ステータス

説明

 モンスター攻撃力守備力を指す非公式用語
 通常、テキストに隣接して記されている数値を指す。
 広義には、属性種族レベルランクリンク)も含む。

 この数値が高いほど、戦闘相手モンスター破壊しやすく、自身は破壊されにくくなる。
 ただし、ステータスが高ければ良いとは一概には言えず、それにより召喚条件デメリットが付随する事もある。
 また、サーチリクルート効果の範囲外になり、手札フィールドに呼び込みにくくなるという場合もある。

ルールについて

  • 攻撃力守備力の小数点以下が発生した場合、チェーンの途中であってもすぐに第一位を四捨五入して整数にする。
    よって、第二位以下が発生することはない。
  • 上記とかなり似ているが、「攻撃力・守備力が同じモンスター」という指定の場合は攻守が「?」でも該当する(《スモール・ワールド》《悪醒師ナイトメルト》など)。
    上記は「数値が同じであるか」を判定しているので「不定(数値が分からない)」では受け付けられないが、こちらは「攻撃力守備力の中身が同じであるか」を見ているので「不定」という同じものとして受け付けられるというわけである。

攻撃力・守備力を変動させる効果について

  • 発動しない効果で、他のカードの状態を参照して数値を変動させている場合、その状態が変われば即座に数値が再計算される。
    そのため、チェーンの途中であっても数値が変わり、その後の効果に影響を与えることになる。
  • 上記の説明では分かりやすさ重視のため「発動」「永続」という言葉を使っているが、正確にいえば数値が変動するのが「一度だけ(単発)」か「常に変動し続けている(常時)」かという違いである。
    基本的に発動する効果は単発、発動しない効果は常時だが、発動しない効果の一部に単発のものがあり、それらは「効果は常に適用されているが、攻守変動は最初の一度のみ」という特殊な状態なので注意したい。
    一応、テキストから読み取る目安としては「〜した○○」(「破壊したカードの数」「特殊召喚したこのカード」など)という言葉が入っていれば単発変動となりやすい。
    また、発動する効果でも「以下の効果適用する」などで追加している場合は、常時変動になりやすいので注意したい。

パーフェクトルールブック解説

※下記ルールブックの説明では「適用」の語が「効果の適用」と「計算の適用」の両方の意味で使われているが、両者は区別する必要がある。
 (他の値を参照する計算式のような効果の場合、効果の適用状態が変わらないまま「値(計算結果)のみ」が変動する)
 また効果の適用順と計算順は必ずしも一致しない。(計算順は値が算出できるよう必要な値から決定していくように適宜並び替えられる)

攻撃力守備力の変化

アップ・ダウン

発動する効果攻撃力守備力がアップ・ダウンする場合

永続的な効果攻撃力守備力がアップ・ダウンする場合

指定された数値になる効果

 引用註:
  これは攻撃力が「?」とカードに書かれていて、具体的な数値が「攻撃力」扱いのモンスターのみであり、具体的な数値が「元々の攻撃力」扱いのモンスターはそのまま倍/半分にする。
  また、《ゴゴゴゴーレム−GF》は『「永続的な効果攻撃力が指定された数値になる効果」でありながら攻守変動の処理は一度しか行われない』という例外のために攻撃力が0になるだけで、攻守変動が常時行われている効果《収縮》がかかった場合は計算順が入れ替わり、結果的に《収縮》がかかる前の数値と変わらなくなる。

発動した効果攻撃力守備力が指定された数値になる場合

永続的な効果攻撃力守備力が指定された数値になる場合

元々の攻撃力・守備力が指定された数値になる場合

(遊戯王オフィシャルカードゲーム パーフェクトルールブック2017 p156より引用)

その他

  • かつては「攻撃力が500ポイントアップする」といったように「ポイント」の単位が付くことがあり、テキストが古いカードには現在もそのようなものが複数見られる。
    だが、テキスト形式が統一されるにあたって「ポイント」の表記は廃され、「500アップする」のように単位の付かない表記が基準となった。
  • 原作・アニメにおいて―
    モンスターフィールドに出した際、またはステータスが変動した際に画面表示される。
    表示欄のデザインは各作品で大きく異なるが、ライフポイント表示と共通であることが多い。
  • アニメGXまではステータスが「攻撃力」「守備力」と表示されていたが、アニメ5D's以降は「ATK」「DEF」表示に変わった。
    これは見栄えの問題以外に、海外でも放映する際に「ATK」「DEF」表示に差し替える手間が発生することを避ける目的も含んでいるものと思われる。
  • 作品によって、上限となっている数値や上限値ギリギリの値まで攻撃力守備力をアップした際の挙動は異なる。
    デュエルリンクスやマスターデュエルでは、9999万9999が最大であることがサービス運営より告知されている。

関連カード

攻撃力守備力を入れ替える効果を持つカード

元々の攻撃力元々の守備力を入れ替える効果を持つカード

攻撃力または守備力、もしくはその両方を固定値にする効果を持つカード

 ※以下の条件を満たすものは除く。

カード名対象変動するステータス変動後の数値備考
下級モンスター
《暗黒騎士ガイアオリジン》元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスター攻撃力元々の攻撃力と同じ
《混沌の使者》対象モンスター戦闘を行う相手モンスター攻撃力元々の攻撃力と同じ
《機巧菟−稻羽之淤岐素》自分モンスター攻撃力守備力自分フィールド攻撃力守備力が同じモンスター元々の攻撃力を合計した数値
《デフコンバード》攻撃対象となったサイバース族攻撃力守備力元々の攻撃力の倍
《竜胆ブルーム》戦闘を行うお互いモンスター攻撃力そのモンスター守備力
上級モンスター
《サイバネティック・マジシャン》モンスター攻撃力2000
最上級モンスター
《究極時械神セフィロン》レベル8以上の天使族攻撃力4000
《グッサリ@イグニスター》自分リンクモンスター含む戦闘を行うお互いモンスター攻撃力3000
融合モンスター
《双天の獅使−阿吽》戦闘を行う双天ダメージ計算時のみ)攻撃力3000
《ダイノルフィア・レクスターム》相手モンスター全て攻撃力自分ライフポイントの数値
《DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン》戦闘を行う相手モンスター攻撃力元々の攻撃力と同じPモンスター
シンクロモンスター
《氷結界の還零龍 トリシューラ》《氷結界の龍 トリシューラ》攻撃力3300
エクシーズモンスター
《ガガガガマジシャン》自分フィールドエクシーズモンスター攻撃力4000このカードエクシーズ素材とした未来皇ホープエクシーズモンスター効果を得る
《銀河眼の光波竜》自身の効果コントロール奪取したモンスター攻撃力3000
《No.107 銀河眼の時空竜》自身以外のモンスター攻撃力守備力元々の攻撃力(守備力)と同じ
《超銀河眼の光波龍》自身の効果コントロール奪取したモンスター攻撃力4500
リンクモンスター
《銀河衛竜》元々の種族属性ドラゴン族光属性No.攻撃力そのモンスターNo.の数値×100
通常魔法
《ガオドレイクのタテガミ》ナチュル攻撃力3000
《トライアングル・X・スパーク》《ハーピィ・レディ三姉妹》攻撃力2700
《ヌメロン・カオス・リチューアル》《CNo.1000 夢幻虚神ヌメロニアス》攻撃力守備力10000/1000
《フォトン・ブースター》レベル4以下の光属性及びその同名カード攻撃力2000
《マジシャンズ・クロス》魔法使い族攻撃力3000
永続魔法
《怒れるもけもけ》《もけもけ》攻撃力3000
装備魔法
《月鏡の盾》装備モンスター攻撃力守備力戦闘を行う相手モンスター攻撃力守備力の内、高い方の数値+100
《魔界の足枷》装備モンスター攻撃力守備力100
速攻魔法
《結束 UNITY》自分モンスター守備力自分フィールド元々の守備力を合計した数値
《ライフハック》フィールドモンスター攻撃力相手LPの数値(1)の効果
自分LPの数値(2)の効果
通常罠
《銀河天翔》フォトンギャラクシー攻撃力2000
《サブテラーの決戦》サブテラー攻撃力守備力元々の攻撃力(守備力)を合計した数値
《ボーン・フロム・ドラコニス》レベル6以上の機械族光属性攻撃力守備力除外したモンスターの数×500
永続罠
《ハイパーブレイズ》《神炎皇ウリア》攻撃力守備力お互いフィールド墓地罠カードの数×1000

攻撃力守備力の合計を指定するカード

―10000以上

―2000

―その他

関連リンク

FAQ

Q:攻撃力2450のモンスター《BF−疾風のゲイル》攻撃力半減効果を2度適用した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:1度目には攻撃力1225となり、2度目には攻撃力613となります。(12/01/13)

Q:自身の効果攻撃力1000の《究極封印神エクゾディオス》(攻撃力アップ扱い)が、《禁じられた聖槍》により攻撃力200になっています。
  その状態で墓地通常モンスターが1体増えた場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:攻撃力は1200になります。(23/10/26)

Q:自身の効果攻撃力1000の《原始太陽ヘリオス》(攻撃力指定数値化扱い)が、《禁じられた聖槍》により攻撃力200になっています。
  その状態でモンスターが1体除外された場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:攻撃力は300になります。(23/10/26)

Q:《幻影騎士団ラギッドグローブ》を素材に含みエクシーズ召喚された《彼岸の旅人 ダンテ》攻撃力1000+1000=2000)がいます。
  《彼岸の旅人 ダンテ》効果発動し、攻撃力を1500アップさせた場合、次のターン攻撃力はいくつになりますか?
A:攻撃力は2000になります。
  《彼岸の旅人 ダンテ》効果で変化した分だけが元に戻り、《幻影騎士団ラギッドグローブ》の変化した分はそのまま残ります。(16/09/17)

Q:《THE トリッキー》《ハーフ・シャット》攻撃力1000になっています。
  その状態で《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》効果を受け攻撃力を0にされた場合、ターン終了時に攻撃力は2000に戻りますか?
A:いいえ、攻撃力《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》効果により0のままとなります。(19/08/15)

Q:《THE トリッキー》《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》効果攻撃力0になっています。
  その状態で《ハーフ・シャット》効果を受けると攻撃力は0のままとなりますが、ターン終了時に攻撃力は2000に戻りますか?
A:はい、攻撃力は2000となります。(19/08/23)

Q:自身の誘発効果攻撃力3100になった《ジャンク・ウォリアー》がいます。
  《EMウィップ・バイパー》で攻守逆転させた場合、ターン終了後の攻撃力元々の攻撃力である2300に戻りますか?
  それとも3100になりますか?
A:攻撃力は3100となります。(20/01/07)

Q:《デーモンの斧》によって攻撃力2000となった《豪雨の結界像》《EMウィップ・バイパー》効果を使いました。
  次のターン《豪雨の結界像》攻撃力はいくつになりますか?
A:2000になります。(20/01/07)

Q:《V・HERO トリニティー》《草原》適用中に融合召喚した場合、攻撃力はいくつなりますか?
  (「このカード攻撃力元々の攻撃力の倍になる」が優先されて5000になるのか、5000になった後で《草原》の数値を加えるのか)
A:5000に《草原》の上昇値である200を加えた5200になります。(20/02/28)

Q:《ゴゴゴジャイアント》リリースして《ゴゴゴゴーレム−GF》特殊召喚し、その攻撃力が4000になっています。
  さらに《燃える闘志》を装備して、攻撃力元々の攻撃力の倍になった場合、《ゴゴゴゴーレム−GF》攻撃力はいくつになりますか?
  (カード記載の攻撃力が「?」で、そこに"攻撃力"を当てはめるカードの"元々の攻撃力"はいくつか)
A:0となります。(23/10/21)

Q:自分フィールド《EMラフメイカー》相手フィールド元々の攻撃力より高い攻撃力を持つモンスター1体が存在しています。
  《EMラフメイカー》相手モンスター攻撃する際に(1)の効果発動し、攻撃力が3500になり、相手モンスター戦闘破壊しました。
  このとき、「元々の攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターの数」が1つ減っていますが、《EMラフメイカー》攻撃力はいくつになりますか?
  (発動する効果で攻守が変わった後に計算元の数値が変わったらどうなるか)
A:攻撃力は3500のままです。(23/10/26)

Q:自分除外状態のカードが5枚存在し、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》攻撃力守備力が2000になっています。
  この時、《スキルドレイン》発動して攻撃力守備力が0になりました。
  その後、《スキルドレイン》フィールドから離れた場合、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:2000になります。(24/02/02)

Q:自分手札が5枚存在し、《トラゴエディア》攻撃力守備力が3000になっています。
  この時、《スキルドレイン》発動して攻撃力守備力が0になりました。
  その後、《スキルドレイン》フィールドから離れた場合、《トラゴエディア》攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:3000になります。(24/02/02)

Q:自分除外状態のカードが5枚存在し、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》攻撃力守備力が2000になっています。
  この時、《収縮》適用すると《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:2000になります。(24/02/04)

Q:自分手札が5枚存在し、《トラゴエディア》攻撃力守備力が3000になっています。
  この時、《収縮》適用すると《トラゴエディア》攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:3000になります。(24/02/04)

Q:《サイバー・ドラゴン》《リミッター解除》適用して攻撃力が4200になりました。
  その後、《収縮》適用した場合、《サイバー・ドラゴン》攻撃力はいくつになりますか?
A:1050になります。(24/02/04)

Q:《ギャラクシーサーペント》《レプティレス・ニャミニ》効果適用して攻撃力が0になりました。
  さらに、《サイバネティック・マジシャン》効果適用して攻撃力が2000になりました。
  次のターンを迎えた場合、《ギャラクシーサーペント》攻撃力はいくつになりますか?
  (期限がない『発動して攻撃力が指定された数値になる効果』の後に、期限がある『発動して攻撃力が指定された数値になる効果』が掛かり、後者の期限が過ぎると数値はどうなるのか)
A:1000になります。(24/02/04)

複数の攻守変動効果がかかった場合の兼ね合い

―後から発動元々指定がかかった場合

Q:自分墓地《ジェネティック・ワーウルフ》が存在し、それを《死者蘇生》特殊召喚しました。

(A)その特殊召喚時、相手《粘着落とし穴》発動され、元々の攻撃力が半分になりました。(発動元々指定)
(B)その後、相手《恐撃》発動され、攻撃力が0になりました。(発動攻守指定)
(C)その後、自分《突進》発動し、攻撃力が700アップしました。(発動攻守上下)
(D)その後、自分《比翼レンリン》を装備し、元々の攻撃力が1000になりました。(永続元々指定)
(E)その後、自分《魔界の足枷》を装備し、攻撃力が100になりました。(永続攻守指定)
(F)その後、自分《デーモンの斧》を装備し、攻撃力が1000アップしました。(永続攻守上下)

  さらに《迷い風》発動され、元々の攻撃力が半分になった場合(発動元々指定)、《ジェネティック・ワーウルフ》攻撃力はいくつになりますか?
A:
  (A)500になります。(23/11/09)
  (B)1000になります。(23/11/09)
  (C)1700になります。(23/11/09)
  (D)500になります。(23/11/09)
  (E)100になります。(24/02/05)
  (F)2000になります。(23/11/09)

―後から発動攻守指定がかかった場合

Q:自分フィールド《サイバネティック・マジシャン》が存在し、

(A)《ピアニッシモ》発動して元々の攻撃力が100になりました。(発動元々指定)
(B)《恐撃》発動して攻撃力が0になりました。(発動攻守指定)
(C)《突進》発動して攻撃力が700アップしました。(発動攻守上下)
(D)《比翼レンリン》を装備して元々の攻撃力が1000になりました。(永続元々指定)
(E)《魔界の足枷》を装備して攻撃力が100になりました。(永続攻守指定)
(F)《デーモンの斧》を装備して攻撃力が1000アップしました。(永続攻守上下)

  その後、《サイバネティック・マジシャン》効果発動し、自身の攻撃力が2000になった場合(発動攻守指定)、《サイバネティック・マジシャン》攻撃力はいくつになりますか?
A:いずれの場合も2000になります。(23/11/17)

―後から発動攻守上下がかかった場合

Q.自分フィールド《アレキサンドライドラゴン》が存在し、

(A)《ピアニッシモ》発動して元々の攻撃力が100になりました。(発動元々指定)
(B)《恐撃》発動して攻撃力が0になりました。(発動攻守指定)
(C)《突進》発動して攻撃力が700アップしました。(発動攻守上下)
(D)《比翼レンリン》を装備して元々の攻撃力が1000になりました。(永続元々指定)
(E)《魔界の足枷》を装備して攻撃力が100になりました。(永続攻守指定)
(F)《デーモンの斧》を装備して攻撃力が1000アップしました。(永続攻守上下)

  その後、《突進》発動して攻撃力が700アップした場合(発動攻守上下)、《アレキサンドライドラゴン》攻撃力はいくつになりますか?
A:(23/12/08)
  (A)800になります。
  (B)700になります。
  (C)3400になります。
  (D)1700になります。
  (E)800になります。
  (F)3700になります。

―後から永続元々指定がかかった場合

Q:自分フィールド《幻のグリフォン》が存在し、

(A)《ピアニッシモ》発動して元々の攻撃力が100になりました。(発動元々指定)
(B)《恐撃》発動して攻撃力が0になりました。(発動攻守指定)
(C)《突進》発動して攻撃力が700アップしました。(発動攻守上下)
(D)《進化する人類》を装備して元々の攻撃力が2400になりました。(永続元々指定)
(E)《魔界の足枷》を装備して攻撃力が100になりました。(永続攻守指定)
(F)《デーモンの斧》を装備して攻撃力が1000アップしました。(永続攻守上下)

  その後、《比翼レンリン》を装備して元々の攻撃力が1000になった場合(永続元々指定)、《幻のグリフォン》攻撃力はいくつになりますか?
A:(23/12/18)
  (A)1000になります。
  (B)1000になります。
  (C)1700になります。
  (D)1000になります。
  (E)100になります。
  (F)2000になります。

―後から永続攻守指定がかかった場合

Q:自分フィールド《幻殻竜》が存在し、

(A)《ピアニッシモ》発動して元々の攻撃力が100になりました。(発動元々指定)
(B)《恐撃》発動して攻撃力が0になりました。(発動攻守指定)
(C)《突進》発動して攻撃力が700アップしました。(発動攻守上下)
(D)《比翼レンリン》を装備して元々の攻撃力が1000になりました。(永続元々指定)
(F)《デーモンの斧》を装備して攻撃力が1000アップしました。(永続攻守上下)

  その後、《魔界の足枷》を装備して攻撃力が100になった場合(永続攻守指定)、《幻殻竜》攻撃力はいくつになりますか?
A:
  (A)100になります。(23/12/23)
  (B)100になります。(23/12/23)
  (C)100になります。(24/01/18)
  (D)100になります。(24/01/18)
  (F)1100になります。(24/01/19)

Q:自分フィールド《ジェネティック・ワーウルフ》が存在し、《疫病》を装備して攻撃力が0になりました。(永続攻守指定)
  その後、《魔界の足枷》を装備して攻撃力が100になった場合(永続攻守指定)、《ジェネティック・ワーウルフ》攻撃力はいくつになりますか?
A:100になります。(24/01/19)

―後から永続攻守上下がかかった場合

Q:自分フィールド《メガロスマッシャーX》が存在し、

(A)《ピアニッシモ》発動して元々の攻撃力が100になりました。(発動元々指定)
(B)《恐撃》発動して攻撃力が0になりました。(発動攻守指定)
(C)《突進》発動して攻撃力が700アップしました。(発動攻守上下)
(D)《比翼レンリン》を装備して元々の攻撃力が1000になりました。(永続元々指定)
(E)《魔界の足枷》を装備して攻撃力が100になりました。(永続攻守指定)
(F)《デーモンの斧》を装備して攻撃力が1000アップしました。(永続攻守上下)

  その後、《デーモンの斧》を装備して攻撃力が1000アップした場合(永続攻守上下)、《メガロスマッシャーX》攻撃力はいくつになりますか?
A:
  (A)1100になります。(24/01/21)
  (B)1000になります。(24/01/21)
  (C)3700になります。(24/01/25)
  (D)2000になります。(24/01/27)
  (E)1100になります。(24/01/28)
  (F)4000になります。(24/01/28)

効果が3つかかった場合

Q:《機界騎士アヴラム》召喚時に《粘着落とし穴》発動され、元々の攻撃力が半分になりました。
  その後、《恐撃》適用して攻撃力が0になりました。
  さらに、《ピアニッシモ》適用して元々の攻撃力が100になった場合、《機界騎士アヴラム》攻撃力はいくつになりますか?
  (元々だけ先に計算するように《恐撃》《ピアニッシモ》の順序が入れ替わるのか)
A:100になります。(24/02/12)

Q:《機界騎士アヴラム》《デーモンの斧》適用して攻撃力が1000アップしました。
  その後、《ピアニッシモ》適用して元々の攻撃力が100になりました。
  さらに、《魔界の足枷》適用して攻撃力が100になった場合、《機界騎士アヴラム》攻撃力はいくつになりますか?
  (元々だけ先に計算するように《デーモンの斧》《ピアニッシモ》の順序が入れ替わるのか)
A:1100になります。(24/02/12)

広告