《エネミーコントローラー/Enemy Controller》

速攻魔法
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上に表側表示で存在する
 モンスター1体を選択し、表示形式を変更する。
●自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
 相手フィールド上に表側表示で存在する
 モンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。

 天空の聖域で登場した速攻魔法
 2つの効果の内1つを選択して発動する。
 1つは相手フィールド上の表側表示モンスター表示形式を変更する効果、もう1つは自分フィールド上のモンスターリリースし一時的にコントロール奪取する効果である。

 このカードの効果はいずれも対象をとる効果である。
 速攻魔法フリーチェーン効果も選択可能の上いずれの効果汎用性が高い。

 1つ目の表示形式変更効果は一見心許ないが、攻撃力守備力のどちらかに弱点があれば戦闘破壊のサポートとなり得る。
 終盤で攻撃力の低い羊トークン綿毛トークン《黄泉ガエル》《マシュマロン》等に使ってやると、そのまま戦闘ダメージでゲームエンドに持っていくことができる。
 また、《オネスト》《BF−月影のカルート》等が相手手札にある事が分かっている際、攻撃する前にこのカード表示形式を変更しておけば安全に攻撃できるので、この点は《収縮》に勝っていると言える。
 《月の書》と同様に、相手攻撃宣言に合わせて使用する事で戦闘を回避する事も勿論可能なので、このカード腐る事はそうそうないだろう。
 変わったところでは《ライトロード・マジシャン ライラ》効果を防ぐ事もできる。

 2つ目のコントロール奪取効果も、相手ターンでも発動できる点から応用性が高い。
 ただしコストリリースが必要であり、エンドフェイズにはコントロールも戻るので、コントロール奪取のためだけに発動するのは効率が悪い。
 そこで、リリースシンクロ素材エクシーズ素材にする等して、何らかの活用をはかりたい。
 状況次第では単体除去エンドカードとしても使用可能である。
 例えば、《カオス・ソーサラー》等では自分自身を除外する選択がある。
 また対象をとる効果を受けた際にサクリファイス・エスケープ不発にしたり、あるいは連続攻撃に繋げたり、対象をとらない効果に対して発動相手モンスターを道連れにする事も可能。
 対戦相手《強制転移》《地砕き》チェーンして使う事で、相手の思惑を外す事ができる。
 相手フィールドに大量のモンスターが展開されている時に、一番攻撃力が高いモンスターを奪うことで攻撃を阻止することもできる。
 また、相手シンクロ召喚エクシーズ召喚に対し、素材モンスター召喚直後に発動し素材モンスターを奪っての阻止も有力である。
 融合召喚に対しては《融合》発動時に、相手モンスターコントロール奪取することで予定を狂わすことができる。
 【帝コントロール】等の同一攻撃力モンスター【次元斬】等の道連れ系のモンスターを使う相手ならば2:2交換に持ち込みやすい。
 これは相手ターンコントロールを奪える数少ないカードであるからこそできる芸当である。

 以上、使い道が広く、しかし効果が間接的で、使い方が難しいカードである事は確かである。
 しかし、その汎用性は非常に高く、モンスターへの干渉力は決して低くないカードである。

  • アニメ版のテキストは以下のとおり。
    速攻魔法
    相手フィールド上のモンスターをエネミーコントローラーによって
    コマンド入力で操作できる。
    ライフ1000+↑←↓→A 破壊
    ライフ1000+←→AB 生贄
  • 特殊なカードであり、効果選択にはプレイヤーがコマンド入力をする必要があったようである。
    原作ではソリッドビジョンであるはずのコントローラーを直接押していた。
    一方アニメではコマンドを宣言する事でボタンが自動的に押されるような描写が見られる。
    ボタンには「Aボタン」「Bボタン」「Cボタン」3種類があるが、2種類の効果で共通して「Cボタン」のみ使われた事がない。
    もしかしたら上記の2つ以外にも効果があったのかも知れない。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • ちなみに、アニメに登場したものとOCGイラストでは方向キーのデザインが微妙に異なる。
    アニメではいわゆる十字キーだが、OCGでは丸いボタンが4つついたデザインとなっている。
    完全に十字の形状をしたキーだと任天堂の特許に引っかかるためであろうか。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのアクションデュエルでは、このカードを元にしたミニゲーム「エネミーコントローラー」が登場。
    画面上に表示されるコントローラーと機械に備え付けの「アクションボタン」を、アニメそのままの口調で叫ぶ海馬の指示通りに押すゲームである。
    コマンド入力に成功すると「粉砕!玉砕!大喝采!」「強靭!無敵!最強!」「美しい・・・」「全速前進だ!」と言ったネット上でよくネタにされる海馬の台詞を聞く事ができる。
    海馬が指示するコマンドは毎回同じだが、一定の条件を満たすと海馬の指示がコナミのゲームでは定番の「コナミコマンド」になる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースして発動する。」はコストですか、効果ですか?
A:コストです。

Q:「自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースして発動する。」は、《クロス・ソウル》を使ってこのカードの効果を使用することは可能でしょうか?
A:可能です。

Q:このカードは、ダメージステップでも発動できますか?
A:できません。(08/08/20)

Q:このカードコントロール奪取効果チェーンして対象にとられ表側表示モンスター《月の書》裏側守備表示にした場合、そのモンスターコントロールを得る事はできますか?
A:できません。(12/12/17)

Q:自分ターンに、自分がこのカード効果相手モンスターコントロール奪取したターンに、相手もこのカード発動し、そのモンスターコントロールを再び相手に移しました。
  そのターンエンドフェイズ時、先に自分のこのカードの「コントロールを戻す」処理を行った後で、続いて相手のこのカードの「コントロールを戻す」処理を行うことで、自分はそのモンスターコントロールを完全に奪うことはできますか?
A:いいえ、できません。
  その場合、どう処理したとしても、最終的なコントロールは、元のプレイヤーに戻ります。(10/06/23)

Q:このカードコントロールを奪取したモンスターエンドフェイズ相手フィールドに戻る時、相手フィールド上にモンスターが5体居る等でフィールドが埋まっている場合にはどうなりますか?
A:その場合、相手フィールドに戻る事ができず、そのモンスター破壊されます。(11/11/17)

Q:《聖鳥クレイン》ドローする効果チェーンして《エネミーコントローラー》等によって、解決前にコントロールが変更された場合どうなりますか?
A:コントロールが変わった場合でも、《聖鳥クレイン》効果発動したプレイヤーカードドローします。(12/02/02)

Q:コントロールを得たモンスター《月の書》裏側守備表示にした場合も、エンドフェイズコントロールを元に戻しますか?
A:はい、コントロールを得たままとはならず元に戻します。(13/12/06)

広告