【バウンサー】

デッキの概要

 GALACTIC OVERLORDで登場した、バウンサーと名のついたモンスターによるビートダウンデッキ
 《ファントム・バウンサー》サーチ効果によって手札を稼ぎ、展開させる事でビートダウンを行う。

《ファントム・バウンサー/Phantom Bounzer》 
効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1200
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
デッキから「バウンサー」と名のついたカード2枚を手札に加える事ができる。
《バウンサー・ガード/Bounzer Guard》
通常罠
自分フィールド上の「バウンサー」と名のついた
モンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターはカードの効果の対象にならず、
戦闘では破壊されない。
このターン、相手モンスターが攻撃する場合、
選択したモンスターを攻撃対象にしなければならない。

デッキ構築に際して

 カテゴリとしては《バウンサー・ガード》による耐性付与と、《ファントム・バウンサー》によるサーチ効果ありきでのまとまりである。
 如何に手早く《ファントム・バウンサー》効果に繋げつつ、アドバンテージを稼いでいくかが命題となる。
 《ブレード・バウンサー》等を使い《ズババジェネラル》エクシーズ召喚、装備させるのがもっとも手っ取り早いだろう。

 しかし《ブレード・バウンサー》はともかく上級バウンサーサーチしても単体では展開しにくい。
 他のモンスター効果等にも頼りたいところだが、それに伴いデッキ内のバウンサーの数が減り、《ファントム・バウンサー》を活用しづらくなる弊害もある。

メインデッキモンスターについて

バウンサーモンスター
 種類が少ない分、必須となるモンスターの選択にはそれほど困らない。
 サーチ先の確保の観点からも複数枚の投入が必要だが、相性の良いカードが異なる点にも留意し、枚数を調整したい。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター

融合モンスター

魔法・罠カードについて

バウンサーサポートカード

戦士族サポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 序盤はどのようにしてデッキの潤滑剤となる《ファントム・バウンサー》効果に繋げるかが重要となる。
 基本は手札からは手札コストデッキからは《おろかな埋葬》墓地へ送り蘇生に繋げる手段を確保しておきたい。
 上述の通り《ズババジェネラル》装備させ、戦線を維持しつつサーチ効果への布石にするルートも確保できればなお良い。
 それらが不可能であるならば上記で採用した下級モンスタービートダウンを行いつつ準備を整えることになる。

 伏せカードが多く、こちらに除去カードが無い局面では消耗を可能な限り抑える動きを意識する。
 特にアドバンス召喚自体がディスアドバンテージとなりやすい以上、上級バウンサー特殊召喚から展開しておきたいところ。
 相手除去カードを消費させ、《神の警告》《奈落の落とし穴》の危険がないと踏んだならば、反撃に転じる段階となる。
 《リビングデッドの呼び声》モンスター効果ペンデュラム召喚等による準備が整い次第、バウンサーによる展開を狙っていく。
 そして先のモンスターによるビートダウンとあわせ、ダメージを蓄積させつつ反撃を阻害していく。
 この際《フォトン・ストリーク・バウンサー》エクシーズ召喚できるならば、《バウンサー・ガード》との併用で大きな拘束力をもたらすだろう。

 ただし、ここまでの消費自体は小さいものではないため、これを返されると単体での動きにくさからジリ貧に陥りやすい。
 そのため、相手が利用しうる魔法・罠カードや、その消費状況については常に注意を払う必要がある。

デッキの種類

戦士族

 種族を統一させつつバウンサーの展開は阻害せずに、《不死武士》《一族の結束》《群雄割拠》の恩恵を受けられるようにする。
 特に《一族の結束》による打点の補強は有り難く、《ブレード・バウンサー》上級モンスタークラスを戦闘破壊しやすくなる。

 《フォトン・ストリーク・バウンサー》等、ランク6との連携は目に見えて取りづらくなるが、その辺りの制圧力の乏しさは《群雄割拠》でフォローしたい。
 一応《不死武士》墓地へ送る《終末の騎士》等を共有できる《D−HERO ディアボリックガイ》もいるため、エクシーズ召喚自体は難しく無い。
 しかし《ファントム・バウンサー》サーチ効果に繋ぐためにも逆にフィールドに維持し続けるのも重要だろう。
 当然《ズババジェネラル》も問題なく利用できる。

忍者

 レベルドラゴン族と、これらをリクルートできる《忍法 超変化の術》を用いてバウンサーとの連携をはかるタイプ。
 リクルート対象は主に《ライトパルサー・ドラゴン》聖刻モンスター等の特殊召喚の容易なドラゴン族が狙い目となる。
 特に後者は《忍者マスター HANZO》と互いをサーチリクルートできる《成金忍者》の双方が特殊召喚コストに使える。

 また、《バウンサー・ガード》《成金忍者》手札コストに充てられるため運用の幅が広かる点も特徴。
 《忍法 超変化の術》に加え《リビングデッドの呼び声》も多用するため、《マジック・プランター》も共有しやすい。

デッキの派生

【クライスターボ】

 同じレベル6の《光帝クライス》《ファントム・バウンサー》効果に着目したデッキタイプ。
 ドロー時の除去効果から《ファントム・バウンサー》とのコンボが可能。
 ペンデュラムスケール7のペンデュラムモンスターを採用し、ペンデュラム召喚を併用することで同時に並べることも可能になる。

 《リビングデッドの呼び声》とのシナジーも高く、エクシーズ召喚によってフィールドに残ったこれをドローに変換できる。
 また、これら2体は《明と宵の逆転》で互いにサーチし合える点でもシナジーがある。
 自分フィールドのカード除去できるため、副次的に《ハンマーラッシュ・バウンサー》リリース軽減条件を再適用させる事も可能。

 《光帝クライス》自体は《八汰烏の骸》などと相性が良いものの、これに関してはバウンサーシナジーがあるものは少ない。
 これらを多用する際は、バウンサーは基本的に被破壊用のカードエクシーズ素材として補助的に利用するにとどめたほうが無難である。
 詳細は【クライスターボ】を参照。

このデッキの弱点

 上級モンスターの比率が高くなるため、必然的に手札事故を起こしやすい。
 またこれらが苦手とするものが直接弱点となっており、《ファントム・バウンサー》の穴である破壊以外の除去手段には手を焼く。

 モンスター効果に対しては《デモンズ・チェーン》等で軽減できるが、罠カードにおいては《ファントム・バウンサー》《バウンサー・ガード》の両方で対処しにくいものが多い。
 特に上級モンスターエクシーズモンスターを扱う事から、《強制脱出装置》《神の警告》への弱さが顕著。
 特殊召喚モンスターなどで上手く誘っていきたいが、これらを大量に搭載したデッキではあまり効果は望めない。
 《バウンサー・ガード》とは同時使用できなくなるが、《王宮のお触れ》サイドデッキに用意しておくべきだろう。
 幸い、これらを多用するものはデッキ攻撃力が全体的に低めなので、影響下ではバウンサーによるビートダウンで優位に立ち回りやすい。

 その他、当然ながら特殊召喚封じには弱く、上級モンスター手札で持て余すことになる。
 《ヴェルズ・オピオン》を意識するならば、アドバンス召喚で処理してしまえる《エレクトリック・ワーム》によるコントロール奪取も考慮したい。

 展開に墓地が大きく絡むため、単体・全体問わず除外にも弱い。
 多くが罠カードであるため、先の《王宮のお触れ》も有効であるが、カオスなどの能動的な除外《光帝クライス》によるコンボも想定し、《D・D・R》でのフォローを行うのも手である。

代表的なカード

関連リンク

広告