分類されない効果


 モンスター効果起動効果誘発効果誘発即時効果永続効果に分類される。
 番号が付いておらず効果として扱われない効果外テキスト(非公式用語)も存在する。
 上記のいずれにも分類されない効果は事務局回答にて「起動効果誘発効果誘発即時効果永続効果のいずれにも分類されない効果」と案内される。
 この内、《サイバー・ドラゴン》など自身を特殊召喚する発動と書かれていない効果については条件による特殊召喚も参照。

その他の効果

 (遊戯王OCGパーフェクトルールブック2020 P116〜117より引用)


分類されない効果の種類

 つまりは「その他の効果」であるため統一性は無い。
 ただし、「分類されない効果」でも何通りか種類がある。
 また、同じ「分類されない効果」でも、さらに細かく分類する事ができる。

分類されない効果と効果無効

 フィールド上に存在する間に適用される分類されない効果は永続効果と同様の動きをする。
 フィールド表側表示で存在すれば《スキルドレイン》《エフェクト・ヴェーラー》によって無効化される。

 《ヴェルズ・カストル》などの場合は、召喚に成功した時に《スキルドレイン》があれば無効化できるが、適用した後に《スキルドレイン》発動しても無効化できない。

効果外テキストとの違い

 よく似たものに効果モンスター効果として扱われないテキスト効果外テキスト)がある。
 あくまで「分類のない効果」であり、効果外テキストはその名のとおり「効果ではない」。
 効果の分類について事務局で回答を得る場合に、「分類のない効果です」と回答され、効果外テキストは「効果モンスター効果としては扱われません。」と回答されるので両者は区別できる。

関連カード

―分類されない効果を持つカード

 ※召喚条件に関するものは召喚ルール効果および特殊召喚モンスターを参照。
 ※「カード名を別のカードとして(も)扱うカード」はカード名を参照。
 ※「(自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できないカード」は1枚しか存在できないを参照。
 ※自身をエクシーズ素材に持つモンスター効果適用するカードエクシーズ素材を参照。
 ※召喚特殊召喚無効にされないカード無効を参照。
 ※魔法&罠ゾーンセットできるモンスターカードセットを参照。
 ※特定条件を満たすことで効果を得るカードカードの効果を参照。

個別のページがある「分類されない効果」

共通する「分類されない効果」を持つカテゴリシリーズカード

フィールド離れる場合に処理がある

魔法カード扱いになる

除外される

―その他

特定領域でカードの種類が変わる

墓地にあることで適用される効果

召喚特殊召喚のための特殊なコストあるいは素材になる

アドバンス召喚リリース

融合素材

儀式召喚リリース

シンクロ素材チューナー

リンク素材

―その他

特殊召喚のための素材へのなり方を変化させられる

自身を使用して召喚特殊召喚したモンスター効果適用する

アドバンス召喚リリース

儀式召喚リリース

シンクロ素材になった
 →こちら

エクシーズ素材になった
 →こちら

リンク素材になった
 →こちら

―何らかの素材になった(複数の特殊召喚方法に対応)

召喚特殊召喚したターン効果適用する

モンスター召喚権を追加する

カードの発動を封じる

―その他

特定のターン効果適用する

墓地へ送られたターン

効果発動したターン

戦闘したモンスターに関する効果

ステータスが変動する

アドバンス召喚の際にリリースしたカードに応じて効果を得る

関連リンク

FAQ

Q:効果分類の「効果モンスター効果として扱われません」とは、どういう事でしょうか。
  「モンスター効果ではない効果」という意味でしょうか?
A:モンスターの効果として扱われないテキストの事を指します(→効果外テキスト)。
  例えば、《スキルドレイン》等の効果によって、効果モンスター効果として扱われないテキストの箇所を無効化する事はできません。(11/11/07)

広告