《ガガガマジシャン/Gagaga Magician》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
1から8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
エンドフェイズ時まで、このカードのレベルは宣言したレベルになる。
「ガガガマジシャン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
このカードはシンクロ素材にできない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 GENERATION FORCEで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 ガガガの1体でもあり、1ターンに1度自身のレベルを任意の宣言した数に変更する起動効果、自身の同名カード自分フィールドに1体しか存在できないルール効果、自身をシンクロ素材にできない効果外テキストを持つ。

 レベルを操作する効果を持つため、幅広いエクシーズ召喚が可能となる。
 最上級モンスターが必要となるランク7以上のエクシーズ召喚を狙う場合等、検討対象に入る。
 また、コントロール奪取系統のカードとは特に相性が良く、奪ったモンスターと同じレベルに変更することで即座にエクシーズ召喚できる。
 リクルーター《マジシャンズ・サークル》カテゴリ専用サポートの《ガガガリベンジ》等、特殊召喚の手段が多いという利点もある。
 他のモンスターと共に展開し、《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》ランク7、8を出す場合にも役立つ。

 エクシーズ素材とする他、レベルに関わる効果とのコンボも可能である。
 低レベル宣言すれば、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》等のロックカードをすり抜けて攻撃する事も可能である。
 高レベル宣言すれば、《神獣王バルバロス》等の使い方と同じように《アドバンスドロー》等とコンボできる。
 儀式召喚リリースにも使用でき、特に《リチュアに伝わりし禁断の秘術》のようにレベルを丁度に合わせなくてはならない儀式魔法とは相性が良い。
 【魔法使い族】においては、《ヒュグロの魔導書》《拡散する波動》を組み合わせ全体攻撃しつつサーチを連発することも可能である。

 一方、このカードデメリットシンクロ素材にはできないので、シンクロ召喚主体のデッキでは活用しづらい。
 だが《クイック・シンクロン》等のレベル5以上のチューナーと同じレベルに合わせれば《アルティマヤ・ツィオルキン》を呼び出せるので、《アルティマヤ・ツィオルキン》を軸にするならば採用の価値はある。
 また、自身の効果フィールドに1体しか存在できないため、このカード同士をエクシーズ素材にしたり、《地獄の暴走召喚》等で大量展開したりすることはできない。

  • また、漫画ZEXALの「遊馬vsアストラル」戦において、アストラルがこのカードに酷似した《アストラル・マジシャン》を使用している。
    効果は、「自身を含むフィールドのアストラル・モンスター1体のレベルをターン終了時まで倍にする」という効果で、発動制限も無かった。
  • ZEXALII(セカンド)で遊馬が使用した魔法カード、《ナンバーズ・インヴォケーション》・《フォーシング》・《ガガガ×ガガガ》のイラストに描かれている。
  • ベルトには小さな丸模様が幾つか刻まれており、効果発動の際にはこの模様が選択されたレベルの数だけ発光する演出がなされる。
    またカードイラストでは見えないが、作中で背中が映される際には「我(が)」という字が書かれているのが分かる。
  • 魔法使い族でありながら、その攻撃名に反し拳で殴る肉体派である。
    「遊馬vs闇川」戦では、《機甲忍法フリーズ・ロック》によって腕を鎖で縛られていたためか、直接攻撃の際に頭突きを繰り出した。
    また、「遊馬vs油圧ショーベェ」戦では、守備表示になった際に、俗に言う「ヤンキー座り」の体勢を取っていた。
    こういった演出も不良のイメージによるものなのだろうか。
    漫画版では手から光弾を放ち攻撃していた。
  • 「遊馬vs国立カケル」戦では、フィールド魔法の影響で赤いユニフォーム姿となり、攻撃の際にはサッカーボールを蹴り飛ばしていた。
  • 遊戯王Rにおいて、このカードとほぼ同じ効果を持つ通常魔法《レベル・アワード》が登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアニメ通り遊馬が使用。
    召喚時には相手を指差して見得を切るアピールを行う。
    こちらでは攻撃時には掌から光弾を放つ。

関連カード

―《ガガガマジシャン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》が存在するときにこのカードシンクロ素材に使用することができますか?
A:シンクロ素材にできない制約はモンスター効果として扱いません(→効果外テキスト)ので、無効にならずできません。(11/04/16)

Q:このモンスター効果を得た《ファントム・オブ・カオス》シンクロ素材にできますか?
A:シンクロ素材にできない制約はモンスター効果として扱いません(→効果外テキスト)ので、《ファントム・オブ・カオス》がこのカードの効果を得てもシンクロ素材に使用できない効果はコピーすることができず、シンクロ素材にすることができます。(11/04/16)

Q:自身の効果レベル8になった後、《レベル・スティーラー》レベル7になりました。
  次のターンレベルは3になりますか?4になりますか?
A:3になります。(11/04/17)

Q:《降格処分》装備中にレベル8を宣言した場合レベルは幾つになりますか?
A:6です。(11/04/17)

Q:《ネクロの魔導書》レベルが3上昇し、7になっています。
  効果で8を宣言した場合、どうなりますか?
A:レベルは11(=8+3)となります。(12/06/13)

Q:このカードレベル4の時にレベル4を宣言してこのカードの効果発動できますか?
A:任意のレベル宣言する場合、その時点で適用されているレベル(つまり同じレベル)を宣言して発動する事はできません。(11/04/21)

Q:フィールド上の《ガガガマジシャン》の効果《スキルドレイン》によって無効になっています。
  それとは別の《ガガガマジシャン》が《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊され効果無効化された状態で、墓地に存在します。
  この時、《死者蘇生》等の効果墓地の《ガガガマジシャン》を特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できます。(14/10/10)

Q:《ガガガマジシャン》と《洗脳解除》自分フィールド上に表側表示で存在する時墓地に存在する《ガガガマジシャン》を《ギブ&テイク》で選択することは可能ですか?
A:《ギブ&テイク》効果によって自分の墓地の《ガガガマジシャン》を相手フィールド上に守備表示特殊召喚する事はできます。
  しかしながら、特殊召喚した《ガガガマジシャン》には《洗脳解除》効果がすぐに適用され、自分フィールド上にコントロールが移ります。
  したがって、《ガガガマジシャン》の自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない効果によって、コントロールの移った《ガガガマジシャン》は破壊されます。(12/06/24)

Q:自分フィールド上の《ガガガマジシャン》を《シエンの間者》によりコントロール相手に移した後、《ガガガマジシャン》を通常召喚特殊召喚)しました。このときエンドフェイズ時の《シエンの間者》効果処理はどうなりますか?
A:《シエンの間者》効果の処理によって、《ガガガマジシャン》のコントロールは戻ります。
  しかしながら、コントロールの戻った《ガガガマジシャン》は《ガガガマジシャン》の自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない効果によって、破壊されます。(12/06/24)

Q:自身の効果で既にレベル5となっている《ガガガマジシャン》が存在する時《スキルドレイン》発動した場合、《ガガガマジシャン》のレベルはどうなりますか?
A:レベルは本来の数値4となります。(14/03/08)


Tag: 《ガガガマジシャン》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1500 守1000 ガガガ シンクロ素材にできない

広告