイレントブーツ》を併用するのも良く、ファントム永続罠を2枚セットできる。
 レベル10の罠モンスター《メタル・リフレクト・スライム》は、《覚醒の三幻魔》の(2)の効果《七精の解門》の(3)の効果のトリガーになる。

 その他の永続罠としては、永続罠の全般の場持ちを向上させる《宮廷のしきたり》が優秀。
 ほか有用な永続罠としては、《魔封じの芳香》《暗黒の呪縛》《モンスターBOX》《旅人の試練》《デモンズ・チェーン》等。
 破壊以外の方法で蘇生したモンスターフィールドに存在しなくなると無意味にフィールドに残る《リビングデッドの呼び声》等も活用できる。
 《スクリーン・オブ・レッド》攻撃ロックができ、罠モンスターを用いずとも防御しやすい。
 爆発力を求めるなら《名推理》《モンスターゲート》を使うのも手。

  • 2019年7月28日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第4期投票では第2位にランクインした。
  • カード名の由来は「ウリエル(Uriel)」だろう。
    ウリエルはミカエルラファエルガブリエルなどと同じ四大天使の1人。
    「神炎皇」は、ウリエルに与えられた称号「神の炎」から採られたものだと考えられる。
  • 初登場時の効果は以下のようになる。
    自分フィールド上の罠カード3枚を墓地に送った場合に特殊召喚する事ができる。
    1ターンに1度だけ、相手フィールド上にセットされている罠カード1枚を破壊する事ができる。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    罠の効果を受けず、魔法・効果モンスターの効果は発動ターンのみ有効となる。
    このカードの攻撃力・守備力は自分の墓地の罠カード1枚につき1000ポイントアップする。
    このカードが墓地に存在する時、手札の罠カードを墓地に送ることで、
    墓地のこのカードを特殊召喚することができる。
    このターン、自分フィールド上に他のモンスターが存在する場合、
    このカードは攻撃をすることができない。 
  • デュエルリンクスでは「決闘年代記GX デュエルアカデミア入学!」の最終ステージ「三幻魔」の最初の敵として登場。
    シナリオ上ではアニメ同様影丸がこのカードを使用したということになっているが、実際にデュエルの相手となるのはなんとウリア自身である。
    使用デッキは当然のことながら【神炎皇ウリア】であり、さらに他の2体同様一定ターンが経過すると自身をフィールドに出現させるスキル「炎の皇」を使用する。
    また、《隣の芝刈り》墓地を肥やすなどの工夫も見られるが、他の2体と違い特殊召喚が難しいのか、出される前にデュエルが終わってしまう事も珍しくない。

関連カード

―モチーフ関連

―類似召喚条件・類似効果

―《神炎皇ウリア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

召喚条件について

Q:自分フィールド《スキルドレイン》相手フィールド《大天使クリスティア》表側表示で存在しています。
  自分《スキルドレイン》を含む自分フィールド表側表示永続罠3枚を墓地へ送り《神炎皇ウリア》を特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(11/09/01)

Q:自分フィールド《閃光の追放者》《スキルドレイン》3枚が表側表示で存在しています。
  《閃光の追放者》効果《スキルドレイン》によって無効にされていますが、自分《スキルドレイン》3枚を墓地へ送り《神炎皇ウリア》を特殊召喚できますか?
  特殊召喚できる場合、《スキルドレイン》墓地へ送られますか、それとも除外されますか?
A:《神炎皇ウリア》を特殊召喚する事はできません。(14/01/26)

(2)の効果について

Q:この効果チェーンして発動したモンスター効果チェーンして魔法・罠カード発動できますか?
A:はい、できます。(11/04/15)

Q:《スキルドレイン》等で効果無効になっている場合、この効果チェーンして魔法・罠カード発動できますか?
A:いいえ、「この効果発動に対して魔法・罠カード発動できない。」は効果として扱わないため、チェーンして発動する事はできません。(12/05/26)


Tag: 《神炎皇ウリア》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 炎属性 炎族 攻0 守0 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告