《レッド・デーモンズ・ドラゴン/Red Dragon Archfiend》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが相手の守備表示モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
相手フィールドの守備表示モンスターを全て破壊する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、
このカード以外のこのターン攻撃宣言をしていない自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

 週刊少年ジャンプ(2008年18号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 相手フィールド守備表示モンスター破壊する誘発効果自分フィールドモンスター破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の破壊効果は、守備表示モンスターに対して無類の強さを誇る。
 《マシュマロン》等の戦闘破壊耐性を持つモンスターリクルータートークンを一掃できる。
 しかし、守備表示モンスターが複数並ぶことがほとんどない現環境では、この効果を活用するには《闇の護封剣》などの併用が必須。

 (2)は自分モンスター破壊されてしまうデメリット効果
 《威嚇する咆哮》等の戦闘を抑制するカード発動されると、大きな痛手となってしまう。
 特にメインフェイズ2に召喚したモンスターは、ほぼ必ず破壊されるため、このカードを出すことで自身のプレイングも大きく影響される。
 また、この効果エンドフェイズ強制発動し、チェーンブロックが作られるため、《幽鬼うさぎ》等によって破壊されてしまう恐れがある。

 同レベルシンクロモンスターは激戦区であり、特に同攻撃力には《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》《えん魔竜 レッド・デーモン》が存在している。
 どちらもこのカードよりも汎用性の高い除去効果を持ち、特に前者はこのカード専用のサポートカードも使うことが可能である。
 更に、表側守備表示モンスター《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》でも一掃でき、セットモンスター《スクラップ・ドラゴン》破壊できる等、大抵は他のシンクロモンスターで事足りる。
 あえてこのカードを使うなら、相手モンスターをまとめて裏側守備表示にできる《皆既日蝕の書》《闇の護封剣》を併用したい。
 相手モンスター裏側守備表示にするカードを多く積む【ゴーストリック】は相性がよく、特殊召喚しやすいチューナーを採用すれば効果除去しやすくなる。
 守備表示トークンを一掃できる点を活かして、《おジャマトリオ》《リバイバル・ギフト》《竜の闘志》コンボに繋ぐのも有効である。

  • このカードの初出はWJの付録である。
    第5期以降のWJ付属カードは「このカードは一般販売されません。」と袋に書かれているが、このカードは一般販売されているTHE DUELIST GENESISにも収録されている。
    シークレットレア仕様(WJMP-JP010)は一般販売されない」という意味なのだろうが、言葉足らずな説明のせいで勘違いする者が多かった。
    なお、パックで収録されるカードが書籍付録で少し早く登場するのは《E・HERO ネオス》などの前例がある。
  • 劇中ではこのカードをイメージキャラクターに据えた「レッドデーモンズヌードル」が商品化されている(ピリ辛とハバネロ味の2種類が確認できる)。
    カードの持ち主であるジャックには広告料が支払われているが、ジャック自身の浪費癖の前にはすぐ無くなってしまうようだ。
    • 後に現実でも「遊戯王20th展グッズ」として「レッド・デーモンズヌードルバー」が登場している。
      こちらの商品パッケージのイラストには上記の「レッドデーモンズヌードル」と似たイラストが使われており、明らかに意識されたものと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、キング時代のジャックが使用する際の攻撃名は「灼熱のクリムゾン・ヘルフレア」、キング陥落後のジャックが使用する際は「アブソリュート・パワーフォース」となっているが、攻撃モーションはブレス攻撃しか用意されていない。
    ジャックをイメージした隠しデッキ「ジャック⇔キング」、「ジャック⇒アトラス」、「研磨されし魂」を使用することで、プレイヤーも使用可能となる。
    また、このカードをスキャンすると《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を主軸とする隠しデッキ燃え滾る魂(バーニング・ソウル)」が使用できる。

関連カード

―進化形態

―専用サポートカード

―類似効果

―名前関連

―《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカードが、裏側守備表示《死霊騎士デスカリバー・ナイト》攻撃した場合、どう処理しますか?
A:戦闘によって《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が表になってから破壊効果発動するため、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》効果でこのカード破壊されます。(09/04/04)

Q:《門前払い》適用中に貫通効果を付与して守備表示モンスター攻撃戦闘ダメージを与えた場合、どう処理しますか?
  (『ダメージ計算後』とは、具体的にはどのタイミングですか?チェーンブロックは作りますか?)
A:この効果誘発効果であり、チェーンブロックを作る効果です。
  《門前払い》とは同じタイミングで効果発動するため、同時に複数のカードが発動した場合に従ってチェーンを積み解決します。(08/05/16)

Q:リバース効果モンスター攻撃した場合、そのリバース効果モンスター効果はどこで発動したものとして扱いますか?
A:フィールド上で発動したものとして扱います。(13/04/20)

Q:裏側守備表示《マシュマロン》攻撃した場合、どうなりますか?
A:このカード《マシュマロン》誘発効果発動タイミングは同じです。したがって、同時に複数のカードが発動した場合に従ってチェーンを積み解決します。(08/11/23)

Q:このカード戦闘をおこなった守備表示モンスター守備力をこのカード攻撃力が超えていた場合、戦闘効果のどちらで破壊されますか?
A:その場合でもこのカード破壊する効果発動し、効果により破壊された扱いになります。(08/03/31)

Q:《見習い魔術師》がこのカード戦闘破壊され、ダメージ計算後にこのカードの効果破壊されました。
 《見習い魔術師》効果発動できますか?
A:発動できません。(16/04/23)

Q:このカード《幻影の壁》《伝説の柔術家》攻撃した場合、手札デッキに戻る効果適用されますか?
A:適用されます。(09/09/13)

Q:守備表示《異次元の戦士》《異次元の女戦士》攻撃したとき、《異次元の女戦士》などの効果発動できますか?
A:はい、このカード効果チェーンをして効果発動でき、《異次元の戦士》《異次元の女戦士》とこのカード除外され、その後他の守備表示モンスターが全て破壊されます。(15/01/23)

Q:上記の質問の場合、《異次元の女戦士》効果はどこで発動したものとして扱いますか?
A:フィールド上で発動したものとして扱います。(13/04/20)

Q:1つ目の効果破壊されたモンスター墓地に送られるタイミングはいつですか?
A:戦闘によって表側表示になったリバース効果モンスター効果発動するよりも前のタイミングとなります。(13/02/06)

Q:このカード相手フィールド上に表側攻撃表示で存在するカラクリ攻撃した場合相手カラクリ守備表示になりますが、そのカラクリ戦闘破壊効果破壊のどちらの扱いになりますか?
A:攻撃宣言時にカラクリ守備表示になる効果発動し、このカード効果発動する時には既に守備表示となっているため、効果によって破壊された扱いとなります。(13/02/25)

Q:相手フィールド上に、表側守備表示《幻獣機テザーウルフ》幻獣機トークンのみが存在します。
  このカード《幻獣機テザーウルフ》攻撃した場合、《幻獣機テザーウルフ》は破壊されますか?
A:戦闘破壊が確定する時点では《幻獣機テザーウルフ》破壊されない効果が有効であるため戦闘破壊されません。
  そして、このカード守備表示モンスター破壊する効果により、幻獣機トークンのみが破壊されます。(13/05/26)

(2)の効果について

Q:自分フィールド上に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が存在するときに《A・O・J カタストル》が戦闘を行い、効果モンスター破壊しました。
  この場合、《A・O・J カタストル》エンドフェイズ破壊されますか?
A:攻撃宣言は行なっているため《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の効果では破壊されません。(12/06/06)

Q:自分モンスター攻撃宣言時にバトルステップの巻き戻しが起きて攻撃を取り止めた場合、エンドフェイズ破壊されますか?
A:そのモンスター攻撃宣言を行なっているため、破壊されません。(12/06/06)

Q:攻撃宣言をしたモンスター攻撃後にカード効果で裏側守備表示になった場合、このカードエンドフェイズ発動する破壊効果で、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(10/06/29)

Q:エンドフェイズ攻撃しなかったモンスター破壊する効果はそのエンドフェイズ中、何度でも発動しますか?
A:一度だけです。(08/06/20)

Q:エンドフェイズ攻撃しなかったモンスター破壊する効果の発動《光と闇の竜》効果無効になった場合、同じエンドフェイズ時に再び破壊する効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/10/21)

Q:エンドフェイズ効果を使用して自己再生した《スターダスト・ドラゴン》は《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の攻撃しなかったモンスター破壊する効果破壊されますか?
A:エンドフェイズに生じる強制効果任意効果の処理は、ターンプレイヤー効果から順に好きな順番でできるので破壊する事も破壊しない事もできます。(08/07/24)

Q:エンドフェイズにこのカード攻撃していない状態で、攻撃していないモンスター破壊する効果にチェーンしてこのカード《月の書》発動した場合、どういう処理になりますか?
A:その場合、破壊する効果適用されません。(15/10/29)

Q:このカードの(2)の効果解決時にこのカードフィールドに存在しない場合、攻撃宣言を行っていない自分モンスター破壊されますか?
A:いいえ、(2)の効果適用されませんので、攻撃宣言を行っていないモンスター破壊されません。(15/10/31)


Tag: 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2000 レッド・デーモン デーモン

広告