E・HERO(エレメンタルヒーロー) ゴッド・ネオス/Elemental HERO Divine Neos》

融合・効果モンスター
星12/光属性/戦士族/攻2500/守2500
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
「ネオス」・「N(ネオスペーシアン)」・「HERO」と名のついたモンスターを
それぞれ1体以上、合計5体のモンスターを融合素材として融合召喚する。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
「ネオス」・「N(ネオスペーシアン)」・「HERO」と名のついたモンスター1体を
ゲームから除外する事で、このカードの攻撃力は500ポイントアップする。
さらに、エンドフェイズ時までそのモンスターと同じ効果を得る。

 MASTER GUIDE2 付属カードで登場した光属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、墓地に存在する「ネオス」・「(ネオスペーシアン) 」・「HERO」を除外する事で攻撃力がアップし、その除外したモンスター効果を得る起動効果を持つ。

 実に5体の融合素材が必要であるが、《ミラクル・フュージョン》《平行世界融合》を使えば融合召喚の消費自体は1枚で済む。
 ただし、ネオスHEROが計5枚も必要なため、効率的に墓地を肥やす必要がある。
 墓地肥やし効果を持つHEROである《E・HERO ブレイズマン》《E・HERO プリズマー》などを活用したい。
 守るのが大変なものの《未来融合−フューチャー・フュージョン》を使えばメインデッキのコピーしたいモンスター墓地へ送りつつ融合召喚することができる。

 効果のコピー対象は広く、トリプルコンタクト融合体やM・HERO、果ては《レインボー・ネオス》まで選択できる。
 ただ、アドバンテージが稼ぎやすい効果を持つ融合モンスターエクストラデッキから特殊召喚するのが難しいものが多く、このカードとの併用が難しくなる。
 メインデッキカード墓地へ落としコピーする方が容易なので、《D−HERO Bloo−D》《ネオス・ワイズマン》《E・HERO ボルテック》《D−HERO ダブルガイ》などをコピーする手もある。

 効果を得られるのは自分ターンだけであり、相手ターンはただ攻撃力が高いだけのモンスターであるため容易に除去されてしまう。
 融合召喚効果を活かす下準備が必要な割に倒されやすく、あくまでこのカードを活躍させるためのファンデッキを作って使うべきだろう。
 《神縛りの塚》を併用して耐性を付与するのもいいかもしれない。

 いっその事《轟雷帝ザボルグ》《ゲール・ドグラ》を採用し、墓地融合モンスターを落としてコピーさせる事に特化したデッキを組むのも面白い。
 特に《轟雷帝ザボルグ》融合素材となるモンスターとコピー対象となるモンスターを同時に墓地に揃えることができる。
 《捕食植物キメラフレシア》墓地に落とせば《ミラクル・フュージョン》サーチも可能。
 このカード光属性なので《フォトン・サンクチュアリ》《轟雷帝ザボルグ》《ミラクル・フュージョン》が揃っていれば1ターンで出すことも可能。
 場に維持できれば、《レインボー・ネオス》の豪快な効果を連続使用する事も夢ではない。

  • COSMO BLAZER発売日に新聞に掲載された、OCGの全面広告に用いられているカードの1枚。
    この広告では最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されている。
    このカードは、GX世代を代表して掲載されたものだろう。
    ちなみにこのカードはスペイン語版であった。
  • アニメでは以下のテキストだった。
    星12/光属性/戦士族/攻3000/守2500
    自分フィールド上の「E・HERO ネオス」+自分フィールド及び墓地の
    「N」と名のつくモンスター6種類1体ずつをデッキに戻した場合のみ
    融合デッキから特殊召喚が可能。(「融合」魔法カードは必要としない)
    デッキから「N」と名のつくモンスターを選択しゲームから除外する事で
    このターン中、除外したカードのモンスター効果を得る。
    この効果で除外したカード1枚につき、
    このカードの攻撃力は500ポイントアップする。
    同じくMASTER GUIDE2に収録されている《ネオス・ワイズマン》と共に劇中の召喚シーンを再現できない形でのOCG化となってしまった。
    《E・HERO ネオス》とすべての(ネオスペーシアン)とのコンタクト融合ができないどころか、コンタクト融合体ですらない。
    また、モンスター効果はコピー対象自体は広くなったが1ターンに1度となり、なぜか元々の攻撃力もアニメより500ポイントダウンしているなど、主人公の最後の切り札としては残念な形でのOCG化になってしまった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「効果を得る」の効果分類は何ですか?
  また、効果を得ているこのカードの効果無効になった後、再び効果が有効になった場合、得た効果適用されますか?
A:起動効果の一連の処理です。
  また、一時的に効果無効になっていた場合でも、得た効果は再度適用されます。(14/01/09)

Q:「ネオス」・「」・「HERO」と名のついたモンスターをそれぞれ1体以上の内、《E・HERO ネオス》1体で「ネオス」・「HERO」をまかなうことは出来ますか?
A:できません、《E・HERO ネオス》1体と「」と名の付いたモンスターだけでは融合召喚できません。(08/03/29)

Q:《ネオスペース・コンダクター》(ネオスペーシアン)を「ネオスと名のついたモンスター」として融合素材に使用することは出来ますか?
A:《ネオスペース・コンダクター》を使用することはできますが、ネオスペーシアンと名のついたカードを「ネオスと名のついたモンスター」として融合素材に使用することはできません。(08/04/04)

Q:効果によって《E−HERO ダーク・ガイア》除外した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:「融合素材に使用したモンスター攻撃力の合計の数値となる」という部分は適用されずに「このカード攻撃宣言時、相手フィールド上に存在する守備表示モンスター全てを表側攻撃表示にする事ができる。(この時、リバース効果モンスター効果発動しない)」という効果だけ適用され、本来の効果攻撃力が500ポイントアップするという形になります。(08/05/21)

Q:効果によって《E・HERO アナザー・ネオス》効果を得た場合、融合モンスターであるこのカード再度召喚することは出来ますか?
A:融合モンスター通常召喚できないモンスターとなりますので、デュアルモンスターである《E・HERO アナザー・ネオス》効果を得たとしてもこのカードをもう一度召喚する事はできません。(14/01/22)

Q:効果によって《E・HERO ゴッド・ネオス》を除外した場合、もう一度除外する効果は使えますか?
A:はい、使えます。(08/04/01)

Q:《マジカルシルクハット》効果特殊召喚した自分《NEX》《HERO’S ボンド》《ネオス・フォース》《リバース・オブ・ネオス》《ラス・オブ・ネオス》《ネオスペース》《インスタント・ネオスペース》《超融合》融合召喚する際に融合素材に使用することは出来ますか?
A:上記にある《NEX》以外のカードなら融合素材にすることが可能です。また、裏側表示のままでも融合素材にできます。(10/05/22)

Q:《E−HERO ヘル・ゲイナー》効果を得て除外された場合、帰還しますか?
A:帰還しません。(08/04/01)

Q:《N・ブラック・パンサー》効果を得て相手フィールド上の《E・HERO ネオス》融合素材とする融合モンスター同名カード扱いとなった場合、《インスタント・ネオスペース》《ネオスペース》効果を受けることは可能ですか?
A:できます。(08/04/01)

Q:《N・ブラック・パンサー》効果を得て相手フィールド上の《E・HERO ネオス》同名カード扱いとなった場合、《ラス・オブ・ネオス》発動してエクストラデッキに戻した場合、破壊する効果適用されますか?
A:適用されません。(10/07/22)

Q:《E・HERO クノスペ》または《E・HERO ブルーメ》効果を得て変化した攻撃力守備力エンドフェイズ時にどうなりますか?
A:エンドフェイズ時もとの数値に戻ります。(08/04/01)

Q:《E・HERO ブラック・ネオス》効果を得てこのカード自身を無効効果対象に選択した場合、どう処理しますか?
A:効果をもたないモンスターになります。(08/04/01)

Q:《コンタクト・アウト》を使用することは可能ですか?
A:このカードエクストラデッキ戻すことは可能ですが、テキスト融合素材モンスター名が記されてませんので特殊召喚を行う効果の方を使うことはできません。(08/03/28)

Q:墓地モンスター除外により攻撃力が500アップする効果はそのターンエンドフェイズ後も有効ですか?
A:攻撃力が上がる効果エンドフェイズ後も継続します。(08/04/01)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果融合召喚することは可能ですか?
A:可能です。(08/04/05)

Q:《チェーン・マテリアル》効果融合召喚し、墓地《ネオス・ワイズマン》除外して効果を得た場合、破壊を免れる事ができますか?
A:はい、できます。(10/08/10)

Q:効果墓地《E・HERO アクア・ネオス》等のコンタクト融合モンスター効果を得た場合、エンドフェイズエクストラデッキに戻る効果発動しますか?
A:《E・HERO アクア・ネオス》効果を先に処理した場合はエクストラデッキに戻りますが、先にこのカードの効果を処理した場合はエクストラデッキに戻りません。(13/07/15)

Q:《E・HERO テンペスター》効果を得て発動しました。
  このカードエンドフェイズ《E・HERO テンペスター》効果を失いますが、効果の対象にしたモンスター戦闘破壊されない処理はエンドフェイズ以降も持続しますか?
A:このカードフィールド表側表示で存在する限り有効です。(14/08/15)

Q:自分フィールド上に《邪神アバター》2体と《E・HERO ゴッド・ネオス》2体がいます。また、《霊魂消滅》効果が適用中です。
  《邪神アバター》2体にそれぞれ《ヒーロー・マスク》を使用し、E・HEROモンスターにしました。
  この時、《E・HERO ゴッド・ネオス》2体が、それぞれ自分フィールド上のE・HEROモンスターとなっている《邪神アバター》除外し、それぞれが《邪神アバター》効果を得ました。
  この場合、《E・HERO ゴッド・ネオス》の攻撃力はいくつになりますか?
A:調整中。(15/07/04)

Q:自身の効果モンスター扱いとなっている《影依の原核》《ヒーロー・マスク》発動し、E・HEROモンスターとしました。また、《霊魂消滅》適用中です。
  この時、《E・HERO ゴッド・ネオス》の効果E・HEROモンスターになっている《影依の原核》除外し、効果をコピーすることはできますか?
  できる場合、罠カードとして扱われる効果適用されますか?
A:調整中。(15/07/05)

Q:《レアメタル・ヴァルキリー》《ヒーロー・マスク》を使用し、名前をE・HEROモンスターに変えました。また、《霊魂消滅》適用中です。
  この時、《E・HERO ゴッド・ネオス》の効果E・HEROモンスターになっている《レアメタル・ヴァルキリー》除外し、その効果を得ました。
  この《E・HERO ゴッド・ネオス》とエクストラデッキ《レアメタル・ナイト》を交換することはできますか?
A:調整中。(15/07/06)


Tag: 《E・HERO ゴッド・ネオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星12 光属性 戦士族 攻2500 守2500 HERO E・HERO ネオス 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告