《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon》

効果モンスター(制限カード)
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在するドラゴン族モンスター1体を
ゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に手札または自分の墓地から
「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の
ドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。

 LIMITED EDITION 11で登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 レッドアイズの名を持ち、自身を特殊召喚する召喚ルール効果と、同名カードを除くドラゴン族モンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 自分フィールドドラゴン族モンスター1体を除外するという、簡単な条件で特殊召喚できる。
 通常召喚した下級モンスターはもちろん、上級モンスターなら《バイス・ドラゴン》《聖刻龍−トフェニドラゴン》《簡易融合》等を使う事で召喚権を残して展開できる。
 相手依存となるが、コントロール奪取したドラゴン族モンスター召喚コストとしてそのまま除外するのも有効である。
 リリースではないため、《精神操作》も問題なく使う事ができ、《死者蘇生》ならば墓地利用の妨害に繋がる。
 除外する事を利用して、《D・D・R》等の帰還系のカードと併用するのも良く、このカード自身も《エクリプス・ワイバーン》等による除外から帰還を狙えるので相性が良い。
 また、特殊召喚モンスターではないので、リクルート蘇生アドバンス召喚も問題なく行える。

 ドラゴン族モンスター特殊召喚する効果は、優秀な上級最上級モンスターをノーコストで展開できる非常に強力なもの。
 融合モンスターシンクロモンスターも、蘇生制限を満たせば蘇生できるので汎用性は高い。
 互いに蘇生し合う関係である《ライトパルサー・ドラゴン》特殊召喚しておけば、全体除去を受けても被害を抑えられる。
 特殊召喚したドラゴン族ウイルスカード《巨竜の羽ばたき》《神秘の中華なべ》《バーストブレス》等のコストとしても良いだろう。
 対象をとらない効果であり(後述)、《魔族召喚師》の様な共倒れするデメリットも存在せず、類似カードと比較しても優秀な点が目立つ。
 コストを要求しない事もあって、フィールドに留まり続ける事で大きなアドバンテージを獲得できるだろう。

 ドラゴン族下級上級の両方を活かす事ができ、【ドラゴン族】関連のデッキでは中心となる存在である。
 《竜の渓谷》《ダークフレア・ドラゴン》で様々な種類のドラゴン族モンスター墓地へ送り、戦況に応じたモンスター蘇生するのが理想的だろう。
 上述の《エクリプス・ワイバーン》《ライトパルサー・ドラゴン》の他、《真紅眼の飛竜》等、相性の良いドラゴン族モンスターは多い。
 一方で《コアキメイル・ドラゴ》《ヴェルズ・ザッハーク》とはややアンチシナジーな面があり、前者は召喚コストとして除外する事もできない。
 他にもドラゴン族鳥獣族が混合した【ドラグニティ】機械族が混合した【サイバー・ダーク】でも力を発揮するだろう。

  • アニメではOCGとは効果が全く違っており、罠カード《魔法反射装甲・メタルプラス》を必要とするモンスターだった。
    このカードは通常召喚できない。
    「魔法反射装甲・メタルプラス」を装備した
    「真紅眼の闇竜」を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
    このカードの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体につき400アップする。
    このカードを対象にする魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。
    手札を1枚捨てる事で魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、EXステージの天上院吹雪が使用する。
    台詞はアニメと異なり、OCG仕様に変更されている。
    序盤から特殊召喚されたり、《真紅眼の黒竜》と並ぶ光景も見られる事がある。
    攻撃する際のCGには力が入っており、カメラが上に移動する。
    また、デスティニースキャンにも設定されているため、もう1体が出される可能性がある。
    また、このカードをスキャンすると、アニメの攻撃名と同じ名称の隠しデッキ「ダークネス・メタルフレア」が使用できる。
    ちなみに、ノーマルレアカードを必須スキャン条件とするデッキは、これが初である。
    第9弾では、ドラゴン族が中心の【フルモンスター】デッキ「竜技王7D's」に収録されている。
    このカードをスキャンすれば、デッキにこのカードが2体入る事になるが、手札事故の可能性が上がるので注意したい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ドラゴン族トークン除外して、特殊召喚する事はできますか?
A:はい、できます。(09/11/02)

Q:このカードの効果によって特殊召喚するモンスターを選ぶタイミングは、いつですか?
A:この効果の処理時になります。

Q:このカードは墓地からでも、自身の「自分フィールド上に存在するドラゴン族モンスター1体をゲームから除外する」効果によって特殊召喚できますか?
A:特殊召喚効果手札に存在する時のみ使用可能です。自身の効果墓地から特殊召喚する事はできません。(08/03/17)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、墓地モンスター蘇生させる事は可能ですか?
A:いいえ、墓地効果が及ぶので不可能です。

Q:《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の墓地、または手札ドラゴン族を蘇生する効果対象をとりますか。
A:《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の手札墓地からドラゴン族特殊召喚する効果は、対象を取らない効果となります。(10/07/19)

Q:装備カードとなっているドラゴン族モンスター除外して、このカード特殊召喚する事はできますか?
A:装備カードとなっているモンスター装備魔法扱いなので、モンスターとして扱われず、除外できません。(12/01/27)

広告