嵐征竜(らんせいりゅう)−テンペスト/Tempest, Dragon Ruler of Storms》

効果モンスター(制限カード)
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
このカード名の(1)〜(4)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札からこのカードと風属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
(2):ドラゴン族か風属性のモンスターを自分の手札・墓地から2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
(3):このカードが特殊召喚されている場合、相手エンドフェイズに発動する。
このカードを手札に戻す。
(4):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した風属性ドラゴン族最上級モンスター
 征竜最上級モンスター共通の効果手札から自身と風属性モンスター墓地へ捨てる事でドラゴン族モンスターサーチする起動効果を持つ。

 レベル7の征竜の共通効果に関しては征竜を参照。
 このカード風属性なので、エンドフェイズ時のバウンストリガー《霞の谷の神風》効果発動させる事ができる。

 (1)の固有効果で、手札から自身と風属性モンスター墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族モンスターサーチできる。
 漠然と使うとディスアドバンテージになる上に、手札コスト風属性が必要なため、《ダーク・アームド・ドラゴン》等の他属性ドラゴン族は併用しにくい。
 そのため、この効果を使うなら(4)の効果でもサーチできる風属性ドラゴン族を多めに入れた方がいいだろう。

 (4)の効果除外された場合もドラゴン族サーチできるが、こちらは風属性ドラゴン族モンスターに限定されている。
 カテゴリとしてはドラグニティがあり、その他では《コアキメイル・ドラゴ》《デブリ・ドラゴン》が比較的優秀な効果ステータスを持っている。
 《真紅眼の飛竜》ならレッドアイズ蘇生も狙える。
 能動的に除外する手段としては、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《封印の黄金櫃》《竜の転生》等が挙げられる。
 《ディメンション・ゲート》なら除外しつつ、自身の効果によるエンドフェイズバウンスを回避可能。

 風属性ドラゴン族が中心の【ドラグニティ】とは強力なシナジーを発揮する。
 展開上重要な《ドラグニティアームズ−ミスティル》サーチに加えて、《ドラグニティアームズ−グラム》特殊召喚コスト除外する事で(4)の効果へ繋げられる。
 【アームド・ドラゴン】では、レベル3・5・7のアームド・ドラゴン・サンダーシナジーがあり、(1)の効果により、あちらの(3)の効果を誘発しつつ、手札ドラゴン族を用意できる。
 中でも《アームド・ドラゴン・サンダー LV5》とは相互にサーチできるため、特に相性が良い。
 【ハーピィ】では、《ハーピィ・チャネラー》と非常に相性が良く、共に並ぶことであちらをレベル7に変えることでランク7をエクシーズ召喚可能な他、《ハーピィ・パフューマー》などの効果も活用できる。

  • 「テンペスト(Tempest)」とは「大嵐・暴風雨」の事。
    イラストでもこうした災を起こしている様が描かれている。

関連カード

―《嵐征竜−テンペスト》の姿が見られるカード

(4)の効果サーチ可能な風属性ドラゴン族モンスター

レベル4以下

レベル5・6

レベル7以上

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

征竜の共通効果については征竜を参照。


Tag: 《嵐征竜−テンペスト》 効果モンスター モンスター 星7 風属性 ドラゴン族 攻2400 守2200

広告