【ドレミコード】

デッキの概要

 デッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズで登場したドレミコードを中心とした【ペンデュラム召喚】デッキ
 ペンデュラム効果によってペンデュラム召喚への妨害を防ぎつつ、ペンデュラムスケールの偶奇が同じドレミコードを展開してモンスター効果を使用していく。

《ドドレミコード・キューティア/DoSolfachord Cutia》
ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 100/守 400
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚は無効化されない。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドドレミコード・キューティア」以外の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。
(2):自分のPゾーンに偶数のPスケールが存在する限り、
自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターの攻撃力は自身のPスケール×100アップする。
《ドドレミコード・クーリア/DoSolfachord Coolia》
ペンデュラム・効果モンスター
星8/風属性/天使族/攻2700/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚成功時に
相手はモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。
【モンスター効果】
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドのPモンスター2体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を相手ターン終了時まで無効にする。
自分のPゾーンに奇数のPスケールが存在する場合、この効果の対象を2枚にできる。
(3):自分のPゾーンの一番高いPスケール×300以下の攻撃力を持つフィールドのモンスターの効果が発動した時に発動できる。
そのモンスターを破壊する。
《ドレミコード・エレガンス/Solfachord Elegance》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
●手札から「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、EXデッキに表側表示で加える。
その後、デッキからPスケールが奇数と偶数の「ドレミコード」Pモンスターを1体ずつ選び、
自分のPゾーンに置く。
●自分のPゾーンからPスケールが奇数と偶数のカードを1枚ずつ持ち主のEXデッキに表側表示で加え、
自分はデッキから2枚ドローする。

デッキ構築に際して

 【ペンデュラム召喚】および【天使族】の一種であるため、そのサポートカードは採用候補となる。

メインデッキモンスターについて

ドレミコード
 属するモンスターは全て天使族ペンデュラムモンスターであり、自分ペンデュラムゾーンに自身と同じ偶奇のペンデュラムスケールが存在することで使用できるモンスター効果を持つ。
 下級モンスターの共通ペンデュラム効果によりドレミコードペンデュラム召喚無効化を、上級最上級モンスターの共通ペンデュラム効果によりドレミコードペンデュラム召喚に成功した時の効果の発動を、それぞれ防ぐことができる。

―相性の良いペンデュラムモンスター

―その他で相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター

シンクロモンスター

魔法・罠カードについて

ドレミコードサポートカード
 《ドレミコード・スケール》《ドレミコード・ハルモニア》《ドレミコード・ムジカ》が参照するカードには、ペンデュラムゾーンドレミコードも含まれる。

【ペンデュラム召喚】と相性の良い魔法・罠カード

―その他で相性の良い魔法・罠カード

戦術

 まず、《ドレミコード・エレガンス》などによってペンデュラム召喚の準備を行う。
 ペンデュラムゾーン置くカードは基本、ペンデュラムスケールの幅が最大かつ偶奇が存在するようになる、《ドドレミコード・キューティア》《ドドレミコード・クーリア》のペアとなる。
 続いて《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》《グランドレミコード・ミューゼシア》リンク召喚し、ペンデュラム召喚による大量展開で相手に圧力をかけていく。
 自分ターンでは除去効果無効化によって相手の盤面を崩し易い一方、ドレミコードだけでは相手ターンでの妨害や防御が足りないため、汎用カードによって補完するとよい。

このデッキの弱点

 【ペンデュラム召喚】の宿命として、複数のカードが集まらなければ、満足に動くことができない。
 特にこのデッキは、モンスター効果魔法・罠カード発動にも他のカードを要求されるため、初動を妨害されてしまうと複数のカード腐りかねない。
 その他【ペンデュラム召喚】の弱点が一通り刺さるが、メインデッキモンスターだけでも動くことはできるため、エクストラデッキメタに対しては比較的強い。

代表的なカード

関連リンク

広告