《リチュアに(つた)わりし禁断(きんだん)秘術(ひじゅつ)/Forbidden Arts of the Gishki》

儀式魔法
「リチュア」と名のついた儀式モンスターの降臨に必要。
自分フィールド上及び相手フィールド上から、
儀式召喚するモンスターと同じレベルになるように
表側表示で存在するモンスターをリリースしなければならない。
この効果で儀式召喚したモンスターの攻撃力は半分になる。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

 DUEL TERMINAL −オメガの裁き!!−で登場した儀式魔法
 リチュア専用儀式魔法であり、お互いフィールド上からリリース可能な代わりに攻撃力半減とバトルフェイズを行えないデメリットを持つ。

 《超融合》のように相手モンスターリリースして儀式召喚できるので、儀式召喚で発生するディスアドバンテージを軽減できる。
 しかし、フィールドのみで手札からリリースできず、同じレベルに合わせるという点が厳しく、場合によっては発動できないこともある。
 《リチュア・ディバイナー》を除く全てのリチュアモンスターレベルは全て偶数なので、相手モンスターレベルが奇数の場合うまくリリースに含めることが難しい。
 無論、エクシーズモンスター相手には無力であり、ただでさえ起こりやすい儀式召喚による手札事故率を更に悪化させている。
 このカードと相性の良いモンスターとしては、《ガガガマジシャン》効果により儀式モンスターレベルまでのあらゆるモンスターリリースできる。
 手札消費は増すが、《リチュア・ヴァニティ》を使用後に発動することで、《超融合》と遜色ない効果になる。

 また、儀式召喚したモンスター攻撃力が半分になり、バトルフェイズも行えないため、戦力としてはあまり期待ができない。
 幸い、守備力はそのままで効果無効化されないので、召喚したモンスターは使いきりのシンクロ素材《水霊術−「葵」》や更なる儀式召喚コストにするといいだろう。

 だが、《イビリチュア・ジールギガス》《イビリチュア・ソウルオーガ》を併せ持つリチュアにとって、元々モンスター除去手段にはそこまで困ってない。
 そのため、同様にアドバンテージが取れる《リチュアの儀水鏡》で十分なことがほとんどであり、使いづらさと致命的なデメリットを負ってまで採用する必要性が乏しい。
 どうしてもこのカードを採用するならば、通常は《リチュアの儀水鏡》での儀式召喚を念頭におき、隙あらば《シャドウ・リチュア》サーチ先をこちらにして相手モンスターリリースするのが基本となるだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのイベントモードではカーリーなのさが【リチュア】で使用。
    使用時には「今回の儀式は一味違うのさ!」という専用ボイスが存在する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上のモンスターだけをリリースする事はできますか?
A:はい、できます。(11/02/17)

Q:このカード儀式召喚を行う際、自分墓地儀式魔人除外できますか?
A:はい、できます。(11/02/17)

Q:《シャドウ・リチュア》1体で《イビリチュア・ソウルオーガ》儀式召喚できますか?
A:はい、できます。また、相手フィールドに存在する《シャドウ・リチュア》効果適用することも出来ます。(11/02/17)

Q:このカード儀式召喚した《イビリチュア・ソウルオーガ》《収縮》を使用した場合、攻撃力はどうなりますか?
その後《収縮》効果適用されなくなった場合の攻撃力はどうなりますか?
A:この場合、攻撃力元々の数値の半分の1400ポイントとなります。(11/02/17)
また、エンドフェイズになり《収縮》効果適用されなくなった場合、攻撃力は元々の攻撃力である2800に戻ります。(11/06/10)

Q:《ブラック・ガーデン》が存在する場合、このカード儀式召喚した《イビリチュア・ソウルオーガ》攻撃力はどうなりますか?
A:この場合、《リチュアに伝わりし禁断の秘術》の効果によって半分になった攻撃力はさらに半分の数値の700ポイントとなります。(11/02/17)


Tag: 《リチュアに伝わりし禁断の秘術》 魔法 儀式魔法 リチュア

広告