《エンタメデュエル/Dueltaining》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いのプレイヤーは1ターン中に以下の条件をそれぞれ満たす度に、
1つの条件につき1ターンに1度ずつデッキから2枚ドローする。
●レベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した。
●自身のモンスター1体が5回戦闘を行った。
●チェーン5以上でカードの効果を発動した。
●サイコロを振った回数及びコイントスの回数が合計5回になった。
●自身のLPが500以下になるダメージを受けた。

 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEで登場したフィールド魔法
 5つの異なる条件を満たす度に2枚ドローを行える効果を持つ。

 全ての条件を満たせば10枚のドローを行えるが、各条件を満たすのは決して容易ではない。
 だが、2枚ドローできるだけでもリターンとしては十分であり、基本的にはどれか一つに絞って行っていくことになる。

 1つ目の条件は《トーテム・ファイブ》と同様5体の同時特殊召喚に加え、レベルの異なるモンスターでなければならない。
 ルール変更によりペンデュラム召喚で5体展開するには手札からも出さねばならず、実用性のあるものは《ソウル・チャージ》《真炎の爆発》くらいしかなく、難易度が高い。
 仮に採用するならば、レベルが分散されていてなおかつ《真炎の爆発》を比較的使えるデッキにピン差しする程度だろうか。
 変わったところでは、元々のレベルが異なる5体を素材にした融合モンスターシンクロモンスター対象《融合解除》《シンクロキャンセル》を使う事でも条件を満たせる。
 前者は《F・G・D》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》、後者はシンクロ素材数が決まっている花札衛が狙いやすい。

 2つ目の条件は1体のモンスターで5回の戦闘を行うこと。
 基本的に連続攻撃全体攻撃可能なモンスターで条件を満たすことになる。
 特に、容易に連続攻撃が行える《月光舞猫姫》《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》《光の導き》等であれば条件は満たしやすい。
 相手から5回攻撃を受ける場合でも良く、相手トークンを渡して《バトルマニア》《立ちはだかる強敵》攻撃を強制するのも手で、自分モンスターが1体なら《召喚制限−猛突するモンスター》などでも満たすことができる。
 相手が満たす分には自分で操作しやすいので、《便乗》発動してリクルーターなどで自爆特攻し続けるという手もある。

 3つ目の条件はチェーン5以上。
 5つの条件の中では狙いやすい方であり、《連鎖爆撃》等とは異なり、同名カードが複数チェーンしても問題ない。
 しかし、相手も同じ条件で達成できてしまうため、こちらがチェーンを積んだところに相手フリーチェーンカードを使えば2枚ドローされてしまう。
 相手ドローされてハンド・アドバンテージを与えないように、できれば伏せ除去を行う等相手フリーチェーンと思わしきカードは極力少ない状況で狙いたい。
 また、チェーンできないカウンター罠《超融合》相手だけドローされると最悪なので気を付けたい。
 自分が利用する手もあるが、【チェーンバーン】等とそれらのカードには特にシナジーは無いので難しいか。
 また、【エクゾディア】等なら相手ドローされるよりも、自分が防御カードを握ることの方が重要なので、相手ドローされてもいいと割り切ってもいいだろう。

 4つ目の条件はサイコロの使用とコイントスを5回行うこと。
 専用デッキならば狙える条件だが、タダでさえ運任せのデッキにこのカードまで入れるとなると事故率は更に上がる。
 しかし《リボルバー・ドラゴン》《ブローバック・ドラゴン》ならリスクなし、《サンド・ギャンブラー》《伝説の賭博師》も軽微なリスクで3回行えるので、これらを用いれば達成できる。
 それらと《セカンド・チャンス》との併用で一回でこの効果の条件を満たせるようになる。
 1ターンに複数回効果発動できるモンスターを使うのも手で、《No.7 ラッキー・ストライプ》なら単体で条件を満たせる。
 しかし、レベル7のモンスターを3体も要求するためエクシーズ召喚自体がやや難しい。
 《スナイプストーカー》も複数回サイコロを振ることができるが、5枚の手札コストを必要としやはり厳しい。
 専用デッキでなくとも【チェーンバーン】であれば《ファイアーダーツ》を複数投入するため、運良く2枚引いて発動できればこの条件を満たせる場合もある。

 5つ目の条件はダメージを受けライフ500以下になること。
 相手任せだとライフ500を通り越してそのまま敗北してしまうのは必至なので、自分ダメージを調整してやる必要がある。
 【自爆スイッチ】【大逆転クイズ】ならもともと自分ライフを調整するデッキコンセプトを持つので狙いやすい。
 それ以外だと、《活路への希望》を投入できるようなデッキであればライフを大幅に減らすことが多く、狙うこともできる。
 なお、ライフコストでは条件を満たせず、見た目ほど簡単な条件ではない。
 他の条件目的にこちらはおまけ程度に考えておくのが良いかもしれない。
 《女神の加護》バウンスして使い回せばその度にドローすることも可能だが、流石に難しくなる。

 1つ目の条件はペンデュラム召喚を積極的に行うデッキでも満たすのは難しい。
 2つ目の条件は特定のデッキなら満たせるものの、このカードドローを狙うよりは攻撃モンスター強化する方が勝利につながりやすい。
 5つ目の条件は自分から積極的に狙うのは難しく、基本的には3つ目か4つ目の条件を目的に採用することになる。

 3つ目の条件は【チェーンバーン】【バージェストマ】【エクゾディア】等、4つ目の条件は【ギャンブル】なら比較的簡単に条件を満たせる。
 また、【ギャンブル】の場合サイコロコイントスを行う罠カード速攻魔法を使えば3つ目の条件も同時に狙える。
 運が絡むが《運命の分かれ道》《サイコロン》なら5つ目の条件を狙える状況になることもある。

  • 各種条件は全5種類で全て5という数字が関係しているが、これは下記の通りARC-V(アーク・ファイブ)との繋がり故だろう。
    • また、奇しくもアニメ5D'sに登場したジャック・アトラスも、自身の(キングとしての)デュエルを「エンターテインメントでなければならない」としている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「エンタメデュエル」とはアニメARC-Vの主人公・榊遊矢とその父・榊遊勝が掲げるデュエルスタイル。
    「エンターテインメイトデュエル」の略であるらしく、「デュエルは明るく楽しく」をモットーとしているらしい。
  • イラストに描かれているモンスターは榊遊勝が使用する《EMスカイ・マジシャン》である。
    背景はネオンサインが見られることから、おそらく彼が一番得意としていたというフィールド魔法《マジカル・ブロードウェイ》の風景だと思われる。
    アニメARC-V最初期及び終盤のOPに入る直前に流れる、遊勝がアクションデュエルで観客を熱狂の渦に巻き込んだという説明のシーンを想起させるイラストとなっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《エンタメデュエル》が発動されている状況で《サンド・ギャンブラー》コイントスする効果《セカンド・チャンス》でやり直した場合、《エンタメデュエル》の効果で2枚ドローできますか?
A:はい。質問の状況でも《エンタメデュエル》の効果で2枚ドローできます。(17/02/15)

Q:自分サイコロを振った回数及びコイントスの回数が合計4回の状態でこのカードの発動を行い、効果によってコイントスを行った場合、自分はこのカードの効果ドローを行いますか?
A:いいえ、条件を満たしませんのでドローできません。(17/02/15)

Q:『5回戦闘を行った』条件によるドローは、ダメージステップのどの時点で行いますか?
A:ダメージ計算を行った事で「戦闘を行った」として数えて条件を満たすため、ダメージ計算後にてドローします。(17/02/18)

Q: 2枚ドローの条件の一つとして、『●レベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した。』とありますが、ペンデュラム召喚でエクストラデッキからエクストラモンスターゾーンへ1体、手札からメインモンスターゾーンへ5体、計6体のレベルの異なるモンスターを同時に召喚した場合、上記の条件を満たしたことになりますか?
A:テキストには『●レベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した』とありますので、エクストラモンスターゾーンも含み、合計6体のモンスターを同時にペンデュラム召喚した場合は、この 《エンタメデュエル》の『●』の条件を満たさなくなります。 (17/04/09)


Tag: 《エンタメデュエル》 魔法 フィールド魔法

広告