【グレイドル】

デッキの概要

 ディメンション・オブ・カオスで登場した水属性水族グレイドルを中心としたコントロール軸のビートダウンデッキ
 恒常的な相手モンスターコントロール奪取シンクロ召喚を基本とした戦術をとるのが特徴。

《グレイドル・スライムJr./Graydle Slime Jr.》
チューナー・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻   0/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「グレイドル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じレベルの
水族モンスター1体を手札から特殊召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「グレイドル」モンスター1体を特殊召喚する。
《グレイドル・ドラゴン/Graydle Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻3000/守2000
水族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「グレイドル・ドラゴン」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した時、
そのS素材とした水属性モンスターの数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
《グレイドル・インパクト/Graydle Impact》
永続魔法
「グレイドル・インパクト」の(1)(2)の効果は
1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの「グレイドル」カード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分エンドフェイズにこの効果を発動できる。
デッキから「グレイドル」カード1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

 レベル3のグレイドルは、戦闘または特定種類のカード効果破壊され墓地へ送られた場合、相手モンスター装備カードとなりコントロールを奪う効果を持つ。
 この効果を利用して相手モンスターを次々とコントロール奪取して攻めていくのが基本戦術となる。
 自爆特攻自分カードの効果破壊しても効果発動する為、破壊効果を持つカード戦闘ダメージを軽減できるカードとの相性が良い。
 また、グレイドル水属性水族に統一されており、レベルも統一されているものが多いのでそれらのサポートカードも採用したい。

メインデッキモンスターについて

グレイドルモンスター

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

シンクロモンスター
 《グレイドル・スライムJr.》効果レベルの関係上、レベル5と8の水属性が中心となりやすい。
 レベル8ならば《グレイドル・スライム》でも出しやすいので水属性以外も採用できる。
 《ジェネクス・コントローラー》《幽鬼うさぎ》を採用する場合は、《クレーンクレーン》から繋げられるレベル6も採用可能となる。

エクシーズモンスター
 《クレーンクレーン》で呼び出せるランク3が中心となる。
 同名グレイドルチューナーを揃えればランク5・2も採用できるが数は厳選したい。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

グレイドルサポートカード

種族属性サポートカード

―能動的な破壊を行えるカード

―それ以外で相性の良いカード

戦術

 豊富なサポートカード下級グレイドルを常にフィールドに出し、能動的に破壊することで相手モンスターコントロール奪取して攻めていくのが基本戦術となる。
 相手フィールドコントロール奪取に適したモンスターがいない場合は、エクストラデッキの高打点のモンスターを使って攻めると良いだろう。
 ライフが少ないデュエル後半では戦闘ダメージが気になりやすいため、場合によっては下級グレイドル守備表示で置いてにする判断も必要となる。

デッキの種類

【メタビート】

自爆特攻コントロール奪取を主とする、今日の【グレイドル】の主流となる構築。
《スキルドレイン》を筆頭に相手の行動や展開を封じるカードを多く採用し、高打点のシンクロモンスターコントロール奪取によって主導権を握る。
自爆特攻を主とした構築となるため、そのサポートを行うカードも投入を検討できる。

―相性の良いカード

シンクロ召喚

《グレイドル・スライム/Graydle Slime》
チューナー・効果モンスター
星5/水属性/水族/攻   0/守2000
「グレイドル・スライム」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドの「グレイドル」カード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の「グレイドル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

自身の効果レベルシンクロモンスターに即座に繋げられる《グレイドル・スライム》に着目した構築。
こちらの構築ではコントロール奪取は補助的な要素となり、自爆特攻はあくまで選択肢の一つとして(非積極的に)運用される。

レベル8のシンクロモンスターを軸とするため、直接つながりにくい《グレイドル・スライムJr.》やあまり有用でないレベルシンクロモンスターは最悪採用しなくともよい。
《グレイドル・スライム》効果を補助するため、召喚権を使わずフィールドに出せる《グレイドル・パラサイト》はある程度採用を検討できる。

―相性の良いカード

  1. モンスター《グレイドル・スプリット》装備し(2)の効果発動《グレイドル・スライム》レベルグレイドルリクルートする。
  2. 《グレイドル・スライム》レベルグレイドル《グレイドル・ドラゴン》シンクロ召喚
  3. 《グレイドル・ドラゴン》グレイドル対象《グレイドル・スライム》効果発動し、《グレイドル・スライム》蘇生する。
  4. 《グレイドル・スライム》効果《グレイドル・ドラゴン》を、《グレイドル・ドラゴン》効果レベルグレイドル蘇生する。
  5. 《グレイドル・スライム》レベルグレイドルレベル8をシンクロ召喚し、《グレイドル・ドラゴン》と共にランク8をエクシーズ召喚

最初のモンスター《グレイドル・コブラ》ならばコントロール奪取と同時に3で破壊するグレイドルも兼ねることができる。
《グレイドル・ドラゴン》で2枚の除去が行え、2回目のシンクロ召喚《白闘気白鯨》《スクラップ・ドラゴン》を出せばさらに相手フィールドを空けることが出来る。
エクシーズ召喚先としては攻撃力9000の《No.100 ヌメロン・ドラゴン》に繋げられる《No.97 龍影神ドラッグラビオン》が有用か。

デッキの派生

【壊獣グレイドル】

 【壊獣】との混合デッキ
 詳細は該当ページ参照。

このデッキの弱点

 グレイドルモンスター墓地へ送られなければ効果発動できないため、《マクロコスモス》などの全体除外カードは非常に苦手である。
 また墓地効果発動するため、それを妨害する《ソウルドレイン》《エンド・オブ・アヌビス》も難敵。
 存在する限り全てのコントロール奪取を封じてくる《洗脳解除》は最大の天敵と言っても過言では無く、これを採用した【ゴーレム】などが相手の場合は苦しい戦いは必至である。

 効果の対象にならない・(魔法カード効果を受けないコントロールを変更されないといった特定の耐性を持つモンスター下級グレイドル効果が通用しなくなる。
 特にカテゴリ全体で効果の対象にならない【マジェスペクター】や、これらの耐性と妨害効果を備える《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》などは著しく相性が悪い。
 また、ダメージステップ中に発動するため、ダメージステップ中の効果の発動を封じるものを相手にすると活用が難しくなる。

 自爆特攻を能動的に行いたいので、戦闘ダメージを与えた場合や戦闘破壊した場合に効果発動するモンスター相手にすると少々行動に戸惑う。
 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》などは下手に自爆特攻すると莫大なダメージを受けるため、その様なモンスター相手にした場合は効果破壊できるよう立ち回りたい。

 その他、モンスターを殆ど使用せず、戦闘ダメージをかわす術が多い特殊勝利デッキとも相性が悪い。

代表的なカード

関連リンク

広告