【ダーク・シムルグ】

デッキの概要

 強力なロック効果を持つ《ダーク・シムルグ》を軸としたデッキ
 カオスに近い召喚条件から、簡単に特殊召喚できるのが特徴である。
 ビートダウンはもちろん、ロックデッキとしても戦える。

《ダーク・シムルグ/Dark Simorgh》
効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードが手札に存在する場合、
自分の墓地から闇属性と風属性モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
手札から闇属性と風属性モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
(4):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードをセットできない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 《ダーク・シムルグ》特殊召喚するため、風属性闇属性モンスターを中心に採用する。

風属性モンスター

闇属性モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

風属性モンスター

闇属性モンスター

魔法・罠カードについて

デッキの種類

【アロマハーピィ】

 下級モンスターハーピィを多く採用し、《ハーピィの狩場》を絡めて、伏せ除去をしていく。
 ハーピィ自体が風属性鳥獣族なので、《ダーク・シムルグ》とは相性がよく、場を荒らした後に《ダーク・シムルグ》を安全に召喚できる。
 また、《ダーク・シムルグ》が処理できなかった、既にセットされたカードに対応できるのもメリットである。
 ただし、《ダーク・シムルグ》召喚後は相手カードセットできないので、考えも無しにハーピィ召喚すれば自分カード破壊してしまう。

【高等儀式術】

 墓地コスト《高等儀式術》で稼ぐデッキ
 【儀式ダムルグ】とも呼ばれる。

 まずは《マンジュ・ゴッド》風属性である《ソニックバード》デッキ回転していく。
 そして闇属性である《闇の支配者−ゾーク》《終焉の王デミス》儀式召喚し、勝負を仕掛ける。
 《魔封じの芳香》を採用した場合、《大邪神 レシェフ》ならば手札腐った魔法カードを処理して大打撃を与えられる。

 あとは通常モンスターの採用だが、【儀式天魔神】よりも除外枚数が少なくて済むので、レベル4を中心にするのが良いだろう。
 風属性なら《サファイアドラゴン》《幻のグリフォン》《忍犬ワンダードッグ》が候補になる。
 闇属性なら《デーモン・ソルジャー》《暗黒の狂犬》《幻殻竜》辺りから採用する。
 儀式モンスター闇属性なので風属性モンスターを増やした方がいいようにも思えるが、《ソニックバード》も採用するのであれば同じ位で構わない。

【フルモンスター】

 魔法・罠カードを殆ど入れず、《ダーク・シムルグ》とそのサポートを行うモンスターのみで固めたデッキ
 相手魔法・罠除去を完全に腐らせる為、《魔封じの芳香》すら採用しないことが多い。
 《カードガンナー》ライトロード効果で確実にモンスター墓地へ送ることができるため、風属性闇属性だけでなくそれらのモンスターも採用圏内に入る。
 それでも構築の都合上風属性闇属性の比率が高くなるため、手札の殆どが《ダーク・シムルグ》コストになる。
 そのため蘇生が比較的行いやすく、手札事故も防げる。

 その他採用候補のモンスター【フルモンスター】も参照。

【忍者】

 《忍法 変化の術》《ダーク・シムルグ》特殊召喚を狙う。
 レベル4・闇属性《忍者マスター HANZO》《黄昏の忍者−シンゲツ》風属性《忍者義賊ゴエゴエ》《覆面忍者ヱビス》《黄色い忍者》を中心とする。
 特に《忍者マスター HANZO》召喚時に《忍法 変化の術》サーチできるため必須。
 また《忍者義賊ゴエゴエ》セットを封じたことにより溜まった相手手札を破壊できる。
 運がよければ先攻ターン目で、忍者《忍法 変化の術》《魔封じの芳香》が揃い、後攻ターン目からいきなり魔法・罠封じをかけることもできる。
 これは《忍者マスター HANZO》の登場により、先攻で仕掛けることも難しくなくなった。
 また、光属性ではあるが忍者リクルート可能な《成金忍者》もあわせて入れておくといいだろう。

ネオスペーシアン

 《コンバート・コンタクト》によって《N・ブラック・パンサー》《N・エア・ハミングバード》を一気に墓地へ送り《ダーク・シムルグ》コストをまかなうデッキ
 1ターン目での《ダーク・シムルグ》特殊召喚も可能。
 二体のは、どちらも《クロス・ポーター》サーチできる。
 構築難度は上がるが、と組み合わせてみてもいい。
 《クロス・ポーター》はどちらもレベル2なので無理なく《ジャンク・シンクロン》を投入できる。
 下級モンスターの打点が低くなりがちなので、《くず鉄のかかし》などで守ってやろう。

【フォーチュンレディ】

 フォーチュンレディの展開力、強力なドロー加速、《フォーチュンフューチャー》墓地に戻す効果で各種アドバンテージを稼ぎ、キーカードの引き込みや《ダーク・シムルグ》の重いコストを補填しつつ、シナジーを生み出していくデッキ
 1ターン目での《ダーク・シムルグ》特殊召喚も可能。
 基本的な展開の過程で複数枚のドロー闇属性フォーチュンレディ墓地へ送ることはできるため、比較的組み込みやすい。
 フォーチュンレディのうちコストとなる3体は、全て《フォーチュン・ヴィジョン》サーチできる。
 また、《フォーチュンレディ・ライティー》《フォーチュンレディ・コーリング》リクルートもできる。
 《フォーチュンレディ・パスティー》《フォーチュンレディ・ダルキー》セット封じにより安全に効果を通して展開が可能。
 《フォーチュンレディ・ウインディー》は単体でも伏せ除去が行えるので隙を補えシナジーがある。
 特に前者2体は《闇の誘惑》《フォーチュンフューチャー》コンボが狙えるため、多めに採用するのが良い。
 また、フォーチュンレディシナジーのある風属性闇属性鳥獣族《霞の谷のファルコン》《地縛神 Aslla piscu》《霞の谷の雷神鬼》などがあげられる。
 それらのモンスターは、【フォーチュンレディ】でしばしば採用され《ダーク・シムルグ》で対象を拡大できる《フューチャー・ヴィジョン》とも相性が良い。
 また、《フューチャー・ヴィジョン》《エア・サーキュレーター》の低攻撃力をカバーできる。
 《エア・サーキュレーター》フォーチュンレディリクルート戦術やフォーチュンレディシナジーのある占い魔女全般と相性が良い。
 特に《占い魔女 フウちゃん》ドローするだけで《ダーク・シムルグ》コストを用意しつつ《天霆號アーゼウス》まで繋がる爆発力は強み。
 そして、同レベル《フォーチュンレディ・エヴァリー》墓地コストでの自己再生効果を持つため戦線維持・他のエクストラデッキモンスターへの切り替えは比較的得意。
 《フォーチュンレディ・リワインド》によって、除外しすぎたフォーチュンレディを一気に帰還させる豪快な戦術は本家よりも決めやすいだろう。
 構築難度は上がるが、【セルフ・バウンス】の要素を取り入れると大幅に拘束力が上昇する。
 特に、《フューチャー・ヴィジョン》以外では欠けがちな相手ターンでの妨害力を高めつつ《フォーチュンレディ・ダルキー》の的を作れる《デモンズ・チェーン》は採用筆頭候補。
 《フューチャー・ヴィジョン》だけでなく《カトブレパスと運命の魔女》も合わせて召喚行為全般へ強固なロックを敷くのも良い。
 幸い、永続罠蘇生カード群とこのデッキで挙げられているモンスターらの相性はよく、相手の思惑を狂わすことができる。
 豊富なドローソースによって《魔封じの芳香》なども引き込みやすく、ロックしやすくなるため制圧力は高い。
 ただ【フォーチュンレディ】魔法カードが展開の片翼を担う場面が割と多く、《魔封じの芳香》発動タイミングは展開しきってからが基本になる点に留意。

このデッキの弱点

 ロックデッキではあるが、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》に簡単に突破される事もある。
 《スナイプストーカー》《ライトロード・ハンター ライコウ》《生贄封じの仮面》等で、これらの展開を封じたい。
 また、《王宮の鉄壁》などの除外メタも、基本的に自己特殊召喚による展開が中心なため先出しされるとやや苦手。
 ただ除去は両属性ともに得意なので、構築でなんとかなる範囲。

 特殊召喚しやすいシンクロモンスター《冥府の使者ゴーズ》《裁きの龍》にこちらのフィールドを荒らされる事も多い。
 【お触れホルス】と違い自分罠カードも使用可能なのでその点で対処するとよい。
 効果モンスター対策として、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》を採用するのも一考か。

 また《魔封じの芳香》が、《ダーク・シムルグ》を引けない、もしくは出せない状態で手札に来ると困る。
 そのままにしておくと自分の首を絞める事にもなりうるので、《ダーク・シムルグ》以外にも相性の良いカードを用意しておきたい。

 いくら《ダーク・シムルグ》蘇生効果があるとはいえ、【フォーチュンレディ】軸でもない限り手札2枚のコストはやはり大きい。
 手札枚数を常に確認し、《ダーク・シムルグ》を極力破壊されないようにしたい。

 【聖なる輝き】同様、単体では表側表示での切り札の展開に直接干渉できないので、昨今の高速化と罠カードの減った環境では《魔封じの芳香》など他のロックメタ手段を同時に用意しないとやや厳しい。

代表的なカード

関連リンク

広告