E・HERO(エレメンタルヒーロー) エアーマン/Elemental HERO Stratos》

効果モンスター(準制限カード)
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 Vジャンプ(2006年10月号) 付属カードで登場した風属性戦士族下級モンスター
 E・HEROの一体であり、自身の召喚・特殊召喚成功時にフィールド上の魔法・罠カードを選んで破壊できる、もしくはHEROサーチできる誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、自分フィールド上に存在する他のHEROの数まで魔法・罠カードを選んで破壊する効果
 対象をとらず破壊するので、魔法・罠カードチェーン発動され不発にされる可能性は少ない。
 しかし、効果解決時に他の表側表示HEROがいなくなると1枚も破壊できなくなる点には注意が必要である。
 逆に、この効果チェーンしてチェンジ魔法カードでこのカード《M・HERO カミカゼ》に変えれば破壊枚数を一枚増やせる。

 2つ目の効果は、「HERO」をサーチする効果
 このカード召喚特殊召喚するだけで1枚のカード・アドバンテージが得られる。
 HEROであれば制限なくサーチ可能であり汎用性は非常に高い。

 攻撃力も悪くない数値であり、《E・HERO オネスティ・ネオス》サーチすればこのカードだけで攻撃力4300までのモンスターが処理可能。
 手札にこのカード《融合》があれば、サーチしたカードと合わせて融合召喚が可能で、《融合回収》でこのカード手札に戻せば、次のターンも続けて融合召喚できる。

 以上の点から、HEROデッキ必須カードとして扱われている。

  • 英語名の由来は「成層圏」を意味する「Stratosphere」からだろうか。
  • 漫画での効果は「攻撃力を半分にすることで直接攻撃ができる」というものであり、OCGとは大幅に異なっている。
    なお、劇中で効果が使用されたのは「十代vs翔」戦のみであり、何故かカードテキスト効果が記されていない。
    また、イラストは空を飛んでいるものとなっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

※のデッキ無制限カードの時なので、現在は構築が難しい。

収録パック等

FAQ

Q:《E・HERO エアーマン》の召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールド上に他のHEROがいない場合、1つ目の効果を選んで発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/08/09)

Q:二つの効果のうちどちらを使用するかを宣言するのはどのタイミングですか?
A:効果発動時にどちらを使用するか宣言します。効果解決時に他方の効果に変更する事はできません。

Q:《E・HERO エアーマン》の召喚・特殊召喚に成功した時に「魔法または罠カード破壊する事ができる」効果発動し、その効果処理を行う時に、魔法・罠カードを「破壊しない」事はできますか?
A:いいえ、他にHEROモンスターが存在する場合、破壊しない事はできません。(14/06/22)

Q:《ライオウ》効果によって、デッキからカード手札加える事ができない時に、《E・HERO エアーマン》の効果発動する事はできますか?
A:はい、魔法・罠カード破壊する効果を選択できれば発動する事ができます。HERO手札加える効果は選択できません。(12/07/20)

Q:二つ目の効果を使用する場合、サーチするHEROを決定するのは発動宣言時ですか?解決時ですか?
A:効果解決時です。

Q:サーチするHEROE−HEROは選択できますか?
A:はい、できます。(08/04/20)


Tag: 《E・HERO エアーマン》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 戦士族 攻1800 守300 E・HERO HERO

広告