電脳堺(でんのうかい)

デッキの概要

 風属性サイキック族地属性幻竜族で構成された電脳堺を中心としたビートダウン
 3の倍数のレベルランクを持ち、墓地を肥やしつつ手札からの展開を得意とするのが特徴。

《電脳堺姫−娘々》
効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにレベル3モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱い、フィールドから離れた場合に除外される。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが除外された場合、このカード以外の除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
《電脳堺媛−瑞々》
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1600/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる
「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる
「電脳堺媛-瑞々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから手札に加える事ができる。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。
《電脳堺都−九竜》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「電脳堺門」カード1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
その後、自分フィールドの「電脳堺門」カードの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2枚以上:このターン、自分フィールドの「電脳堺」モンスターの攻撃力は200アップする。
●3枚以上:自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
●4枚:EXデッキから「電脳堺」モンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

デッキの構築

メインデッキモンスターについて

電脳堺
 レベル3または6で構成されており、《電脳堺姫−娘々》《電脳堺嫦−兎々》墓地から、それ以外は手札から特殊召喚できる。
 後者は対象とした電脳堺とはカードの種類が異なる電脳堺デッキから墓地へ送って特殊召喚し、その後に適用される効果を持つ一連の共通テキストを持つ。
 どのモンスターも自身の効果特殊召喚した後はレベルランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できなくなるため、リンクモンスターとは相性が悪い。

―それ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 主にレベルランクが3の倍数のモンスターが採用される。
 各電脳堺モンスター効果の発動後の制約からリンクモンスターは投入しないか最小限の採用に留めておきたい。

電脳堺
 風属性サイキック族シンクロモンスター地属性幻竜族エクシーズモンスターで構成されている。

―それ以外のモンスター
 電脳堺のみでは相手ターンに動けるモンスターが少ないため、カウンター効果を持ったモンスターの採用が望ましい。

魔法・罠カードについて

電脳堺

―それ以外の魔法・罠カード

戦術

 電脳堺カードフィールドに出し、電脳堺モンスター手札からの共通効果墓地を肥やしつつ展開していく。
 理想的な流れとしては、電脳堺門対象にしてもう片方の電脳堺門墓地へ送り墓地効果を持つ電脳堺モンスター墓地へ送る動きだろう。
 先攻ターン目では《電脳堺狐−仙々》《真竜皇V.F.D.》制圧力の高いモンスターを並べて制圧する動きを狙いたい。
 後攻ターン目では《電脳堺凰−凰々》《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》といった切り返し能力に長けるモンスターを出し、メインフェイズ2に《天霆號アーゼウス》を重ねれば上々だろう。

展開例

 手札《電脳堺姫−娘々》(または《緊急テレポート》)・《電脳堺媛−瑞々》・任意の手札
 (下記の手順6.で《飢鰐竜アーケティス》を出せばドローにより最後の手札1枚は無くても可能)

  1. 《電脳堺姫−娘々》召喚特殊召喚する。
  2. 《電脳堺姫−娘々》対象《電脳堺媛−瑞々》効果発動《電脳堺門−青龍》墓地へ送って特殊召喚し、《電脳堺門−玄武》サーチ
  3. 《電脳堺門−青龍》墓地効果《電脳堺悟−老々》サーチ手札《電脳堺門−玄武》墓地へ送る
  4. 《電脳堺姫−娘々》《電脳堺媛−瑞々》《電脳堺獣−鷲々》シンクロ召喚する。
  5. 《電脳堺獣−鷲々》対象《電脳堺悟−老々》効果発動《電脳堺門−朱雀》墓地へ送って特殊召喚し、《電脳堺姫−娘々》蘇生
  6. 《電脳堺姫−娘々》《電脳堺悟−老々》で任意のレベル9をシンクロ召喚する。
  7. 《電脳堺門−玄武》墓地効果《電脳堺媛−瑞々》蘇生手札の任意のカード墓地へ送る
  8. 《電脳堺媛−瑞々》蘇生トリガーとして《電脳堺姫−娘々》チューナーとして自己再生
  9. 《電脳堺獣−鷲々》《電脳堺媛−瑞々》《電脳堺狐−仙々》シンクロ召喚する。
  10. 《電脳堺門−朱雀》墓地効果《電脳堺狐−仙々》レベルを3つ下げ、《電脳堺姫−娘々》とで《浮鵺城》シンクロ召喚する。
  11. 《浮鵺城》効果《電脳堺狐−仙々》蘇生し、レベルシンクロモンスター《浮鵺城》《真竜皇V.F.D.》エクシーズ召喚する。

このデッキの弱点

 メインデッキモンスターの戦闘力が低く、エクストラデッキへの依存度が高いため、特殊召喚メタエクストラデッキメタが苦手。
 《マクロコスモス》《M・HERO ダーク・ロウ》などの手札デッキから墓地へ送るカード除外するカードも天敵であり、共通効果が機能しなくなる。
 また、このデッキリンクモンスターを採用しない事も多いため、リンクモンスター以外の特殊召喚を封じる《夢幻崩界イヴリース》送りつけが深く刺さる
 同様の理由で《ハウスダストン》によるフィールドの圧迫を得意とする【ダストン】も苦手。

代表的なカード

関連リンク

広告