E・HERO(エレメンタルヒーロー) アナザー・ネオス/Elemental HERO Neos Alius》

デュアル・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1900/守1300
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、
通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを
通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「E・HERO ネオス」として扱う。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した光属性戦士族下級デュアルモンスター
 E・HEROの1体であり、デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で《E・HERO ネオス》として扱う永続効果を得る。

 このカード単独ではただのアタッカーにしかならないが、E・HEROネオス光属性戦士族デュアルモンスターと非常に多くのサポートカードに対応する。
 特に《デュアルスパーク》《超融合》といったサクリファイス・エスケープを得意とし、このカード除去を狙う相手にはディスアドバンテージを負わせやすい。
 《オネスト》に対応するため戦闘にも強く墓地に送られても《ミラクル・フュージョン》による融合召喚融合素材となる。
 手札で腐らない下級モンスターかつ大半のアタッカーに並ぶ攻撃力を持つことから、《ヒーロー・ブラスト》を最も活かせるカードでもある。
 【E・HEROビート】【ネオスビート】では主力アタッカーになる他、【スキルドレイン】等の【メタビート】でも採用されやすい。
 《増援》《E−エマージェンシーコール》《E・HERO エアーマン》といった豊富なサーチ手段を持つため上記のサポートカードを安定して運用できることもこのカードの大きな強みである。

 再度召喚すればカード名《E・HERO ネオス》になるが、この効果を使用する機会は基本的にはまずない。
 元々《E・HERO ネオス》特殊召喚手段の豊富なカードである上、《E・HERO プリズマー》を使えばより簡単に《E・HERO ネオス》扱いのモンスターを用意できる。
 ただ、《スーペルヴィス》を装備した場合なら《E・HERO ネオス》として融合素材などに使用した後、墓地モンスター蘇生に使える。

 このカード融合素材にできる融合モンスターは非常に多い。
 このカード自体を指名する物は存在しないが、E・HEROHERO光属性戦士族ネオス通常モンスターデュアルモンスターをそれぞれ融合素材とする融合モンスターが存在し、再度召喚すればコンタクト融合融合素材にもなる。
 コンタクト融合も含むと合計33種類の融合モンスターになれる他、このモンスター2体だけでも5種類の融合モンスターになれる。

  • イラストは、ネオスに憧れている子供のような姿、もしくはネオスの幼少期であろう姿をしている。
    英語名の「Alius」は、「another(アナザー/もう一つ、別の)」の語源となったラテン語で、意味も同じである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《E・HERO アナザー・ネオス》 モンスター デュアルモンスター 効果モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1900 守1300 E・HERO HERO ネオス

広告