【シンクロン】

デッキの概要

 シンクロンを駆使したシンクロ召喚を主軸としたデッキ
 コンセプトデュエルの【不動遊星】では音響戦士を使用できない点に注意。

《ジャンク・コンバーター/Junk Converter》
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 400/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードとチューナー1体を捨てて発動できる。
デッキから「シンクロン」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
《調律/Tuning》
通常魔法
(1):デッキから「シンクロン」チューナー1体を
手札に加えてデッキをシャッフルする。
その後、自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
《ジャンク・スピーダー/Junk Speeder》
シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

デッキ構築に際して

 《ジャンク・シンクロン》蘇生に対応するレベル2以下のモンスターを多く投入する。
レベル2以下の戦士族機械族《ロード・ウォリアー》リクルートに対応し、特に戦士族《トゥルース・リインフォース》にも対応するので重点的に採用したい。

メインデッキモンスターについて

シンクロンチューナー
《ジャンク・スピーダー》リクルートレベルごとに1体の制限があるため、別々のレベルを採用することが望ましい。

シンクロンのサポートカード(非チューナー)

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

【ジャンクドッペル】も参照。

シンクロモンスター

魔法・罠カードについて

デッキの種類

上級モンスター

 《クイック・シンクロン》《ボルト・ヘッジホッグ》で2体分のリリースが用意できる点に着目したデッキ
 上級モンスター多用とシンクロモンスターの両方が使用できるため上手く回転した時の破壊力はシンクロ召喚主軸のデッキを上回るが、その分事故率が上昇する。
 シンクロ召喚をメインにする場合でも《光と闇の竜》をアクセントとして投入する手もあるだろう。

【ジャンクドッペル】

相性の良い《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》に着目した構築。
詳細は該当ページを参照。

【ジャンク・ウォリアー】

専用サポートを有する《ジャンク・ウォリアー》に特化した構築。
詳細は該当ページを参照。

【クイック・シンクロン】

《クイック・シンクロン/Quickdraw Synchron》
チューナー・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻 700/守1400
このカードは「シンクロン」チューナーの代わりとしてS素材にできる。
このカードをS素材とする場合、
「シンクロン」チューナーを素材とするSモンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードは手札のモンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。

《クイック・シンクロン》を主軸にしたデッキタイプ。
手札コストに使いやすいモンスターを多く採用することになる。
シンクロ召喚先としてはコンボ性の高い《ドリル・ウォリアー》と高火力の《ニトロ・ウォリアー》が筆頭候補となるか。

―相性の良いカード

デッキの派生

以下は実質【クイック・シンクロン】の派生となる。

【クイックダンディ】

《ダンディライオン》禁止カードのため、構築は不可能になった。

 《クイック・シンクロン》《ドリル・ウォリアー》効果《ダンディライオン》を使いまわすシンクロ召喚デッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【クイックマスマ】

《レベル・スティーラー》禁止カードのため、構築は不可能になった。

 《クイック・シンクロン》《マスマティシャン》の相性の良さを利用し、《ロード・ウォリアー》シンクロ召喚することに特化したデッキ
 まずは以下の手順で《ロード・ウォリアー》シンクロ召喚する。

条件:手札《マスマティシャン》《クイック・シンクロン》

  1. 《マスマティシャン》デッキ)または《クイック・シンクロン》手札)により《レベル・スティーラー》墓地へ送る
  2. 《クイック・シンクロン》レベルを1下げ《レベル・スティーラー》特殊召喚
  3. 《マスマティシャン》《クイック・シンクロン》《レベル・スティーラー》により《ロード・ウォリアー》シンクロ召喚

 ここから《ロード・ウォリアー》効果《レベル・スティーラー》によって展開を続ける。

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚
 上記の状態から、消費なしで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚できる。

  1. 《ロード・ウォリアー》レベル7にし、《レベル・スティーラー》蘇生
  2. 《ジェット・シンクロン》リクルート
  3. 《ジェット・シンクロン》《レベル・スティーラー》《フォーミュラ・シンクロン》シンクロ召喚
  4. 《ロード・ウォリアー》レベル6にし、《レベル・スティーラー》蘇生
  5. 《フォーミュラ・シンクロン》《レベル・スティーラー》《たつのこ》シンクロ召喚
  6. 《ロード・ウォリアー》レベル5にし、《レベル・スティーラー》蘇生
  7. 《たつのこ》《レベル・スティーラー》《波動竜フォノン・ドラゴン》シンクロ召喚
  8. 《ロード・ウォリアー》レベル4にし、《レベル・スティーラー》蘇生
  9. 《波動竜フォノン・ドラゴン》《レベル・スティーラー》《アクセル・シンクロン》シンクロ召喚
  10. 《アクセル・シンクロン》レベル6にし、《ロード・ウォリアー》レベル4とで《TG ブレード・ガンナー》シンクロ召喚
  11. 《TG ブレード・ガンナー》レベル9にし、《レベル・スティーラー》蘇生
  12. 《ジェット・シンクロン》自己再生
  13. 《ジェット・シンクロン》《レベル・スティーラー》《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》シンクロ召喚
  14. 《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》効果《TG ブレード・ガンナー》墓地へ送り《アクセル・シンクロン》《ロード・ウォリアー》蘇生
  15. 《アクセル・シンクロン》レベル2にし、《ロード・ウォリアー》《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》シンクロ召喚

 この時、手順14で蘇生した《ロード・ウォリアー》は再びリクルート効果を使用できる。
 新たなチューナー《デビル・フランケン》などをリクルートし、さらなる展開に繋げたい。

 シンクロチューナーを利用した連続的なシンクロ召喚を行わずとも、《音響戦士ベーシス》等で直接《アクセル・シンクロン》シンクロ召喚しても良い。
 また、《ロード・ウォリアー》レベルを操作せず《フォーミュラ・シンクロン》シンクロ召喚できるならば、手順を飛ばすこともできる。

このデッキの弱点

 蘇生シンクロ召喚に依存するため、除外特殊召喚封じには非常に弱い。
 また、下級モンスター攻撃力が低いため、各種除去カード《くず鉄のかかし》等の防御系《強者の苦痛》などで補いたい。

 またピンポイントなところだと、《クイック・シンクロン》《連鎖除外》に根こそぎにされたら目も当てられない。
 下級モンスターの打点が低いので、《魔のデッキ破壊ウイルス》《王虎ワンフー》も怖い。

関連リンク

広告