《ブラック・ローズ・ドラゴン/Black Rose Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、フィールド上のカードを全て破壊できる。
また、1ターンに1度、自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にし、
エンドフェイズ時までその攻撃力を0にする。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した炎属性ドラゴン族シンクロモンスター
 フィールド上のカード破壊する誘発効果相手フィールド上の守備表示モンスター表示形式を変更する起動効果を持つ。

 シンクロ召喚に成功した時に、フィールド上のカードを全て破壊できる。
 シンクロ素材チューナーに何ら制限がかかっていないことを考慮するとこの効果は非常に強力。
 《デブリ・ドラゴン》《ブラック・ボンバー》なら手札1枚でシンクロ召喚可能なので、簡単に全体除去を行うことが可能である。
 シンクロ召喚を用いるデッキでは共通の切り札となり、リセット後の大量展開からゲームエンドに持ち込むのも難しくはない。
 《裁きの龍》《終焉の王デミス》と異なり自身も巻き添えに破壊してしまうが、チェーンして《火霊術−「紅」》等のコストにしたり《禁じられた聖衣》などで破壊から守ってしまえば無駄が無い。
 ただし、このカードシンクロ召喚する過程で大抵の場合は召喚権を使ってしまっているので、闇雲に使っても不利になりやすい。
 《歯車街》《植物連鎖》機皇帝の様な破壊トリガーとするカードと併用する等の工夫もしたい。
 また、全体除去シンクロ召喚成功時にしか使えず、墓地などにある状態では効果を使い回せない点にも注意。

 後半の効果は主に【植物族】で使用可能であり、守備表示モンスター表示形式を変えつつ攻撃力を0にする。
 裏側表示モンスターに使う場合はリバース効果に注意が必要だが、攻撃が通れば、相手直接攻撃に等しいダメージを与える事ができる。
 相手攻撃表示だとこの効果は意味をなさないため、《エネミーコントローラー》《つまずき》などを投入しておくのもありだろう。
 【植物族】シンクロ召喚する際は《夜薔薇の騎士》《ナチュル・ローズウィップ》レベル植物族などでシンクロ召喚可能。
 【植物族】以外でも《キラー・トマト》《ダンディライオン》《No.50 ブラック・コーン号》を採用しているデッキなら効果発動できる可能性がある。

  • その優秀さから登場当初はもちろん、エクシーズ召喚の隆盛以後も一定のシングル価格を保っていたが、現在ではGOLD SERIES 2013に再録されたことで格段に入手しやすくなった。
  • 「ブラック・ローズ(Black Rose/黒薔薇)」とは「濃い赤色の薔薇」のことである。
    薔薇自体が黒い色素を持っている訳ではなく、濃い赤の色素が縦にそそり立っているため、影の部分が生じ、結果として黒く見えている。
    花の名を冠した炎属性らしからぬ名称ではあるが、その赤い体色と炎を吐き出す攻撃から、炎属性である事も頷けよう。
    黒薔薇の花言葉は「恨み」「憎しみ」「貴方は私のもの」「束縛」。
  • このカードは、非常に「16」という数字との縁が強い。
    アニメ5D'sで十六夜アキ(当時16歳)がこのカードデュエルで初使用したのは2008年7月16日放送分の第16話である。
    16話の放送直後の2008年7月19日にこのカードがパッケージイラストを飾るCROSSROADS OF CHAOSは発売され、この日の月齢は16であった。
    漫画設定では8月16日生まれである。
    また、日本の薔薇の原種には、中国原産の「イザヨイバラ」という名前のバラがある。
    十六夜アキのキャラクター名、彼女が使用する《ブラック・ローズ・ドラゴン》、そして、彼女の二つ名である「黒薔薇の魔女」は、「イザヨイバラ」をモチーフに設定されたと推測される。
    なお、「薔」「薇」自体もそれぞれ16画の漢字である。
  • シンクロ召喚の際の台詞は「冷たい炎が世界の全てを包み込む。漆黒の花よ、開け!シンクロ召喚!現れよ、《ブラック・ローズ・ドラゴン》!」
  • アニメでは目のデザインがOCGやCMとは異なっており、白目はピンク色、瞳は金色となっている。
    また起動効果「ローズ・リストリクション」を発動する際、除外対象モンスターを食する演出がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:除外はコストですか?効果によるものですか?
A:コストになります。(08/07/19)

Q:「守備表示モンスター攻撃表示にする」のは対象をとる効果ですか?
A:対象をとる効果です。(08/07/19)

Q:このカードの効果裏側守備表示モンスターも選択できますか?
A:はい、選択でき表側攻撃表示になり攻撃力は0になります。(08/07/22)

Q:攻撃力が0の表側守備表示モンスターを選択できますか?
A:はい、できます。(10/11/13)

Q:このカードの効果で選択した守備表示モンスターが効果解決時に別のカード効果により攻撃表示なった場合攻撃力は0になりますか?
A:いいえ、このカードの効果攻撃表示にできなかった場合は攻撃力は0になりません。(08/09/11)

広告