【ヴァリアンツ】

デッキの概要

 水属性魔法使い族または炎属性機械族で構成されたペンデュラムモンスター群のヴァリアンツを中心としたデッキ
 レベルの分散とペンデュラムスケールの一致により、通常の【ペンデュラム召喚】とは異なりペンデュラム召喚による展開は得意とは言い難い。
 代わりに魔法&罠ゾーンから特殊召喚する効果とゾーンの移動に関する効果を持ち、さながら将棋の駒を動かしていくような動きで布陣を広げていく。
 ゾーンの空きを把握し、そこから移動した際の効果を取捨選択していく必要から、扱いには習熟を要する上級者向けのデッキである。

《ヴァリアンツの巫女−東雲》
ペンデュラム・効果モンスター
星2/水属性/魔法使い族/攻 500/守 500
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヴァリアンツ」モンスターしか特殊召喚できない(EXデッキからの特殊召喚は除く)。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ヴァリアンツ」魔法カード1枚を手札に加える。
(2):モンスターゾーンのこのカードが他のモンスターゾーンに移動した場合に発動できる。
デッキから「ヴァリアンツの巫女−東雲」以外の「ヴァリアンツ」モンスター1体を手札に加える。
《VV〜始まりの地〜》
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ヴァリアンツ」フィールド魔法カード1枚を手札に加える。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドのPモンスターカード1枚を選んで破壊し、
デッキから「ポジションチェンジ」1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターカードについて

ヴァリアンツ
 水属性魔法使い族または炎属性機械族のいずれかに属し、全てペンデュラムスケール1のペンデュラムモンスターである。
 自身がメインモンスターゾーンから別のモンスターゾーンに移動した場合に発動可能な(2)の誘発効果を共通して持つため、カードの位置を変更する効果シナジーが強い。

 ペンデュラム効果による特殊召喚発動条件が無い下級モンスター事故になりにくいため優先的に採用しやすい。
 また、上級最上級モンスターにしても、レベル6の方は特殊召喚した下級モンスターリリースしてアドバンス召喚できるため展開自体は難しくない。
 一方、レベル8はペンデュラム召喚の難度も高く、モンスター効果の使用にも盤面の状況が求められるため採用枚数はよく考えたい。

  • 下級モンスター
    レベル2または4であり、以下の共通テキストを持つ。
    このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
    (1):自分メインフェイズに発動できる。
    このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
    この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヴァリアンツ」モンスターしか特殊召喚できない(EXデッキからの特殊召喚は除く)。
    【モンスター効果】
    このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):このカードが特殊召喚されている場合、(〜を対象として/自分メインフェイズに)発動できる。
    (固有効果)
    ペンデュラム効果による特殊召喚に条件が無いため展開が非常に容易であり、純構築ならば展開制限のデメリットも影響を抑えられる。
    エクストラデッキからの展開には制限がかからないので、汎用モンスターの各種素材としても扱いやすい。
    下級モンスター故に召喚も楽ではあるが、(1)のモンスター効果の条件から可能ならば特殊召喚で展開し、召喚権は汎用モンスターに回したい。
    ただし、後続のヴァリアンツの為に位置をあけておきたい場合や、後述の同属性上級最上級ヴァリアンツを展開したい場合は召喚する事もあるだろう。

―相性の良いモンスター
 主に特殊召喚で展開するモンスターは、下級ヴァリアンツペンデュラム効果の前に特殊召喚する必要がある。
 召喚権はこちらに回しやすいので下級モンスターは出しやすく、上級モンスターアドバンス召喚自体は難しくない。

エクストラデッキモンスターについて

 メインデッキと異なりエクストラデッキからの展開には制限が無いため、汎用モンスターも取り入れやすい。
 両端のモンスターゾーンを空けつつ、弱小モンスターの棒立ちを防ぎ、更にはエクストラデッキカードを送るためにも、縛りの緩いリンクモンスターあたりは積極的に採用しておきたい。

ヴァリアンツ
 いずれもヴァリアンツ融合素材に指定する、レベルペンデュラムスケール共に10の数値を持つペンデュラム融合モンスター
 「ペンデュラムゾーンから正面の位置への特殊召喚」か「自分メインモンスターゾーンモンスター1体のゾーン移動」のいずれかを選択できるペンデュラム効果を共通して持つ。

リンクモンスター

エクシーズモンスター
 ヴァリアンツレベル2・4・6・8に存在するので、それらのランク帯は採用が検討できる。

魔法・罠カードについて

ヴァリアンツ

モンスターの位置を動かすカード
 メインデッキヴァリアンツの(2)のトリガーとして機能する。

―それ以外で相性の良いカード
 ペンデュラムカード《デュエリスト・アドベント》サーチできるので、あちらと共に採用すると良い。

戦術

展開例

 手札《ヴァリアンツの巫女−東雲》と任意のヴァリアンツペンデュラムモンスター
 結果:モンスターゾーン《ヴァリアンツの巫女−東雲》《ヴァリアンツV−ヴァイカント》と何らかのヴァリアンツの合計3体

  1. 《ヴァリアンツの巫女−東雲》ペンデュラムゾーン発動し、自身のペンデュラム効果特殊召喚
  2. 《ヴァリアンツの巫女−東雲》の(1)で《VV〜始まりの地〜》サーチ
  3. 手札ヴァリアンツペンデュラムゾーン発動
  4. 《VV〜始まりの地〜》効果ヴァリアンツフィールド魔法サーチし、更にペンデュラムゾーンヴァリアンツ破壊して《ポジションチェンジ》サーチ
  5. 《ポジションチェンジ》発動し、《ヴァリアンツの巫女−東雲》の位置を横に動かす。
  6. 《ヴァリアンツの巫女−東雲》の(2)で《ヴァリアンツV−ヴァイカント》サーチ
  7. 《ヴァリアンツV−ヴァイカント》ペンデュラムゾーン発動し、自身のペンデュラム効果特殊召喚
  8. 《ヴァリアンツV−ヴァイカント》の(1)でエクストラデッキヴァリアンツ(手順4で送っているもので良い)を魔法&罠ゾーン置く
  9. ヴァリアンツフィールド魔法発動し、(1)でもう片方を相手フィールドゾーン置く
  10. 《VV−真羅万象》の(2)で魔法&罠ゾーンヴァリアンツモンスターカード特殊召喚

 手札の(既にエクストラデッキに存在していても良いが)ヴァリアンツレベル5以上ならば、特殊召喚する場所をエクストラモンスターゾーンの下側にする事で《ヴァリアンツG−グランデューク》特殊召喚できる。

このデッキの派生

【機巧】混合構築

 ヴァリアンツモンスターは全ての数値が同じなので機巧効果に対応している。
 ただし、下級機巧の指定は「の数値が同じ機械族」であるため、やや炎属性機械族に寄せた構築になるか。
 上級最上級モンスターの方ならば機械族以外にも対応しており、特に《機巧牙−御神尊真神》キーカード《ヴァリアンツの巫女−東雲》サーチできる利点は大きい。

このデッキの弱点

 ペンデュラムモンスター全般に通じる弱点については【ペンデュラム召喚】を参照。
 ただし、メインデッキモンスターの打点が全体的に低く、特殊召喚メタエクストラデッキメタは通常の【ペンデュラム召喚】以上に刺さりやすい。
 ペンデュラム召喚は封じられてもまだ何とかなるが、ペンデュラム効果が重要なのでペンデュラムゾーンへのメタにも弱い。

 特殊召喚できる場所が正面の位置に指定されているので、【おジャマ】などが使ってくるモンスターゾーンの封殺にも弱く、1〜2か所指定されるだけでかなりの痛手となる。
 性質上、【ジャックナイツ】【S−Force】といったカードの位置を参照する効果デッキにも狙い撃ちをされやすく、苦手とする。
 ヴァリアンツは「今いる位置の隣」にしか動けないカードで構成されているため、特殊召喚を繰り返して一か所にモンスターが固まると、相手が何もしなくてもデッキが機能停止してしまう。
 こちらがカードの位置を動かすカードを多く採用する場合、それらが固まると手札事故になる点にも注意。

代表的なカード

関連リンク

広告