貪欲(どんよく)(つぼ)/Pot of Avarice》

通常魔法(制限カード)
自分の墓地のモンスター5体を選択して発動できる。
選択したモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを2枚ドローする。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した通常魔法
 モンスターデッキに戻し、その後2枚ドローする効果を持つ。

 《強欲な壺》と同じく2枚のドローができるが、「墓地モンスター5体を必要とする」という発動条件発動を難しくしている。
 同じ墓地利用の各種蘇生カードよりも重い上、その後の墓地利用も阻害するためデッキを選ぶカードである。

 しかし、単独でカード・アドバンテージを稼ぐことができるドローソースは限られているため、このカードのために専用のデッキが生まれることにもなった。
 登場後まもなく【雑貨貪欲ターボ】等のデッキで活躍し、墓地を肥やすカードとの相性の良さを知らしめた。

 「種類を選ばずモンスター墓地から回収できる」ことはデッキによってはメリットデメリット双方の点がある。
 メリットとしてはサーチリクルートでの再利用が狙える点、デッキ切れが防げる点、デメリットサルベージ蘇生による墓地利用ができなくなること、デッキの枚数が増えるため必要なカードドローしにくくなる点が挙げられる。

 例えば、サーチリクルートを中心としたデッキは終盤に「モンスター切れ」を起こしやすく、モンスターデッキに戻すことで再びサーチリクルートできるようにもなる。
 そういったデッキの代表と言える【ガジェット】【リクルーター】も、このカードが登場してまもなく台頭することになった。

 さらに、エクストラデッキを多用するデッキでは、蘇生しては効果を使えないエクシーズモンスターの再利用や蘇生制限付きのモンスター墓地に送られてしまったときのサルベージにも有効。
 融合召喚シンクロ召喚等の際にモンスター墓地へ送るために発動のサポートとなり、非常に相性が良い。
 エクストラデッキの上限の関係から、同じモンスターを複数積むことは少ないため、墓地から回収して再利用できるのは環境においても利点である。

  • 「貪欲」とは欲が深いことを指す。
  • Vジャンプ誌上で行われた第5回最強カリスマ決闘者決定戦準決勝「千丈目vsカーリーなのさ」戦にて、【ドラグニティ】を選んだ千丈目が使用。
    《竜の渓谷》サーチを繰り返し、戦力を使い果たした千丈目にとってはまさしく「救いの一手」であり、このカードで戦力を補充した。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ・漫画問わず、多くの登場人物が所持している場面が確認できるが、使用したのはアニメGXの「ヨハンvsギース」戦のギース程度である。
    魔法・罠カードを多用するバーンデッキを用いた、アニメ5D'sのロットンが所持しているような例もある。
  • アニメZEXALでは、木板製のこのカードが登場した。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではEXステージの万丈目が片方のデッキにおいてデスティニードローで使用。
    《仮面竜》が3枚積みされているため10枚というデッキの条件でも墓地に5枚溜まる事は珍しくないが、デスティニードローの際にはデッキが1枚以下になっている事が少なくなく、結果として発動できないことも多い。

関連カード

―《貪欲な壺》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードに対して《精霊の鏡》発動することができますか?
A:このカードプレイヤーではなく、墓地の5体のモンスター対象となります。
  そのため、《精霊の鏡》発動することはできません。

Q:発動チェーンして《ロスト》対象モンスターが1体除外された場合、ドローする事はできますか?
A:効果不発になるため、残りのモンスターデッキに戻らずドローできません。

Q:墓地モンスター5枚を選ぶ際、融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターを選ぶ事はできますか?
  また、できる場合どのように処理しますか?
A:発動でき、ドローもできます。
  また、これらのモンスターエクストラデッキへ戻します。(11/08/08)

Q:自分墓地モンスターが5体以上存在します。自分デッキカードが0枚の時、《貪欲な壺》は発動出来ますか?
A:デッキの枚数が1枚以下の時に、《貪欲な壺》を発動する事はできません。(08/12/13)

Q:対象となったモンスターが全てエクストラデッキに戻った場合、ドローの前にデッキシャッフルしますか?
A:はい、その場合でもデッキシャッフルしてからドローします。(12/02/26)

広告