次元(じげん)()()/Dimensional Fissure》

永続魔法
墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かずゲームから除外される。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した永続魔法
 自分相手を問わず、墓地に送られるモンスター除外する効果を持つ。

 このカードの効果の影響を受けるカードは非常に多い。
 まず、モンスターを「墓地へ送る」「墓地に捨てる」といったコストは払えなくなる
 さらに、モンスターを「墓地へ送った」「墓地へ送られた」時に発動する効果の発動もできなくなる。
 早い段階で発動できれば、蘇生サルベージ墓地コストを必要とするカード発動できなくなるのである。
 当然除外されれば、《黄泉ガエル》《スターダスト・ドラゴン》等も自己再生不可となる。
 なお、「墓地に捨てる」ではなく単に「捨てるコストの場合は発動できる。

 墓地を利用しないデッキは非常に少ない事から、このカードの影響を受けるデッキは多い。
 例えば、【光属性】【BF】に対しては《オネスト》《BF−月影のカルート》による逆転の手段を封じることができ、戦闘面での制限をさせない。
 【メタビート】デッキの主力《ライオウ》メタ効果を封じられ、特殊召喚を許してしまう。
 地味な所では、墓地に送った時に効果を使えるリクルーターを実質バニラモンスターとして扱える。

 また、蘇生サルベージ墓地除外キーカードとなるデッキも、序盤に貼られた場合は厳しいことになる。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》《カオス・ソーサラー》《裁きの龍》等の除去に頼ったデッキは尚更である。
 【ライトロード】はこのカードの影響を受けずに打開するカードドローできずデッキ切れで敗北する危険性すらある。

 当然、自分カードとも様々なコンボができる。
 《魂吸収》とのコンボを1ターン目から行えば、かなりの量のライフ回復が可能である。
 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》攻撃力は飛躍的に強化され、早い段階から一撃で勝負を決めるフィニッシャーに育てることも可能。

 除外ギミックを必要とする専用デッキでは大活躍をする。→【次元帝】【D・D・M】
 【ガジェット】【剣闘獣】等の墓地にあまり依存しないデッキなら相手へのメタとしての投入もできる。
 似た役割の《閃光の追放者》と比べると召喚権を行使しないこと、除去されにくいことなどのメリットがある。

 しかし自動帰還モンスター群はともかく、このカード自身を狙われると非常に脆い。
 《サイクロン》《氷帝メビウス》等には、常に注意を払いたい。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアムナエルが専用ボイスつきで使用する。
    このカード発動する際に「私の錬金術の前ではデュエルモンスターズの常識は通用しないぞ!」と発言する。
    永続魔法《錬金釜−カオス・ディスティル》の代わりだろうか。
    また、アムナエルのデッキには除外に関する効果を持つカードが殆ど投入されている。

関連カード

―《次元の裂け目》が見られるカード

―英語名

収録パック等

FAQ

Q:このカード適用中に《融合》《ビークロイド・コネクション・ゾーン》等でモンスター特殊召喚することはできますか?
A:はい。できます。これらのカード墓地へ送るのは「コスト」ではなく「効果」だからです。

Q:《次元の裂け目》が場に存在するとき、永続魔法扱いの「宝玉獣」が墓地へ送られる場合、除外されますか?
A:除外されず墓地へ送られます。(07/05/23)

Q:《サクリファイス》などの効果によって装備魔法扱いになっているモンスターは《次元の裂け目》が場に存在するとき、墓地に送られると除外されますか?
A:この場合モンスター魔法カード扱いになっているため、除外されません。(08/06/23)

Q:《アポピスの化神》などの罠モンスター戦闘破壊された時、除外されますか?
A:罠カードとしても扱うため、除外されず墓地へ送られます。(10/05/31)

Q:《マジカルシルクハット》モンスター扱いになっている魔法カード戦闘または効果破壊された時、除外されますか?
A:破壊されてフィールド上を離れた、モンスター扱いの魔法・罠カードは、フィールド上を離れた事で、魔法・罠カードに戻ります。
したがって、《次元の裂け目》が適用中であっても除外されずに墓地へ送られます。(14/09/11)

広告